忍者ブログ

みどりの果敢な北京生活(忍者版)

10月13日。最高気温22度。最低気温11度。空気質量指数185。

カテゴリー「食」の記事一覧

小豚屋+盒馬鲜生+小明同学+穆塞菲霖新疆餐庁+大理院子

9月に日本から戻って来て一カ月。私にしては外食が多かった。でもお金をあまり使っていない。私、毎月使ったお金を記録しているのね。財布に300元ずつ入れて、月末に何回入れたかで知る。以前は500元ずつ入れていたが、今現金を使うことが減った。地下鉄でチャージするときくらいしか使わない。今は微信の明細を見て、計算している。

今年は一月から日記を書いているんだけど、三日ためてしまうと、三日前に何をしたのか覚えていない。そこでその微信の明細を見て、あ、ご飯をここで食べたから、誰と会った日だというふうに思い出す。便利だけど、個人情報がどこまで守られているかホント恐ろしい。

1. 小豚屋(大众点评



とても小さい店だった。



北京でカキフライなんて久しぶりだ。昼の定食48元。食べて、ぬるっとしているタイプじゃなくて、カリッと中もしっかり揚げていて、北京だとそのほうが安心。

2. 盒马鲜生(大众点评

双井にできたというので9月の金曜日の夜に行った。アリババの实体店だ。かつて一号店へ週末に行ったとき、海鮮調理が2時間待ちだったので、混むのはいやだなと思いながら、18時に着いた。表示は5−10分待ち。魚を袋に入れるのは店員だが、客がこれとこれとって指図する。「带鱼」と「蛏子」を選んで、ビニール袋に入れて量ってもらった。

支払いのところへ行って、調理方法を選ぼうとすると、带鱼は生で持ち帰りのみ。返す。「蛏子」(アゲマキガイ)だけにした。ここで支払い。アリババだから、微信はダメで、支付宝。姜葱炒蛏子44.82元。私らの前の人は240限の海鮮を買っていた。



ほかに餃子でも食べようかと思ったが、十数個で26元。高すぎる。やめた。そうこうしているうちに、とっくに携帯に「貝、できてるアル。取りに来るがよろし」の短信が来ていた。このときは4分でできた。



速かった。貝だけ食べて退散。そして、同じ建物の中にあるこの店へハシゴ。

3.  小明同学(大众点评

台湾料理。服务员がセーラー服だった。

貝をたくさん食べているので、古早味滷肉饭28元鸡蛋蚵仔煎29元。量が少ない。でもこのときは二人でこれで十分。

4. 穆塞菲霖新疆餐厅(大众点评

朝阳区新疆菜评价榜第一名
。先週行ったばかりの「新疆食坊」の二号店。ニッポン男児は一号店の方が美味しいって言っていたけど、二つしか頼んでいないし、わからないなあ。





5. 大理院子(大众点评)

鼓楼のほうの、わかりにくい、胡同にある雲南料理屋。日本人は結構行っていると思う。私は初めてだった。

16人(大人10人、子ども6人)で夕食。ここは160元のコースしかない。人数が多いほど、料理の種類は多くなる。子どもは皆とても小さく、頼まなくていいレベル。

料理出る。子どもが「お腹すいたー」と言っていたから、どんどん食べさせるんだけど、どれも辛い。え?雲南料理ってみんな辛いか?雲南料理のチーズ(写真右上)、大人は食べるけど、子どもははっきり「おいしくなーーい!」。まあしょうがない。

コースしかないので、メニューがない。服務員に「別に支払うので、子どもが食べるものを作ってください」。そして米粉を卵とトマトで炒めたものを作ってもらうことにした。そのあと、服務員が「厨房で言われたんですけど、辛くないと美味しくないって」。「いやいやいやいや、美味しくなくてもいいから、子どもが食べられるものを作って」。このやりとりは繰り返された。

(中国人)ちょっと辛い=(外国人)かなり辛い

中国人のこういうところ結構困る。


拍手[2回]

PR

かなり美味い新疆料理:新疆食坊


大望路で美味しい店はないかとニッポン男子に聞いた。

百子湾の新疆食坊本店がお薦めです。二号店は14号線平楽園駅そばにできて、店内もおしゃれで、そっちもお薦め。羊好きな人でしたら、本店の方がいいんですけど、店がすごく狭い。色んな羊好きを連れて行ってますが、ここの羊は間違いないです!安定感ハンパない。名物は紅柳羊肉串。

外から見たら、狭いのがわからないが、入ったら、果たして狭い。「え?二階ないの?」レベル。


これが全部じゃないけどね。見えてないテーブルは、右に三つ。手前に一つ。それだけ。12時前に着いたときはあまり客がいなかったが、どんどんどんどん来て、立って待つ人あり、食べて去り、すぐ次の人が座り、、、、で常にいっぱい。夜もそうらしい。


主食:干煸炒面、民族炒饭
串:红柳烤串,羊肉串,板筋


二本のが「红柳」という木に挿して焼いたもので、その木の香りが強く香る。一本22元。一日50本限定だから、夜にはないことも。

红柳枝烤羊肉将肥肉烤的香酥,瘦肉劲道弹牙,肥瘦相宜,肉嫩汁多。其作为南疆地区的特色美食。

そのあと、普通の羊肉串も一人一本(6元)ずつ頼んでみた(写真右下)。隣の人が食べていて、皆さんが気になったので頼んだ「板筋」。四角い白っぽい方。とうがらしで赤くなっているが。

羊肉串もさることながら、麺もコシがあって、一同絶賛。

以上でかなりお腹いっぱいで、私は無理だと判断したので、頼まなかったが、私以外はこれにヨーグルト(はちみつと干しぶどうが乗ってた。10元)を食されていた。

板筋(牛板筋),是指牛背部两块连接全身运动肌肉的主大筋。板筋特有的纤维组织,令其口感异常美妙入口耐嚼而化渣,很快风靡东三省。



大众点评
新疆食坊本店
穆塞菲霖新疆餐厅二号店

新疆食坊
ここはとっくに閉まっているが、そう書いてない。行かないように!マリズさん、jojoさん、昔行ったのはここです。

拍手[5回]

北京で一番美味しい(?)肉餅

1. 北京で一番美味しいと記事になっている肉餅。华威肉饼(一号店)(二号店。どちらも潘家园の近く。



大米绿豆粥,华威肉饼  一人では食べ切れず、持ち帰った。一枚25元。

他の店はここへ→北京最好吃的肉饼都在这里了,快去尝尝吧

2. 日本人はすぐ「麺」というが、中国語の「」は小麦粉でできているので、これは「」ではない。酸菜黄骨鱼粉。25元。

魚が食べにくかった。味はよかった。


拍手[3回]

繁体字珈琲館で各種書体を書く

かねてより鼓楼近くのカフェ繁体字咖啡馆をチェックしていた。一回目に行った時、見つからずウロウロ。やっと探し当てたが、やっていなかった。帰宅してわかったのは、午後1時から営業。

二回目。14時近かったが、開いてない。電話しても出ない。諦めて帰ろうとすると、外からやって来た人に話しかけられた。「この店に来たの?」。老板だった。「昨日イベントがあって、遅かったもんだから」。いやいや、イベント関係ないよね。13時に開けるべきだよね。

看板もないし、営業中もこの状態。


中はまあまあ広い。




ホットもアイスも同じ値段。


私がこのカフェが気になっていたのは、「字を書く」作業があるとネットで読んだから。詳細はわからなかった。

まず紙を渡される。印刷してある字はいくつも種類がある。友人のとは違う漢字だった。ほかにお客もいなかったからか、老板(台湾人女性)が丁寧に説明し始める。「

「(印刷してある文字は)上から甲骨文。金文。青銅器に彫られた字。小篆、秦の始皇帝が統一した字。次は隷書、楷書」。知ってたけど、黙っておいた。



dài zì guī zhōngわかる?」と聞かれた。わからない。そして書いてくれる。待字闺中

待字闺中は家にいて、嫁に行くのを待っているという意味。「字」のうかんむりは家で、中に子がいる」。

そして「書いたら、帰る時私に渡して。一割引になるから」。客の書いた字を集めてどうするのかは聞かなかった。紙なんてたくさんあるんだから、一枚記念に持っていいか聞いたら、強く「不行」。断固拒否された。まあいいけど。

店の名前が繁体字というわりに、繁体字を書かせるんじゃなくて、漢字の各書体。ま、いっか。

後から来たお客さんがご飯を食べていた。そうか、食べ物もあるのか。ただ、14時以降じゃないと開かない日があったりするんだろうけど。

店の雰囲気はいい。私たちは日本人だと言ったのだが、友好的だった。でも、大众点评を見たら、台湾人としての優越感があり、客と喧嘩したこともあるようだ。

ま、私は一回行った店はもういいや。北京にカフェたくさんありすぎる。次を開拓したい。

拍手[3回]

中華も少し作らないと

红烧带鱼(菜谱

よく「北京で魚買って食べますか?」と聞かれるが、ダンナは带鱼(太刀魚)しか買わない。冷凍はダメといって、生で売っているのから選んで、切ってもらって、買って来る。





うまくできた。

②大根餅 だいこんもちって、うちのばあさん知らないよ。ダンナも知らないだろうなあ。作ってあげたことないけど、いつか作ってあげよう。老人達、とにかく硬いもの嫌がるから、これならOK。



中国語レシピ萝卜糕

日本語レシピ大根もち 私はこれで作った。タレなしで。


その他の記事

老北京炸酱,老师傅这做法地道!

央视段子手 朱广权 又双叒来了 聊聊粽子那些事儿

拍手[2回]

瓜いろいろ

1. 北京に住んでいると、見たことない野菜や果物があったり、種類がいろいろあることに気づく。7月は毎日違うウリを買った。お皿が同じなので、大きさがわかってもらえると思う。

瓜系列


左から右へ。上から下へ。一個の値段。
1.东方蜜瓜10.8元
2. 花蕾香瓜6.88元
3. 久红瑞瓜10.88元
4. 绿脆香瓜2.65元
5. 甜宝香瓜4.6元
6. 网纹瓜16元
7. 西洲蜜10.3元
8. 伊丽莎白瓜7.6元
9. 玉茹甜瓜5.71元

当たりはずれがある。甘くないものあった。

2.

朝阳大悦城地下一階のイオンで買った。牛肉咖喱9.8元,麻辣拌酱面4元,炸酱拌酱面4元,经典拌酱面4元。

3. 「北京観光」。食べ放題の焼肉屋でスタミナを補充
日本語誰か直してやれ!

4. 这才是北京最有味儿的胡同,好吃好玩 
北京小吃が好きな人のための記事だ。

5.花椒油


花椒の粉じゃなくて、油が売っている。ばあさんがアトリエで使っているから買ってみた。しかし、のちになぜか渋くなってしまい、捨てた。なんでだろう?凉菜に入れるのにはいいと思う。

拍手[4回]

おいしい(おいしかった)フライドチキン

私が記憶していたのは新源里のあたりに行列ができるほどの絶品フライドチキンが売っている。数年前の話だ。

それが京客隆なのかと思い、今年の春やっと買ってみた。でも全然並んでなかった。一緒に買いに行った日本人が「ここの煎餅が美味しいって聞いたよ」。






ケンタッキーのフライドチキン(一個10元)よりずっと大きくて、お得。



でも売っている住所を見たら、新源里までわざわざまで行かなくても、南の京客隆のほうがうちは近いな。味はまあいいけど、これは話題の店じゃないなと思った。そして検索してわかった。

ここじゃなかった。3年くらい前の記事で「左家庄京客隆炸鸡が人気」と書いてある。新源里じゃなくて、左家庄だった。でも今はないみたい(未確認)。

そして左家庄炸鸡なら双井にあった。行ってみた。支店は北京各地にある(大众点评)。


チキンの写真を撮らないで食べちゃった。味はまあまあだが、わざわざ買いに行くほどでも。

こんな記事。北京这 5 家美式炸鸡,才是童年的味道!

おいしいチキン探し求めたい。



拍手[2回]

機械がご飯を作る

<機械>

被老婆骂”不做饭”,他用8年造了个炒菜机 この動画を見たあと、こんなようなものが家庭にあるというお宅へ行った。

その名もヘルシオ。無水調理できるのがウリ。カレーも野菜から水が出るので、無水。不思議だー。しかもルウも初めに入れて(所定の場所へ)、スイッチ一つで出来上がる。




サラダはみどり製。ハムマリネ大根のサラダ。スンばらしいコールドスープはそこのお宅のマダム製。冷たいスープなんて長いこと作ってない。東シナ海より深く反省。

これはとっくに微博に載せたのだが、私が「它不需要放水」と書いたら、中国人から「放水じゃなくて加水!」と指摘された。「"放水"也不是不行,但总觉得有些怪怪的感觉。放水主要有主动往外排水的意思。我用了加水,意思是注水,但是注水似乎太正式太书面语了,也不会直接说。很口语又有东北方言感的是搁水。还有添水,但添的意思是水不够而添加。加水也有这种意思,但是比添弱一些。

またあの機械に作ってもらいに行きたい。

<出前>

中国で流行りすぎの出前。中国人、ご飯作らなさすぎ!と批判したいが、うちも毎週ではないが、週末に頼むことがある。先週はこれ。 


卤肉饭32元
照烧鸡排便当+汇源果汁42元
餐盒费8元
优惠40元
配送费8元
合计35.7元
本单顾客实际支付41元


二つ頼んで41元だった。百度外卖で探したんだけど「满28减17,满40减22,满60减32」。おかしいでしょ!レストランで支払うときは满100减5くらいだ。こんなに安いのは、定価が高すぎるに違いないと誰でもわかるわい。でも、そのお得感で頼んでしまうアホな消費のアタシ。

こっちは4月。


見てのとおり、「ザ・キング・オブ・油」。「most 油」。「ザ・レジェンド・オブ・油」。「越来越油」。え?外国語、おかしい?しょうがないでしょ!そのレベルなんだから。こっちだって頑張ってるんだ。

油ばかりなので、サラダを作って出す。たたききゅうりでもいい。生のもの食べたくなる。

<外食>

1. 莆田餐厅(颐堤港店)

莆田荔枝肉,莆田卤面,冰浸苦瓜,共128元。


この2年くらいかな。シンガポール料理屋は激増したと思う。この莆田だけでも北京に四店ある。

2. 赵崽儿川式面品(九龙山合生汇)


宜宾燃面。


肥肠面。

娘と二人で辛い麺。美味いけど、これまた油多し。塩分も多いし、「」より「」だった。「」すぎた。もう1カ月は食べなくていい。


3.拉蒂娜Latina巴西烧烤音乐餐厅。自助餐128元(团购119元)





初めて行ったよ。シュラスコ食べ放題。これ月曜日の昼に行って、微博に載せたら、夜に中国人が「私も行って、帰って来たところです」。夜行ったんだな。128元が、月曜の夜だけは女性半額。

シュラスコなしだと88元で食べ放題。主食、サラダ、スープ、プリンとか甘いもの等、しっかりいろいろあるから、肉肉しい必要がないときはそっちも可。シュラスコも断ることを覚えないと、皿にどんどん増えて、後悔する。

4. 柒食柒Doppio Sete

中午套餐38元(比萨饼+沙拉+饮品)


日本人がみんな行っていると聞いていて、気になっていた。ランチ38元から。饮品って飲み物だよね?食べてる最中に、それが何なのか聞くと、トレーに乗せられたオレンジ色のお碗が指された。

一緒にご飯食べた某版画家が「これ、北京人のうち行くと出ますよね」と。ドリンクじゃなくて、お粥だ。かぼちゃとか棗とか入ってる。まさにばあさんが作るヤツ。

ダンナは白米だけのお粥がいいのに、ばあさんはいろいろ入れちゃうから怒るヤツだ。

ちなみに私がダンナに「日本では真っ白のものより、雑穀が入っていたり、色が付いているものの方がいいって言われているんだよ」と話したことがあるが、「だったら日本に帰れ」って言われた。首絞めるよ、ダンナ!

<ニュース>

1. 阿静粤菜 92年に語学留学している時に、东四にあって、行っている。誰かが留学終わって帰国する送別会をやった。当時はレストランが少なかったので、師範大学からわざわざ东四まで行ったんだよね。

そのあと、義弟が奥さんと北京に来たとき一緒に行ったのが94年頃だったかな。4人で160元くらいで、私がご馳走したけど、田舎から出て来た弟の嫁は「北京は高ーーーい」ってビックリしていたたのが忘れられない。

微博のコメントが2017-10-25。「今年再オープン。30年ぶり」とか書かれている。去年再オープンしたようだ。

2. 那家小馆(前门)大众点评に載っていないが、豪華らしい。



<動画>

术业有专功,做什么还专业的牛! これ絶対見てほしい。職人技!

拍手[4回]

アンケート

.

良之助VPN_中国で自由にネットを楽しむ

最新コメント

[10/16 sumari ]
[10/15 caomeidangao]
[10/14 みどり人类只要抓住了机会]
[10/13 淳子]
[10/13 sumari ]
[10/12 みどり横光利一《要害》(『急所について』)]
[10/12 淳子]
[10/12 sumari]
[10/12 みどり(急所を見別け得るものは成功する)]
[10/11 sumari]
[10/11 マリズ]
[10/10 みどり能找出其要害就能成功]
[10/10 sumari]
[10/10 みどり(必ず急所を持つものだ)]
[10/10 sumari]

総アクセス数

みどりの自己紹介

HN:
みどり
性別:
女性
職業:
書道展を主催等
趣味:
書道
自己紹介:
業務連絡
11日10時
12日14時
13日10時
14日10時
15日14時
18日10時(3人)
20日9時半、10時40分
21日10時
24日10時
27日10時
28日10時

亮馬橋ペン字 16日11時半

ブログ内検索

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

アクセス解析

バーコード

Copyright ©  -- みどりの果敢な北京生活(忍者版) --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]