忍者ブログ

みどりの果敢な北京生活(忍者版)29日。最高気温36度、最低気温23度、空気質量144。

高校の卒業証書がもらえない場合

おととい土曜日なのに、息子は登校した。なぜなら「会考」があったから。会考は日本語にすると卒業テストかな。高校に3年通ううちの、その科目の最後のテスト。1年生で履修が終わりなら、1年のときにテストがあるし、2年で終わりなら2年でやる。ほとんどの学習内容は2年で終わり、3年になったら大学入試に向けての総復習。3年での「会考」は国数英のみ。

うちの息子、大学入試まであと1年。今週から夜7時半まで授業することになった。夏休みも登校日があるに決まっている。受験生の母であることをいやでも実感させられる。

でも全然勉強する気のない息子。当面の課題は会考に合格することだ。最近「合格しなかったらどうしよう」と言っている。

合格しなかったら、卒業証書がもらえない。でも、大学に受かれば進学できる。大学でちゃんと勉強してテストもすべて合格し、卒論が通れば、大学の卒業証書がもらえる。でも、そのときになっても高校の会考がクリアしてないと、高校を出たことにならない。

実際、大学生になってから、高校の会考を受け続ける人がいるそうだ。高校に三年通って、勉強ができないから卒業できないって、日本だとそうそういないよ。

大学の卒業証書あれば、高校の卒業証書要らないんじゃ?」。私は口がすべってしまった。息子「でも、卒業はしたいよ」。ああ、よかった。これで「もう勉強しない」とか言い出しだら大変だったわ。

北京は今、高校入試。今日が三日目。大学入試が二日間なのに、なんで高校入試が3日もあるのよ。2年前の大変だった我が家を思い出し、溢れる涙を……。

大学受験まであと1年。子どもが二人とも大学生になったら、私、相当ラクになるよね。溢れる涙を……。

拍手[4回]

PR

給食を頼まない件

高校の給食が不味すぎて、息子がまったく食べていなかった。それでお弁当を持たせることになったという経緯は書いた(過去記事はここへ)。

先週の月曜日の朝、一秒でも時間が惜しい朝、出がけに息子が「ママが書かなきゃいけないんだった」と思い出す。昼食は自分で用意することに親が同意すると一筆書けというのだ。

私は中国語がネイティブではないので、息子が一行ずつ考え、私が書く。二行でやめようとしが、息子が「あ、これも」といい、三行目を足した。

我同意王周吾自己带饭。
有问题自己负责。
保证午饭是新鲜的。

午前中に担任から個人的に微信で連絡が来た。
先生:(私が書いた紙を写真撮って送る)您确定孩子不在学校用餐?每天早上给孩子准备午饭?
私:是,确定
先生:以后的天气越来越热,饭容易变质的,请三思啊!
私:是,我知道了。谢谢老师。

三思とまで言われちゃったよ。

一週間後に当たる、今週の月曜日。
息子:ママ、また書いて
私:ええ?なんで?一回書いてるじゃない!
息子:毎週書くだんって

えええぇぇぇええええ!

先週と同じ内容で、日にちだけ換えて、また書いた。そしたら、また担任から微信で連絡がきた。
先生:(また写真が貼ってあって)请您确认
私:是,今天早上我写的。

息子が帰宅して言ったのだが、先生は私が書いたものだと信じなかったという。確かに中国語はちょっと変だ。文の順番が。でも、そもそも私、外国人だよね?っていうか、先生どんだけ慎重なのよ。

私が書いた三行に息子が「不订外卖」と一行添えたそうだ。中国って出前頼む中高生が結構いるんだよね。うちの息子の学校は禁止。まともに考えてそうであるべきだ。あと1か月で夏休み。それまでお弁当作り、为我加油

拍手[4回]

鋼(gang)でガーン

息子が学校の給食をまったく食べていなかったことは書いた(過去記事はここ)。給食で軽い食中毒事件があり(息子は食べていなかったから無事)、給食費を払わなくてもいいことになった=私がお弁当を作る。しち面倒くさい。でも、まったく食べないのに払っていた1食15元を払わなくて済むようになって、良かった。だいたい高いでしょ!外食で15元って結構ちゃんと食べられるわ!

そもそも朝食も家で食べていなかった。朝起きて10分くらいで家を出るので、おにぎりかサンドウィッチを持たせていた。

つまり今は朝食+昼食を持たせている。基本的におにぎり+サンドウィッチ。朝作って、完全に冷えないで持たせているので、腐りやすいおにぎりを朝食べてもらって、昼はサンドウィッチを食べていた。担任がね、ちゃんと見ているのよ。保護者会のとき、担任がダンナに「パンだけでは栄養が足りません」と告げ口した。

パンと言っても、レタス、きゅうり、トマト等野菜もしっかり入っている。でも、先生からしたら、「パンしか食べていない」。それで、前日の夕食のブロッコリーとかハンバーグとか、おかずを入れるようになった。

先週担任から「電話をください」とあまりにも個人的な、空恐ろしいメッセージがやってきた。えー、わたしー、中国語できないしー。こーゆーのはダンナに任せなきゃ。そしてダンナが連絡すると、担任は「プラスティックの容器だと、腐りやすい。これから気温も高くなるので、あの容器は止めて」と。そしてダンナが私に「布で包め」と。え?布?煮物を布でどうやって包むのか見本みせてみろい!

給食費を払っていない子はほかにもいる。遠足だとパン、ソーセージ、クッキーくらいだが、毎日のお弁当となると何を食べているのか。息子に聞くと、ちゃんとお弁当を持ってきているという。高校に電子レンジはない。冷えた炒め物をそのまま食べるのかあ。

私:その子達は何に入れて持ってきてるの?
息子:钢



大学の学食じゃないんだから!

プラスティックの何が悪いの?中が作りたてで、蒸れなければいいんだよね?「」を買うのも面倒だしなあ。

それにしても、先生もよく見てる。普段勉強見てるのだって、ものすごく大変だろうに、栄養の心配までしてくれて。迷惑なほどに仕事は丁寧だ。

まあ、15元浮いたし(そっちかい!母親)、頑張って適当に弁当作りに励むわ。

拍手[3回]

ガチで高考の息子

息子の保護者会にダンナが行った。新学期が始まって、2年生はあと半年。高三は受験で大変だから、心構えなんかを話したんだろう。ダンナは何も言わないから、どんなだったか私はわからない。私も別に知らなくていいかな(おいおい)。

息子の成績表(春節前の期末テストのすべての科目の点数と平均点)をもらってきた。今回息子がすごく評価されたのは、学年での順番が17番も上がったということだ。ダンナも滅法喜んでいる。小学校の頃からそうだ。前回のテストと比べて、何番上がった/下がった。それってその前と比べるだけであって、意義はまったくないと私は思う。そんなに上がったらね、今度は落ちるよ(おいおい、母親)。

宿題のほかに、古文の問題集を買ったほうがいいと国語の先生が言ったらしい。問題集の名前と出版社を国語の先生に聞けという。

私:やだ
ダンナ:聞け
私:ええーー。国語の先生と微信でつながっていないよ
ダンナ:親のグループのところで聞けばいいじゃないか
私:え?私、全然書いたことないのに

でも、国語の先生はつながっていたほうがいいと思い、グループから個人的に友達申請(っていうの?)をした。その返事が来る前に。

ダンナ:おまえの携帯を貸せ
私:何するの?
ダンナ:グループに質問する。国語の先生は見ているだろ
私:いやいや、いま個人的につながろうとしているから、個人的に聞けばいいでしょ
ダンナ:いいから。よこせ
私:え?

私の携帯を使い、グループに国語の先生宛ての質問を発信。

@梁田老师好,下午家长会您说的,古诗文练习册,是那个出版社的?书的全名是什么?能发个书的封面吗?我去书店里找。谢谢

うわー、私、自主的に何か発したこと、一度もないのに。ま、いっか。っつーか、どんだけ熱心なのよ。国語の先生は「明日学校へ行ったら、写真を撮って送ります」。そして翌日本の名前がわかった。息子に「これ買うよ」。「いらないよ。絶対いらない」。

1週間前の話だ。買ってない。あのやりとりはなんだったんだ?微信に国語の先生を無駄に足してしまった。先生は親切だから、「周吾很聪明」とか送ってくるし。いちいち「谢谢」って返さなきゃいけない。その後もできなかったプリントを写真撮って送ってくれて、「原文を暗記していないので、そこを強化するように」とかご丁寧に来ちゃう。私「谢谢」。七めんどくさい(おいおい、母親)。

うちの娘は日本国籍だから、外国人枠でやすやすと北京の大学に入れるが、息子は中国籍で、あの熾烈な「高考」を受験する。ま、美大志望だからね。北大清华目指しているのとワケ違う。

美大の場合、先に絵のテストがあって、6月に「高考」。週末に行っている美大予備校は高三ばかりだが、先週末に絵の方のテストが終わったと。この時期なのか。1年後かあ。親の私でもドキドキするな。

拍手[1回]

ニュース:1月28日―2月28日in中国

2月19日

烂木头卖出天价 200元で買った木は実は皇帝木とも呼ばれる木で、168万元で売れた。
男护士身挂小患儿 小さな患者さん(赤ちゃん)が泣くので、抱き続けている看護士(♂)。
央视曝光网上黑市

2月20日

被骗入传销窝点 数名受害者遭体罚殴打、灌辣椒水 ねずみ講の拠点は軟禁状態で、殴る蹴るあり。
成都一中学开学要学生先交保证金 中学一年生のあるクラスで担任が保証金を預かり、成績が下がったら、そこから引く。親が同意してやったことだという。同意しているならいいんじゃないと思うけど、お金と成績は本来まったく関係ないもの。そういう親なら、そういう子に育つんだから、いいんじゃないのと私はやはり思う。けど、教育委員会は黙っちゃいない。結局担任は全額返した。
游乐场事故:游客被弹飞膝盖骨撕裂

2月21日

职工上班打盹被开除 单位赔偿13万元  (ニュースの動画2分)打盹多指坐着或靠着断续地入睡
你可能吃到了塑料做的假紫菜 これ一週間たった昨日もテレビのニュースでやっていたけど、ビニールで海苔を作るというワザ。その技術は騙さない方法で活用していただきたい。
这28种板蓝根千万别碰  板蓝根という薬を知らない中国人はいないと思う。メーカーがいろいろあるのは知っていたが、こんなにあるとはビックリだ。しかも、28種が不合格。病院に入れていたメーカーもあって、気をつけたほうがいい。

2月22日
杨振宁、姚期智放弃外国国籍 正式转为中科院院士
7旬老汉偷苹果手机 因只有一个按键200元贱卖
小学生欲卖身救母
莆田百万新娘订婚

2月23日

多地为广场舞立规
包头现坦克配飞机
父亲打股救子暂停筹款 因不想成第二个罗尔
内蒙古骑马送包裹

2月24日
重庆现墓地冥想
2千万“空巢青年” 两成“月光”精神慰藉靠购物
父亲为寻女当司机希望能够遇到女儿

2月26日

大阪一所幼儿园公然反华排外,日本民众都怒了!

3月1日

轿车开窗遭熊围堵熊孩子开窗惹祸 八达岭野生动物园といえば、昨年7月にトラ園(自分で運転。サファリパーク状態)に入った家族のうち奥さんが車から外に出て、虎に噛まれ重症、助けに出た母親が死亡という事故があったばかり。この奥さんはさんざん叩かれ、テレビにも出てたな。マスクして私の言い分を聞いてくださいと。その後見てないから、何言ったか知らないけど。虎は銃殺されて、世間は「虎」が気の毒だと。
  同じ動物園で2月27日、今度は熊園で、車に乗っていた子どもが窓を開けてしまい、熊が顔を入れてきた。今回は怪我等なかったが、ちっちゃい子が開けたんだろうね。親の責任だよ。今回も「希望熊没事」(熊が無事でありますように)等、熊派多し。


拍手[0回]

現地校高校一年生のレベル

大晦日で大掃除が終わらず、春節までにまでに大掃除すればいいという名案を思いつく、賢い(のか?)私。息子の部屋に、1年生のときのプリントが山積みになっていて、すべて捨てていいのに、私がブログでネタにしようと思って、取っておいてあった。いい加減捨てないと。









こういういたずら書きが多すぎる。



英語はここへ→必修一(高一英语)unit1-5课文原文及其译文

日本と比べて、レベルはどうなんだろう。私は子どもが小学校高学年からついていけなくなった。宿題を見ていた時代が懐かしいよ。

拍手[2回]

担任に怒られる父兄

看图猜国家,太难了,求高手来挑战吧 防老年痴呆
1emojiemoji
2emojiemoji
3emojiemoji
4emojiemoji
5emojiemoji
来挑战吧 防老年痴呆

微信のグループにこういうクイズを出した親がいて、数人が答えていた。担任も一つは答えていたが、後に「希望与咱班有关的信息发到这个群里,谢谢大家」と書いていた。いやいや、先生だって答えてたクセに!勿論その父兄は謝った。

因みに1は男飛で南アフリカ。3は月男でベトナム。あとはわからないぞ。本当は10まであったけど、絵文字がないから省略。

教育論みたいなのをコピーして送りつけてくる親もいる。うちの息子は美大志望だから、文系クラスなんだけど、中国じゃ、頭のいい子=理系。どの高校も文系クラスは少ない。でも、誰かが「据《世界是平的The World is Flat》一书作者托马斯·弗里德曼预测,未来的文科生恰恰是有市场、有前途的人才(因为人工智能、机器和计算机不可替代文科生的艺术创造力以及撰写叙述文能力、还有人类交往的情感表达、给自己和他人带来快乐的能力等等)看来我们的孩子都是幸运的,因为他/她们选择了学文科,孩子们都太厉害了」と送っていた。慰め?まあ、私は文系が悪いと思ってないけど。

期末テストはいつからなんだろう。長い休みだけネットで調べたよ。

2017年1月21日(星期六)至2月19日(星期日)放寒假,共4周零2天
第二学期: 2017年2月20日(星期一)开学
2017年7月12日(星期三)结束本学期工作,共20周零3天
2017年7月13日(星期四)至8月31日(星期四)放暑假,共7周零1天

メモしとこ。

拍手[0回]

給食事件

12月の話だ。微信の息子の担任と父兄のグループに、ある親が「我孩子反应昨天午饭鸡腿已变质,臭的,其他同学有反应吗?と書き込んだ。腐っていたと答えた父兄はいないものの、このように続いた。

(家长)
・我家的孩子说了,菜太难吃
・我家孩子饿着都不吃
・我家孩子今天就喝了一点儿汤
・非常希望王老师能重视这个问题,向学校领导反应这个问题。改善提高伙食标准保证孩子的健康。

・看到孩子在学校吃这样的午餐,根本达不到营养标准,怎么能有好的体力学习功课

写真貼って、こんな給食じゃ!という親も。担任は「給食についてはこれまで上に話してあります。私も子どもがいますから、皆さんの気持ちはわかります」。そして「校長の電話番号を教えてください」と書いた親がいて、学校への要望はこの番号へと担任が答えていた。

高校に入ってから、給食がまずいとは聞いていた。でも小学校も中学もまずかった。おまけに一食15元もする。肉が少ないから、大儲けだな。

息子は今二年生だけど、入学してすぐに「給食費を払わないで、自分で毎日持ってきていいですか」と担任に聞いたら、一人を許すとみんなそうなるからダメだと言われた。

給食費は月末に翌月の分を支払うのだが、この1月初めて払わなかった。12月の鶏肉は本当に腐っていて、快餐公司が謝罪した。だから、学校も強制できないと判断したらしい。

毎月300元以上払っていたのに、息子は一口も食べていなかったという。「鶏肉が腐っていたの?」と聞いたときも、「食べてないから知らない」(おいおい)。私は「どんなにまずくても、食べないなんてぜいたくだよ。これからうちの晩ご飯、塩入れないからね」。息子「それでも、給食よりマシ。ママは知らないんだ」。「美味しくもなく不味くもなく」ではなくて、食べないほど不味い。どう炒めるとそうできるのか摩訶不思議だ。

あと、3週間で春節休み。それまでお弁当作らなきゃいけないのか。じゃあ、キャラ弁でも……なワケないでしょ。朝6時すぎに家を出るのに、やってられないわい。

拍手[2回]