忍者ブログ
12月13日。最高気温1度。最低気温-6度。
 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |
Posted : 2017/11/23 11:41
アトリエに来たよ。私が来ないと、ダンナは市内の家に戻ってこない。なぜなら子どもが学校の寮にいて、うちにいないから。どっちかが「夫婦は何が正常なのか」に気づかないと、冗談抜きで離婚に至るわ。

私が来たのを見て、ばあさんが「晚上涮羊肉」と言った。それは有難い。私は普段一人だし、週末子どもが帰ってきたところで、鍋はしないから。


じいさん、ばあさん、ダンナ、みんな食べる量が多い。これだけいろいろな種類を一回に食べられるのはうれしい。


ばあさん、香菜の根も捨てない。私なら切って捨てちゃう。これを今、微博に書いたら、中国人の若い子が「香菜根比叶子香。香菜叶子撕下来,根洗干净一起做菜,midori桑下回试试」とコメントが入った。なぜ若い子とわかるかというと、アカウント名に「吉泽明步」と入っているから。

ニラもそうなんだけど、土が多いと、洗うのが面倒で、ぶった切ってしまう。日本人で根まで食べる人はいないと察する。

鍋はどんどん水分が飛ぶから、水を足す。ばあさんが外から(外だよ。室内じゃなくて)ボウルを持ってきて、水を足そうとした。水は赤い。ダンナ「什么水?」。ばあさん「」。何の水か答えない。ダンナ「别放了」。

一応流し台に置いたが、しばらくしてやはり水が必要だから、ばあさんはいきなりその水を足した。じいさんが「什么水?」。ばあさん「就是水。干净的」。何の水か絶対言わない。固くなに言わないので、みな聞くのを諦める。言えない水ってなんだろう??

私は心で大爆笑。 私が死ぬときはこういう出所不明の食品が原因に違いない。後悔するなら、この国際結婚を後悔しなと自分に言い聞かせる。

一夜明けて今日。ダンナは毎朝起きてすぐ白湯だけ飲んで、すぐ散歩(一部ジョギング)。私も付いていった。すぐ数軒先に美大の先輩が住んでいる。前回偶然外に出てきた。遠くから「どこの女だ?」と聞く。近くにきて「ああ」。私だと分かる。私、これまでアトリエにあまり来なかったので、愛人を連れて散歩しているんだと本気で思われた。画家は愛人いる人多いから。

そのときは、先輩がいいとも言っていないのに、ズカズカ入っていて、ダンナが「お茶淹れて」って。本当に仲いいんだよね。そのあと客人が来ても、しゃべっていて、先輩が客人に「王強はね。親が尽くしてくれてるのに全然感謝してない。朝起きたら、リンゴを剥いて、しかも食べやすいように一口大に切って、テーブルに載せてくれてるんだよ」。

今日も散歩から帰ってきたら、そうだった。


私ら朝起きるのが老人ほど早くないし、散歩は1時間くらいだし、散歩後帰宅すると朝ご飯ができている。除了感恩还是感恩。


私が「ここは加湿器要らないの?」と言うと、ダンナが水を撒いた。相変わらず豪快だ。


ばあさんは「犬の餌買ってくる。昼ご飯は作りなさい」と言い残し、去った。じいさんばあさんは帰宅してから食べるという。

えええぇぇぇええええ。

しぶしぶ作るよ。

拍手[2回]

PR
Posted : 2017/11/06 00:00
娘と燕莎奥特莱斯(14号線「北工大西門」近くのアウトレット)へ服を買いに行った。ESPRITに行ったら、「3件3折」と書いてある。3着買えば7割引だ。安いのに弱い、世間の人並みのアタシ。娘と二人で3着あるなら買おうと二人で物色。

私が1着見つけたが、他はない。そしたら、30すぎくらいの夫婦のうち、奥さんの方が私に「一緒に買いませんか」と言う。彼女はもうすでに2着買おうとしていて、ちょうどいい。

娘:良かったね。おばあちゃんみたい
私:おばあちゃん、何買った?
娘:みかん
私:え?
娘:みかん買うとき、横に知らない人がいて、「この人と買うんだから安くして」って言ったよ
 
いやいや、みかんは違うだろ!ましてや知らない人。

週末アトリエに行った。私が着いたとき、餃子の肉だけ用意ができていた。野菜を切るところから私がやる。餃子の具は二種で、肉+大根&にんじん、肉+白菜だった。大根とにんじんが元々少なくて、何かを足すことになったとき、「心里美を入れよう」とばあさんは言った。

心里美って知ってる?カブの一種。続けてばあさんが言う。「肉喜欢萝卜」。

出ターーーーーーー!

たべもの喜欢たべものシリーズ。肉の気持ちがわかる、「いなせ」な(のか?)ばあさん。というか、前世が肉だっただけの話だ。

夜、外に食べに行こうと私が提案した。ばあさんは昼の残りがあるから行かないという。ちなみにじいさんは河北省の、もう一人の息子の家にいるという。またまた夫婦喧嘩でもしたのか。時々行って一人で過ごしているという(家は持ってるが、義弟は広州在住)。

ダンナは应酬があるから、夜も頻繁に外食しているが、私は夜、村で外食なんて何年ぶりか?宋庄镇小铺村(画家村の中心)へ。

1993年にダンナが宋庄に引っ越してきたときは、食堂もなく、数年したらやっと一軒できた。今回行ったのは、懐かしくもそのあたりなんだが、こんな感じの↓おしゃれなレストランやカフェが何軒もできていた。


私が「へえ。何もなかったのにねえ」と言うと、ダンナが「快变成后海了」。おいおいおいおいおいおいおいおいおい!そんなに明るくないわ!

小堡で海鮮を食べるならここだ!」と連れて行ったくれたのが、「醉鲜小海鲜」。



中に入ると农家院に来たような気分に。


村の海鮮とは思えないような小ぎれいな店内。


18時前だったので、私らが一番だったが、ダンナが老板に「一緒に来てくれ」と水槽のところへわざわざ呼ぶ。実物を見ながら調理法も注文。





ちなみに後から来た人たちはみんな席で注文していた。

ダンナが私と娘に聞きながら頼んだのはシャコ、サザエ(でございま〜す)、カニ。スープにはイカ+豆腐。ニラと炒めてあるのは海肠


海肠って知ってる?聞いたことはあったが、なじみのない生き物だ。グロ系が大好きな人は百度で画像検索するといい。見た目が気持ち悪いので、海の世界でいじめられているに違いない。でも「腸」の名が付くだけあり、食感からしてホルモン系が好きな人はイケると思う。

ご主人様がお支払いになったので、おいくらだったか存じ上げぬが、郊外だから安いはずだ。私らが帰る頃には満席になっていた。


向かいはカフェ。美团の配達騎士がいらっしゃった。こんな村でもデリバリーが普及しているんだー。ここが市内であったら食後のコーヒーでも飲みたいところだが、ダンナはこの後友人との約束に行き、私と娘は市内行きの長距離バスに乗った。

前回のバスとは違う路線で、50分近くかかったけど、バス内の電気がついていたので、本が読めた。

今回は泊まってもいないので、ばあさんネタは少ないよ。あ、帰りに白菜とにんじん一本を持たされた。野菜くらい自分で買えるって!!!

拍手[2回]

Posted : 2017/11/01 07:57
長年別居している私ら仮面夫婦。ダンナは子どもに会いたくて、週に一回は市内のこの私の家に来ていた。でも、子どもが二人とも寮に入っちゃったら、帰ってこない。まずいよ、これ。

私なんてねえ、敏感に気づくからいいけど、世の奥さんたちはダンナに冷たい。それがわかってないで、文句ばかり言っている。だって稼いでもらってるんでしょう?優しくしてあげないと。

というわけで、私は時間があればアトリエに行きたいと思う。ばあさんネタをいただきに(狙いはそっちか)。

アトリエの台所はばあさん主導。だって肉、野菜、買い物不便だし。一応手伝ったり、私も一品作るようにはしている。前回はまずはブロッコリーを茹でた。私ならマヨネーズだけど、中国籍の皆さんはばあさんお手製の味噌。とにかく炒めたものばかりで、油だらけなので、こういう「茹でただけ」は絶対に必要。

中華鍋でブロッコリーが茹で上がったら、ばあさんがすかさず、「水捨てないで!」と、雑巾を入れた。

こういう洗浄過程、見るだけで気持ち悪い。

もう一品はラムチョップ。新源里で買った。一本あたり6元くらいかな。日曜日は市内で食べるつもりだった。でも急遽アトリエに行くことになってしまい、わざわざバルサミコ酢も持っていた。でも、ローズマリーを忘れちゃったな。


老人達は硬いのダメだけど、これは柔らかく焼けた。にんにく食べない私が、中国籍の皆さんのためににんにくを入れて……なんていい嫁だ。自画自賛で溢れる涙が……。

台所で食べるのだが、椅子の上にそれぞれ誠に適当なクッションが敷かれていた。ばあさんのはポーチ?


帰り際、ばあさんが私にくれた。「私ひとつ持っていて、王強にも買った。でも付けてみたら不舒服っていうんだよ。お父さんも要らないっていうし」。

お「Louis Vuitton」の布袋に入っとった。中は体に巻く暖房器具。北京市の規定で暖房が入るのは11月15日からだ。今、室内はウルトラ寒い。うちに空調あるけど、私は電気で部屋を暖めるのは気分が悪くなる。ウォームビス+お「Louis Vuitton」。謝謝ばあさん!

ばあさん以外の農村記事に続く。

拍手[4回]

Posted : 2017/09/04 06:32
日本から帰ってきて、まずアトリエに入った瞬間ビックリしたことは、犬が3頭いたことだ。ダンナの友人宅が改装中で預かっているというが、デカい。「中に人間入ってますか」シリーズだよ。動きが激しく怖い。3頭一緒になかなか收まらない。


私が日本から帰ってきた日に、ばあさんは広州へ行った。広州にはもう一人の息子(ダンナの弟)が住んでいる。じいさんは北京だ。

アトリエではじいさんがご飯を作る。苦労を厭わない人だけど、私と娘もいろいろ手伝う。まずは韭菜花韭菜花はスーパーで瓶詰めが売っているが、火鍋のゴマだれに必須。



6斤(3キロ)買ったと言ってた。作って、広州の息子に送ってやるという。ちなみにこの後またすぐ4斤買った。何しろ量が多いから、作るの非常に手間がかかる。

電気ミキサーで砕くと細すぎると言って、手動のミキサーを使う。ほどほどに切り、まな板に置いて包丁でさらにみじん切り。これに塩を入れるだけ。数日寝かせて、漬物として食べる。お粥によく合う。当たり前だが、市販のものより新鮮で味が佳い。

次。花巻。ばあさんがいるときだって、馒头さえ作ったのを見たことがない。じいさん、ヒマで張り切ってる。

手際よくあれよあれよときれいな形にしていく。



マジシャンですか~と聞きたくなったが、私もできた。なんだ。ちょろいな、中国点心(おいおい)。私と娘に「次回はおまえ達が作ってみろ」って。いやいや、お義父様にはかないませんことよ。

三食じいさんが作るのが申し訳なく、手伝う。というより、野菜ばっかり。炒油菜、土豆丝、拍黄瓜みたいな感じなのよ。あと昆布の漬物。菜食主義のお坊さんですかい!「肉プリーズ!」肉食のアタシは心が叫ぶ。あまりにも淡白なおかずが続き、冷凍庫をあさる。豚肉を発見。それで私がとんぷら作ったり、カレーを作った日もあった。カレーといえば白米。昼のご飯がたくさん余っていたので、夕食は残りを使おうと決めていたのに、鍋に水張って、ご飯様が浸かっていらっしゃった。夜、お粥だったけど、無理やりカレー食べたよ。


食事の一例。

ばあさんが広州から微信で私や娘にニュースを送ってきたりする。娘が夜ばあさんに携帯でビデオ通話するとき、じいさんを呼んだ。まず娘が「奶奶!」と言い、横にいたじいさんに一緒に入るよう促す。じいさん、孫の横にピタっと付こうとする。同時に私が後ろから二人の間に入ろうとしたら、じいさんの肩が私のメガネに激突。メガネずれる。私、不愉快。でもじいさんは全く気づかず、妻に話しかけていた。あんにゃろ。

よく北京で地下鉄、バスに乗っていて、棒につかまっていると、そこに中国人がよっかかってきて、(私の手とアナタの背中が明らかに接触してますよね?)と思うが、あちらは全然動かない。それを思い出した。神経ないんですかい?

じいさんはばあさん同様、倹約家だ。じいさんの履いているジャージは娘の高校のときのだった。え?えええぇぇぇええええ。細いから履けるんだ。しかもジャージなのに、ズボンのベルト通しがご丁寧に何個も縫い付けられている。初めはゴム伸びちゃったからベルト通し付けて、今は大丈夫?ベルトはしてなかった。再利用にも限度がっ!とツッコみたい。

私が自分の服をどんどん捨てていることは内緒だな。

拍手[4回]

Posted : 2017/07/17 06:20
アトリエに行く。地下鉄に乗って、いつもは「東夏園」で降りるけど、北京市政府の建設が本格的に始まり、道路工事中で車線が減り、混むなんてもんじゃない。それで初めて一つ先の終点の「潞城」で降りた。

ダンナが駅まで車で迎えに来ることになっていたので、地下鉄に乗ったときに電話した。「わかった」。それしか言わなかった。しばらくして、ばあさんから電話。「どこまで来た?」。ん?「お父さんが迎えに行くからね」。

「潞城」駅に着く。出口が3つあるが、どこから出るかわからない。じいさんに電話する。出ない。方角的にここだろうと思うところに出る。じいさんに電話する。今度は出たが、女性の声だ。ええ?電話番号変わった?もう2年くらいかけてない気がする。「打错了」と言おうとしたとき、「我是老姨」。ばあさんの妹だ。じいさんの車に一緒に乗って、こちらにやってくるのかと思ったら、「おかあさんとおとうさんは番号取り替えたから、おかあさんの番号にかけて」。ばあさんにかける。じいさんが出る。

じいさん:出口は一つだ
私:三つあります。AとかBとか

娘が言う。「おじいちゃん、東夏園も一つだって言うんだよ」。地下鉄乗らないから知らないんだ。でもここで、じいさんにAとか言ったってわからない。「もうすぐ着く」と言われたから、アトリエから距離的には一番近いBで待っていた。

駅の出口から東を見やる。


西を見やると、高層がすでに建っている。いつも降りている「東夏園」駅付近。


さすが地方(あ、北京市か)。白タクの誘いの声がうるさすぎて、地下鉄の出口の一番手前に戻る。激しく口喧嘩しているのも聞こえる。じいさん、かなり経ってやってきた。

アトリエに向かう途中、車窓から撮影。路上でビニールプールを広げて売っていた。


大運河を渡る。


じいさんに「叔母さん来てるんですね」と言うと、「一番上のお姉さんが危篤だから、東北へ行くんだよ」。ダンナは何も言わないので、知らなかった。ばあさんは姉一人、妹二人、弟二人。妹二人が来ているとじいさんは言った。久しぶりにあの三姉妹が揃うのか。楽しみだなあ。

アトリエに着く。ばあさんの館に入ると、うちの息子くらいの男子が一人座っている。「ニーハオ」と言うものの、え?誰?台所に入ると、見たことない叔父さんが揚げ物をしている。え?いったい何人?

一番上のお姉さんが危篤なので、うちのばあさん、上の妹(ばあさん2)とダンナさん、計3人で東北へ行く。下の妹(ばあさん3)は孫と香港へ旅行に行く。え?危篤って言ったよね?

晩御飯は餃子。叔父さんがイカを揚げた。美味しかった。ナスの挟み揚げ、なんとかいう雑草の涼菜。プチトマトの砂糖がけ。

餃子の具にその雑草が大量に入っている。ダンナは不満。

ダンナ:具はなんだ?
ばあさん1:セロリ
ダンナ:二種類あるだろ
ばあさん1:野菜

いやいや、野菜じゃなくて、雑草です!っていうか、野菜という漠然とした答え方って……。

ばあさんの館で食べ終わって、洗い物は娘としたが、すんごい量だった。やがて、ダンナの館のほうへうるさい皆さんがやってくる。「ほら、どかして」。


ばあさんの館は狭いし、暑いんだろうなあ。ジャラジャラが始まった。


扇風機をかけていたが、寒がりなばあさん2が「羽織るものが欲しい」と言う。私や娘の服、アトリエには全然ないの。結局、タオル二枚を右肩と左肩にかけていた。

おじさん:東京と北京はどっちが暑いんだ?
私:気温は北京の方が高いけど、雨がよく降るし、湿度が高いので、蒸すんです(闷热)
ばあさん2:北京のほうが暑いのね
おじさん:そうか

全然ヒトの話しを聞いてない。

ばあさん2は北京に住んでいる。翌朝、おじさんが運転してきた車でまずは山海関へ旅行に行くという。危篤はどこ行った??さあ、出発。ばあさん2が助手席に座る。ばあさん1が後部座席に座るから、私がドアを開けてあげた。絶句。そして心は大爆笑だったけど、笑いはこらえた。

ばあさんが手前に座るんだけど、座らない方の半分、すべて荷物。布団もあったな。アトリエの要らないものを東北へ持っていくんだよね。ここの物が減ってうれしいけど、後部座席は半分すべて埋め尽くされていたよ。後ろ見えなくて、運転は問題ないのか?

そして、ばあさん3も孫と去った。いつか一緒に旅行に行きたいな。ゲラゲラ笑うために。

拍手[2回]

Posted : 2017/06/06 11:17
はいはい。ばあさんネタ書けばいいんでしょ。でも、そんなにないよ。最近泊りに行ってないし。

端午節は三連休だったが、娘は大学でいろいろイベントがあるから帰ってこないという。息子は宿題が多いから、一日だけ美大予備校に行くという。宿題はアトリエでもできるよな。それで最終日だけ行くことになった。泊まらない。

二日目にダンナが電話をかけてきた。
ダンナ:静香はどうしてるんだ?
私:知らない
ダンナ:おまえは娘に関心がないのか
私:いやいや、もう大学生だよ。先週連絡したから大丈夫だよ。生きてるよ
ダンナ:まだ子どもだ。ちゃんと連絡しろ
私:いやいや、自分ですれば?
ダンナ:俺はしない

なんでよ?いやいや電話して、安否は確認した。娘も三日目にアトリエに行くことになった。もう二週間以上前に、じいさんが広州に行っていて、ばあさんはアトリエで退屈だろう。息子全然喋らないし。娘は「じゃあおばあちゃんに会いに行く」と、相変わらすいい子だ。

お昼は私の友人が遊びに来て、画家村のレストランで食事。夜はばあさんが餃子を作った。包むのを私も手伝う。準備が始まるときに息子が偵察に来る。
息子:ねえねえ。具は何?
ばあさん:牛肉
息子:あとは?
ばあさん:好吃的

息子ニヤっと笑う。私も心で笑う。具を具体的に言えないということは、何を入れてるかわかったもんじゃない。絶対あの草が入っているはずだ。



うちの庭でなく、外でむしってくるアレだ。夜、市内の家に帰るとき、葉っぱたくさん持たされたよ。

餃子もたくさん茹でて、持たされた。ばあさんが「冷蔵庫開けたら、容器が入っているよ」という。冷蔵庫を開ける。空のタッパがたくさん入っている。え?

冷蔵庫壊れたの。3年無料で保証してくれるんだけど、メーカーに電話したら、3年と3日たっていた。だから有料なんだけど、すぐに来てくれない」。

アトリエには冷蔵庫が二つあるから、もう一つのほうに冷凍、冷蔵するものを移したというのだが、こっちの壊れている方、臭い。味噌とかを入れたままなんだよね。っつーか、食器棚じゃないんだから、空のタッパ入れないでください!

今、庭には野菜があまりない。きゅうりが一本だけ成っていて、晩ご飯のとき切って、中華サラダににしていた。イチゴは小さくで全然育たず失敗したらしい。あとはサクランボ。粒が小さすぎるし、よほど熟さないと甘くない。あまりにも穫れるから、ばあさんはお粥に入れている。気持ち悪い。

今回は事件なかったな。そうそうないよ。「私も広州へちょっと行ってくるよ」。一人じゃつまんないだよね。私たちも夏休みになるまでアトリエには行かないだろう。あ、平日行きたい人がいたら、案内するからね。ご一報のこと。

拍手[3回]

Posted : 2017/05/09 07:54
家の防水工事の人が来て、作業が終わり、工人が私に「この材料は偽物だよ」と言い、それをばあさんに電話で告げたとき、ばあさんは何と言ったでしょうか。

これが問題。

答えは「嗯,他很客观」。工人は客観的だと。とても抽象的な物言いで、どうとでもとれる。

私が即時に理解したのは「事実を述べるなら、材料は明らかに偽物であった」。で、ばあさんがそれについてどう受け取ったか、だ。「ええ?偽物なの?まったく!」と怒らなかったのが意外だったが、それだけ偽物をつかまされてきたということだろう。高いお金出して買ったんだから、偽物でもいいやとは思ってはいないはずだ。

いまだに、ばあさんの言った意味がよく理解できていない。でも、クイズだから。答えは書いておく。

拍手[2回]

Posted : 2017/05/04 08:08
前回のクイズ「これは出前のピザを頼んだときに付いて来たものです。中は何の変哲もないウェットティッシュです。表にはナント書いてあるでしょうか」に答えた一人の方有難うございました。私にとって友達は貴女だけです。もし「願い事が叶うなら何をお願いしますか?」と聞かれたら、「この私の友達の願いを叶えてあげてください」と言うであろう。でも、湿巾等というノーマルな書き方ではなかった。




答えるのが一人であってもめげない私。次のクイズ。

我が家の防水工事が二日あり、一日目はばあさん、二日目は私が家にいた。作業がすべて終了し、工人は私に言った。「この材料[cái liào]は偽物だ」。「なんでわかるの?」。(鼻で笑い)「俺はこのメーカーの職員なんだ。そりゃわかるよ。八里橋市場で買ったんだろう?あそこにうちの本物は売っていないよ」。

前日なんでばあさんに言わなかったのよ。

工人が去った後、ばあさんから電話がかかってきた。

ばあさん:どう?
私:終わりました
ばあさん:洗濯機の上のところのペンキが剥げているでしょう?その上をやってくれるか聞いて
私:ええ?今帰ったばっかりです。
ばあさん:今?呼び戻しなさい
私:ええ?帰って10分は経っています
ばあさん:午後来るでしょう?そのときやってもらいなさい
私:終わったんですよ。午後はきません

ヒトの話を全然聞いていない。

私:あ、「材料が偽物だ」って言ってました
ばあさん:○○○○○

さて、問題です。なんて言ったでしょうか。今日は遠出してくる。




おまけ:今テレビをつけたら、いつもは見ない中央電視台になっていたので、北京電視台にチェンネルを換えようと思ったんだけど、「いやあ、熱狂的だあ」と思い、しばらく見てしまった。

国家主席が政法大学へ行ったら、アイドル状態。握手の嵐。そして大学生の「我爱你」のかけ声。我爱你って中国人よく言うよね。

拍手[1回]

♪ Admin / Write / Res ♪
アンケート
最新コメント
[12/11 みどり的卓绝意志(という強い意志を持って)]
[12/11 マリズ]
[12/10 みどり(松潤に会うために絶対に直す)]
[12/10 みどり带着为了见到松润我一点要好起来!]
[12/10 sumari ]
[12/10 マリズ]
[12/09 みどり(嵐のライプのチケが取れた瞬間)]
[12/09 みどり结果拿到岚的演唱会门票的瞬间]
[12/09 ハーツ]
[12/08 sumari ]
[12/08 みどり(ベッド生活+毎日弱音を吐いていたのに)]
[12/08 マリズ]
[12/08 みどり整日卧在床叫苦不迭连天]
[12/08 みどり9月份的时候腰部骨折(9月に腰を骨折して)]
[12/07 sumari]
総アクセス数
みどりの自己紹介
HN:
みどり
性別:
女性
職業:
書道展を主催等
趣味:
書道
自己紹介:
業務連絡
15日10時
16日10時
17日9時10時
19日10時
20日10時

<ペン字>
亮馬橋 言几又 12月○日10時(未定)
建外SOHO shala 12月16日15時半
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
9
15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アクセス解析
バーコード
Copyright ©  みどりの果敢な北京生活(忍者版)  All Rights Reserved.
*Clip Art by 雪乃 / Icon by Pearl Box   *Material / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]