忍者ブログ
  • 2019.07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2019.09
講義1:甲骨文
私、受験生ですか?レベル。すごく勉強している。講演会の内容をここに記録。


殷代(紀元前16世紀〜11世紀)、王が祭祀、軍事、天候などについて、天(神)の意思を占った結果を記録していた。その方法は亀の甲羅や獣の肩甲骨にを炙ると、ひび割れが生じる。事前に占うことを刻んでおき、割れ目の形で占い、判断を甲骨に刻んだ。その文字を甲骨文という。





干支。


数字。






<発見の過程、研究者>

 1899年、孔子を祭る北京の国子監で祭酒を勤めていた王懿栄が、竜骨を北京の漢方薬店に買いに行ったときに、竜骨の上に文字らしきものが刻まれているのを見つけた。その後王懿栄は自殺したが、引き継いだ劉鶚によって、1903年に甲骨文字の図録「鉄雲蔵亀」が出版され、甲骨文字が知られるようになった。(劉鶚が見つけたという説あり)
 甲骨が出土したのは殷墟(河南省安陽市の近郊)で、かなり前から農民により発掘されていたという
 羅振玉、王国維、郭沫若も甲骨学の研究者。

 現時点で解読されている甲骨文字は発見された史料の20%程度であるといわれている。

<文字の特徴>

・硬い物に刀で刻むため、直線的で単純な形が多いが、絵のような文字もあり、古代人の世界観が象徴的に表現されている。

・天と地、左右対称が意識されており、均等の美が当時すでに成立していたことがわかる。


<参考資料>
甲骨文解读之痛

千年沉睡一醒惊天:发现甲骨文動画(25分)→黄简讲书法:五级课程篆书03甲骨文1修订版

认识一个字,奖励10万元:安阳甲骨文的百年命运

甲骨文记忆虚拟展厅 国家典籍博物館の動画

河南省安陽市・殷墟 世界四大古代文字の一つ 甲骨文字の里 

伝説から歴史へ ―甲骨文字の発見と殷墟―

河南省安陽市殷墟

甲骨文字(甲骨文)

田宮文平

国家典籍博物馆(甲骨文记忆展)の展覧会の内容は私の中国語のブログへ 翠midori的博客 このときは数カ月開催の特別展だったが、のちに常設展になった。

拍手[6回]

PR
【2019/01/11 10:43 】 | 書道 | 有り難いご意見(0)
<<2019年1月展覧会(故宮と国博) | ホーム | ブランドのいいです いいです いいです>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]