忍者ブログ
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥ 
19日。最高気温35度。最低気温28度。空気質量指数144。
<< 06   2018/07   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     08 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
今、テレビをつけたら、「日本は暑い」ってやってた。



さて、本題。親切なブログ主が曲名や歌手から歌に跳べるようにしてるからね。ここ中国語学習ブログなので(ホントか?)、日本語の歌は除いた。はみどり様がお歌いになった。カラオケで歌ったことないのを選んだ。

曹操(林俊杰)

江南(林俊杰)

一生有你(水木年华)

朋友(周华健)

追光者 ①岑宁儿 汪苏泷
①がオリジナルの女性歌手。彼女のキーは高いので、②の男性のほうにした。追光者は今年の初めから数カ月毎日毎日聴いていた。

SHALL WE TALK
国语粤语


十年(陈奕迅) ①国语粤语だとタイトルは「明年今日」

翅膀(林俊杰)
歌った歌を手帳に書き留めていたんだけど、が書けなかった。悲しい。

泡沫(邓紫棋)

歌ってはいけない歌(去KTV千万不要点的5首歌の中に入っているが、挑戦。高い音はやっぱり無理だった。

我只在乎你(邓丽君) ①中文版 日语版

陪我看日出(蔡淳佳) ①中文版日文版「涙そうそう」

小幸运(田馥甄)

情非得已(庾澄庆)

悟空(戴荃)

风和日丽(陈圣卢)

那女孩对我说(黄义达)

齐天(华晨宇)
今年の『歌手』(という歌番組)のこの動画は100万回見た。说唱の部分はまったく歌えないので、課題。

小苹果(筷子兄弟)

好久不见(陈奕迅)

月亮代表我的心(邓丽君)

大鱼(周深)
映画『大鱼海棠』の主題歌。

甜蜜蜜(邓丽君)

NOBODY(Wonder Girls)
去年カラオケでこれを流したときに「踊れるようになろう」と誓い合ったが、時が経つのが速すぎて。永遠の課題だ。踊り練習動画はここへ

后来(刘若英)

纸短情长(烟把儿乐队 )

创造101

彩虹(周杰伦)
「周杰伦
の歌は速すぎて歌えない」と言われて、即座に選曲。「ゆっくりのもあるでよ」と知らしめるために。いや、たくさんあるから!

木乃伊(林俊杰)


去KTV千万不要点的5首歌

高いところから低いところまで、難しすぎるんだよね。
・信乐团《死了都要爱
・杨宗纬《洋葱
・邓紫棋《泡沫
・林俊杰《一千年以后
・陈奕迅《浮夸



歌以外編に続く。



【一日ペン字教室】
日時:7月23日(月)13時半から
場所:亮馬橋『言几又』(本屋兼カフェ)
申込:midoriiro★sina.comへ(★を@に)当日8時までに

拍手[1回]

PR
本当は天津にいるはずだった。でも、大雨だから延期。列車の切符買ってなくてよかった。二年前に娘と武漢へ行くべく、まずは切符を購入。街が機能しないくらいの暴雨になり、直前にキャンセルしたら、かなり大損をした覚えがある。

天津行きの列車は多いし、宿もとってなかった(そもそも日帰りか一泊かも未定)。でも一週間以内に行きたい。

行ったことは二回はある。前回は娘が一歳だったから、19年前。しかも日本から来た人の仕事に付いて行った。だから観光していない。天津、全然わからない。

数人聞いたところによると、観光スポット。

・古文化街
・五大道
・海河
・天津博物館
・滨江道


『北京閑話』(白井啓介著)という本を読み終えたばかりなんだけど、そこに書いてあった。
・利徳順大飯店 1863年開業 李鴻章愛用。溥儀、張学良も宿泊した。中国のホテルの中で唯一国務院制定の重要文化財。
・恵中飯店 曹禺の戯曲『日出』の舞台となった。ホテルはなく、恵中鞋城になっている。勧業場の向かい。このあたりに、中国最初の洋式銀行の一つ、浙江興業銀行。交通銀行だったところあり。

行ったことある人、どこへ行ったか。お薦め、なんでもいいので情報ください。

拍手[1回]

<昨日より続く>

大钟寺を出て、カフェで休みたい。大钟寺のまわりはない。私はバカみたいに多いチェーンの店は行かない。大众点评海淀区咖啡厅环境排行榜第二名というdotcom coffee大众点评)に向かった。

お寺を出て、通りの反対側に渡り、バス停大钟寺で658に乗って、学知桥东で降りて、徒歩10分(を自転車で)。

致真大厦というオフィスビルの一階と書いてあったので、ビルの中に入ったら、カフェは外からしか入れず、ビルの南から入って北に出た。このビル、面白かった。一階の真ん中が植物園(温室)みたいになっていた。

到着。入口なんてことない。


中、とても広い。中二階もあった。


注文時、コーヒーに疎いオバちゃんだと思われたのか、丁寧に説明しようとするので、「美式咖啡可以加奶吗?」とツウっぽく言った(どこが?)。美式咖啡は20元。服務員が「白咖啡ならミルクが多いコーヒーですが」と薦めたが、それは30元だった。10元余計に払ってなるものか。オバちゃんは頑張った。いやいや、私、自分でオバちゃんと思ったことは一度たりとない。で、再び「美式咖啡 加奶」と言い、事なきを得た。

「水もありますよ」と親切だ。こんな22世紀の代物、初めて見たよ。


銀のボールの真下にコップを置いて、タブレットで温度と量をセットして、タップ。好みの水が出てくるという塩梅。ドラえもんが出してくれたにちがいない。

ここの飲み物はすべて紙コップでくる。量少ない。20元じゃ文句言えないか。でもおいしくなかった。平日なのにほぼ満席。コーヒーは美味しい店のはずだ。私のがたまたま不味かったんだと信じたい。



ちなみに霄云路のdotcom bakery(大众点评)は同じ経営なのかな?日本人複数がパンが美味しい(でも高い)と言っていて、いつか行ってみたいと思っている。

店を出て、ヨーカ堂へ行くほうのバス停に向かう。となりが北京航空航天大学(略して北航)。大学の中を突っ切る。

今年ハスを見に、公園へ行っていない。大学内で見られるなんて考えていなかった。



そして学内に博物館を発見。入口まで行ったら、夏休み期間(8/29まで)は火、土しか開いてないと知る。残念。

大学の北門から出ると、バス停北京城市学院があって、运通113线/660路/983路 に乗って20分弱。惠新东桥西で降りる。



二年は来てないと思う。目的はみりん。あったよ。中国生産の。さすが日系。近所のスーパーに売っていないようなものがたくさんあるから、いろいろ買いたくなったけど、温泉たまごくらいしか買わなかった。



帰りは10号線の惠新西街南口まで自転車に乗った。途中7-11があったので、寄る。上の写真の麺は7-11で買った。

711这两碗凉面,你肯定还没吃过

これ娘が教えてくれた記事なんだけど、「美味しそう」でしょ。



でも食べたら、期待をしすぎていたことに気づいた。これは味噌だけも売っているのだが、それは美味しいと思う。たぶん。味忘れちゃったけど。

ヨーカ堂だけどね。一階に甘いものが充実しすぎていた。



strasbourgの試食があったんだけど、中国人が食べ続けていた。遠慮を知らない。私は何か買おうか迷ったけど、なんとなくやめた。

この日の話、おわり。



【一日ペン字教室】
内容:名前、住所またはひらがなの練習
日時:7月23日(月)13時半から
場所:亮馬橋『言几又』(本屋兼カフェ)
申込:midoriiro★sina.comへ(★を@に)当日8時までに

拍手[4回]

博物馆通票というお得な本を使うのも2カ月ぶり。大钟寺へ行ったことがあるとしたら、語学留学時の90年代。行ったのかさえ覚えてなくて、とりあえず行ってみた。

地下鉄13号線大钟寺駅から800mと高德地图書いてあったので、自転車に乗った。ぐるぐるまわって、なかなかたどりつかない。ショッピングモールしかない。それで保安に聞いたら、大通りの向こうだよって。地図が間違っている。もし高德地图を頼りに行きたかったら觉生寺で検索するとよい。今見たら、百度地图なら合っている。

入口。


ここで博物馆通票を見せて、券をもらった。今、券をくれないところが多くなったが、券は欲しい。


中に入って、右が钟楼、左が鼓楼。後ろに大雄宝殿、もっと後ろに藏经楼。どこも同じだ。え?北京のお寺ってみんな似てる?日本のお寺はもっと多種多様だよね。

これは複製だけど、有名な曾侯乙编钟。本物は出土された湖北省博物馆にある。




お寺だけど、博物館と名乗るのがわかる。鐘だらけ。


目玉の「永乐大钟」は12月まで修復中。




中国で現存する最大の青銅鐘。高さ6.75m、重さ46t。22.7万字が刻まれている。その模型が別の部屋にあって、これ。



鐘の内側にも字が刻されている。


こういう小さい(いや、小さくないか)鐘が展示してある部屋はいくつもある。

あと、鐘をつくシミュレーション。

縦ロールの中国人がやっていた。細くて美しいおばさん。普通话を話していた。意外だった。

境内に猫が何匹もいた。私の習慣は猫を見たら「ニャー」と話しかける。猫はたいてい「ニャー」と返事してくれる。




でもここの猫は話しかけるどころか、近づいても、ダメ。疾風のように走り去ったよ。人間に何かされた過去あり?

お土産屋を見たかったが、閉まっていた。

結論:行ったことなかった。

このあと、カフェへ(続く)。

拍手[4回]

これ美味しそうだよね。実際おいしい。背景を知らなければ、楽しく美味しくいただける。


アトリエでの晩御飯。美大予備校に再び泊まりで行き始めた息子が珍しく帰って来た。そして私も行った。人数が多いということで、ばあさんが張り切った形だ。いわずもがな麺。

用意する麺の量がいつも少ない。ダンナがおそろしい量を食べる。息子、じいさんも結構食べる。中華鍋で二回分けて茹でるんだけど、茹で上がったら、お椀に注がれて、各自食べ始める。二回目が茹で上がると、新しいお椀複数に注がれて、食べたい人がそこから取る。二回目を茹でてる間に自分の分が食べ終わっちゃうから、私の分を男(たいていダンナ)にあげる。それを繰り返し、私の麺はいっつも1/3椀程度。

今回は麺を切り終わった段階で、いつもより少ないと鋭く気づいた私がばあさんに「王強ならこの半分食べちゃいますよ」と言った。「大丈夫。锅烙があるから」。ほかにも主食があるならいいか。結果からいうと、锅烙は塩入れてないのかい!くらい薄かった。本来は好きなのにぃ!

赤いのは魚。これ前回行った時、昼も夜も食卓に出たやつだ。別に昼のが残ったんじゃなくて、夜にまた同じのを作ったんだよね。魚は味も付いている白身魚をスーパーで買い、トマトと庭にありすぎるネギでソースにする。これテレビで見て知ったレシピなんだろうなあ。今回も登場。

写真上部の緑色の二つは、きゅうりの冷菜だが、草を入れたのと入れてないのと。コメント欄に「スベリヒユ」と教えてくれた方、カムサハムニダ。そうそう、そんな名前だった。過去記事に書いたことがある。ちゃんとクックパッドにも載っていて、日本人でも食べる人は食べる。

ダンナは「こんな草。けっ」という認識なので、絶対に食べない。息子に遠慮するばあさんはちゃんとダンナが食べる方と食べない方に皿を分けた。

そして今回の目玉。ナスのはさみ揚げ(炸茄盒)。

私が晩御飯作りを手伝おうと、台所に行ったのは5時前だったが、火にかける前の準備はほぼ終わっていた。ばあさんはもう作ると言うので、息子が帰ってくるのにまだ1時間はあると教えるのだが、「ほら、暑いから」と答えた。え?冷めちゃうよね。というか、冷ますのが目的?

ナスは切ってひき肉が入っている状態だったが、「昼ご飯終わってすぐ作り始めた」と言う。冷蔵庫に入れてない。怖っ。フライパンにナスを全て入れた後、私が皿を洗おうとすると、「待って」。皿に肉の汁が残っていた。それを捨てない。別の料理に足す。怖い。

5時半にはすべてが作り終わり、食卓に並ぶ。食事が始まったのが6時すぎなんだけど、温めない。ばあさん曰く「暑いから」。え?何?気候が暑いと、出来立てを食べない?この冷えた料理に文句を言わない中国人達もなんだかなー。麺が茹で立てアツアツというのが幸い。あ、ばあさんこれを狙ったのか。

翌日の晩御飯。私がご飯をよそう。炊飯器の蓋を開けたら、ご飯がマックスこんにちは。じいさんが炊いたんだけど、限度を知らない。いやいや、ギリギリ限度なのか。炊飯器から圧迫感を感じたのは生まれて初めてだ。



そしておかず。魚とご一緒の豆腐見える?豆腐は「豆が腐っている」と書くが、実際腐ってて、その名に恥じない。


じいさんが午前中に買ったばかりだというが、冷蔵庫に入れない。老人達、冷蔵庫に入れる習慣がない。買って来たものを入れない。おかずの残り入れない。今は夏だし、外の市場で買ったんじゃないかな。そりゃ腐るわ。

アトリエで作った料理を市内の私の家まで届けてくれることがある。以前、骨つき羊肉をもらって、食べ終わって、その骨を犬にあげようと、私が今回アトリエに持って行った。心温まるフィードバックっていうの?

骨は結構な量で、もちろん一回では食べ終わらない。じいさんに「これ犬にあげてください。どこへ置いたらいいですか」。「そこ置いといて」。床に置いた。その後同じ場所で見たのが3時間後。びっくりして「これ冷蔵庫に入れますか?」って聞いたら、「置いといて」。今、夏だからね。犬、死ぬよ。

今回も大した事件はなかったな。


ご飯を「よそう」。「よそる」とも言うよね?by東京生まれ、東京育ち。一番長いのは北京滞在年数。出身地等とともにコメント欄へどうぞ。

拍手[1回]

今、アトリエの庭には野菜がたくさんできていて、じいさんばあさんは野菜をほぼ買っていない。

私があんまりアトリエに行かないから、10日に一回くらいは微信で連絡がきて、我和你爸明天去市里,想给你带去自产菜。

自产菜
。ぷっ。いや、ここ笑うとこじゃないんだけど、ばあさんの誇らしげな様子が垣間見られて、微笑ましい。

市内のこのうちまで野菜を届けてくれる老人夫婦。私が外出中に限ってくるのだが、ダンナから鍵を預かり、勝手に入り、置いていく。私が帰宅したら「ああ、来たのか」状態。



こういうの↑はいいんだけど、2カ月くらい前はこういう↓「草」だった。



レタスはいいが、「草」はゴミ箱が欢迎你、あ、いや、欢迎草

先週久しぶりにアトリエへ行ったら、いろいろ生っていた。

ぷちとめいとぉ。


とめいとぉ。


ぐりーんぺっぱー。


えっぐぷらんと。


苦瓜。もう英語に翻訳するのメンド臭い(おいおい)。

プチじゃないほうの、普通サイズの「とめいとぉ」は虫がついて大変なんだって。ばあさん、虫を見つけては潰してた。「飛ぶから、いまいましい」って。「それでも農薬は使わないほうがいい」とドヤ顔。はいはい、頑張って!

上記の野菜達はそんなにガンガン獲れるわけでもないが、ネギは多すぎるから、欲しい人は是非行って、引っこ抜いて欲しい。これ↓ほんの一部だから。


こっちはかぼちゃ。あの日本のホクホクしたほうじゃなくて、南瓜という字のとおり「ウリ」、つまり「きゅウリ」の「ウリ」感に近いのを否が応でも感じさせる、中国っぽいウリだ。まだ葉っぱだけだけど、「今年もかあ」と見てうんざり。


これで調理した方に続く。

拍手[4回]

中国の歌、ガンガン行ってみよー!

我想和你唱第三季第10期:李建 
←ここから86分番組が見られる。

李建、好きじゃない。生理的に声と顔がダメ。この人、清華大学卒がウリ!ではないが、顔見るたびに「はいはい、清華大学でえらいですよー」と思う。それが私の好きじゃない理由でもないんだが。

この歌番組はその歌手のファンが一緒に歌うという番組だが、今回は超進学校の高校三年生(時期的に卒業したばかりの)4人が制服を着て出てきて、一人目が「物理で賞をとって、 报送で清華大学に入学します」と自己紹介すると、続く三人全員が言った。「同じクラスで」。つまり超進学校の頭いいクラス在籍。中国のいい高校ってあるのよ。特別クラスが。三人が清華大学、一人が北京大学に進むと言った。

それ、歌と関係ないよね。ただの自慢?はいはい、すごいですねー。李建が「中入ったらね。四年間大変だから!頑張って。清華は学食がいいんだよ。特に十五食堂」。清華って学食が20あるんだよね。デカすぎるわ!

で、歌。

1. 传奇》(电视剧《李春天的春天》片头曲及片尾曲)
パソコンがまだないときは結構ドラマ見たけど、ここ15年は見てない。でもこれは見た。《李春天的春天》。別にお薦めではないけど。歌は王菲春晚で歌って有名になったけど、作曲は李建

2. 《一生中最爱》谭咏麟、若っ!広東語わからないけど、いい!


以下、上記の番組と関係ないがチェックした歌。

伤心的人别听慢歌》五月天

后来的我们》五月天

《追梦赤子心》鹿晗 张韶涵

悟空》关喆

《从开始到现在》张信哲

一路上有你》张学友

刚好遇见你》日语版

田馥甄&吴青峰串烧表演《绝对音乐》 
翻唱华语流行二十年间的27首经典作品《Di Da Di、简单爱、恋人未满、最熟悉的陌生人、分手快乐、倒带、志明与春娇、怎样、红豆、学不会、爱很简单、淘汰、说谎、情非得已、Lydia、失落沙洲、暧昧、旅行的意义、克卜勒、无底洞、唯一、掉了、真的吗、我爱你、王妃、小情歌、小幸运》

この20年の歌を12分で。

これは歌じゃなくて、周杰伦について00后がどう思うか。「蛮有品味的」だって。かわいいな、小学生。
00后居然这样评价周杰伦,怪不得周公举说“不爱我就拉倒”!

拍手[2回]

6月下旬に、中国の大学の留学生宿舎は一人部屋または二人部屋なのに、中国人のほうは6人から8人で、不公平だ!という情報がガンガン流れた。たとえばこれ。

大学寝室的“两个世界”

生活环境天壤之别
だと。寮費違うもんね。そもそも80年代くらいまでは外国人は決まった公寓、宿舎にまとめて住まわされて、当時は中国より外国のほうがはるかに何でも進んでいたし、中国に住んでも外国のような条件でということが考慮されていたと思う。

今、中国は経済力がついてきたけど、たとえば田舎から北京に出て来て生活するようになった大学生に、留学生が今はらっている寮費は高すぎると思うはず。私の認識では北京の留学生宿舎、一人部屋1日80元、二人部屋40元くらい。

そして昨日見たのは、「无锡一高校被曝强迫学生搬到旧宿舍 把好宿舍让给留学生」。

留学生が急増して、宿舎を譲るため、強制的に出て行かされた中国人学生激怒の動画in無錫。これは大学が悪い。やり方が悪い。あまりにも怒っていて、なんて言ってるか聞き取れない私。

そして今朝見た「外国人VS外地人」について。外国人っていいよなー。これだから、中国に来たがるよなー。

泪奔!“老外”的超国民待遇-外国人何以完爆外地人

2013年の動画だった。外国人の所得税が高いとか、嫌な面をまったく言ってないな。何か気づいたことがあったら、教えてほしい。


最後に、大学と全然関係ないネタ。IKEAのベッドでくつろぐどころが熟睡までする人がいるのは有名だが、今でもいるんだね。今朝みたのはこんな画像で。



これのコメント、笑った。

是真的吗?那么大年纪。というコメントに対して、可能准备死在那里 。私、手を合わせそうになったよ。IKEAとしても「横にならないでください」とか言えないんだろうか。それにしても、おまえの家か!とツッコミたい。


拍手[3回]

最新コメント
[07/19 マリズ]
[07/19 みどり怎么去问问谁谁都笑着对我说]
[07/19 みどり(私は不思議でたまらない)]
[07/18 みん]
[07/18 功夫man]
[07/18 みどり我呀我呀总是觉得不可思议]
[07/18 みどり石川达三《人与爱与自由》『人間と愛と自由』]
[07/17 sumari]
[07/17 sumari]
[07/17 みどり(幸福は常に努力する生活の中にのみあるのだ)]
[07/17 みどり幸福通常只存在于努力的生活当中]
[07/17 マリズ]
[07/17 みどり水上勉《布纳,快从树上下来》『ブンナよ、木からおりてこい』]
[07/17 マリズ]
[07/17 陸太太]
アンケート
総アクセス数
みどりの自己紹介
HN:
みどり
性別:
女性
職業:
書道展を主催等
趣味:
書道
自己紹介:
業務連絡

14日10時半
15日10時
21日10時半
22日10時

<ペン字>
16日 10時半、13時
ブログ内検索
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アクセス解析
バーコード
Copyright(c) みどりの果敢な北京生活(忍者版) All Rights Reserved.
* material by *MARIA   * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]