忍者ブログ
18日。最高気温6度、最低気温−7度。おとといからパソコンで私のブログのトップページが開けない。携帯なら開けて、パソコンの管理ページは開ける。だからコメント返しはしてあるよ。たぶん見にくい。
アンケート
最新コメント
[01/17 こっそり]
[01/17 wanko]
[01/16 みどり但是‘你有男朋友吗?’、‘你什么时候结婚吗?’]
[01/15 双龙妈妈]
[01/15 ペン字修行中]
[01/15 ペン字修行中]
[01/15 jojo]
[01/15 jojo]
[01/15 sumari]
[01/15 淳子]
[01/15 マリズ]
[01/15 みどり如果,我没说的话每天都没有改变,还是平常的日常]
[01/15 みどり所以,一直想一想]
[01/15 陸太太]
[01/15 ミツエ]
総アクセス数
みどりの自己紹介
HN:
みどり
性別:
女性
職業:
書道展を主催等
趣味:
書道
自己紹介:
業務連絡
14日9時10時
16日10時
19日10時
20日10時
21日9時10時
<ペン字>
亮馬橋 言几又 1月12日10時

<書き初め>
建外SOHO shala 1月6日午後
ブログ内検索
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
アクセス解析
バーコード
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7

銀狐洞でたくさん歩く

盧溝橋を歩いた後、徒歩で抗日記念館へ行き、そこからすぐのレストラン「李记小吃店(大众点评」で昼食をとった。

牛肉拉面(小碗)12元+京东肉饼24元。肉饼は四人で一枚だったので、一人18元也。ラーメンは大碗が13元だから、たくさん食べる人は大きいほうが頼んだほうがお得。麺もスープも味はすごくいいけど、しょっぱい。

店に着いたのが13時だったが、並んでいたくらいの人気店だった。隣が肉屋で(同じ経営)、牛肉羊肉を売っていた。

食後さらに西へ1時間くらい車を走らせて、銀狐洞へ。私は以前「石花洞」へ行ったことがあった。うちの子がまだ小学生で、ダンナが運転して行った。それは北京で行く初めての洞窟だった。中は赤、青、緑、黄色、けばけばしい電気に照らされて、「侘び寂び学べよ」と心で無駄に叫んだのも懐かしい。

その石花洞から直線距離では1キロくらい(道のりはその7倍くらいかな)のところに「銀狐洞」がある。実質隣りだよね。ってことは、掘ればまだまだ空洞が見つかるんじゃないの?

銀狐洞は入場料が65元。


ここでチケットを見せて入るのだが、着いたのが13時38分だった。洞窟は勝手に歩いてはダメで、ガイドに付いていくのだが、時間が決まっていて、次は14時だという。


ええ?20分も外??気温は0度くらいだった。凍死するぞ、ごるあ!この入口の両脇に小部屋があって、切符を切るおじさんほか数名が向かって左の部屋にいる。「あっち(右)の部屋の中で待っていなさい」と言うが、そっちはおばちゃん連中がだべっていて、密度上それ以上入れない。

休日でも週末でもない。寒いし、ほかの客は一人もいない。おばちゃん達は観光客でなく、そこの人だった。職員多すぎるだろ!おじさんに「早く入れてくれ」と言っても、「ガイドの時間が決まっている」とぬかされる。

そのあたりをウロウロして、おばちゃんの小部屋には入らなかった(物理的に無理だったし)。時間になって、その部屋から出てきた人がガイドだった。おばちゃんって言いたいけど、アタシより若いんだろうなあ。

鍵を開けて、電気をつけて、おばちゃんだけ懐中電灯を持っていて、足元を照らしてくれたり、「頭ぶつからないように」と言ってくれる。

恐ろしいのは初めにどんどん下ったこと。どんどんどんどん。これだけ下がるってことは、最後はそれだけ上がるんだよね?











かなり歩いて、船着き場に着く。これ↓は港を離れたところ。


前後二列で二人ずつ座るだけの小さい船。私は後ろに座っていて、これは↑後ろむきに撮ったんだが、頭がぶつかりそうで常に注意していた感じ。

船頭が頭上の綱をたぐって前進。

 

前の二人に「こっち向いて。写真撮るから」って言いたかったけど、その余裕もないくらいの「頭気をつけてー」、「かがんでー」の繰り返しだった。

 

石にはそれぞれ無理やり名前が付いている。

目玉はこれ!洞の名前にまでなっている「銀狐」。


急激に上がると、そこからかなり長いこと平らなところを歩く。そこには石炭を運ぶレールが敷かれていて、小さい汽車(?)がある。現在は使用されていないが、写真は中国人のブログへ(下の方の緑色の)。



最後、上がっても上がっても、上がり終わらず、上がって上がった。足腰弱い人、老人、小さい子(歩くのが嫌になって親がおぶるのも大変だから)は無理だと思う。私たちは友人4人だけだったから、ガイドに「休む?」って聞かれたときは休めたが、これが知らない人と一緒の場合は、待たせるのも悪いからね。

石花洞のことを全然覚えていないんだけど(ヤフーブログに書いてあるはずだが開けないし)、歩くのを非常にめんどくさがる息子が文句を言った覚えがない。だからキツくなかったんだと思う。銀狐洞は覚悟したほうがいい。

<完>

拍手[2回]

PR

我輩は故宮院長のファンである

私のファンはいるけどね。私がファンなのは、、、今は故宮の院長くらいかな。だって、他に思いつかない。

11月14日の記事で院長がしゃべっている動画を紹介した(ココ)。もっと前の動画を貼っておく。故宮にある9千余の部屋すべてに入ったのは二人で、そのうちの一人が現院長の单霁翔。

1. 故宫院长单霁翔走完9千多房间


ここで↑言っているが、地図を見ながら、5カ月をかけて故宮の9千余の部屋をまわり、今後どのように修復、公開するかを検討したという。

2. 萌萌哒故宫博物院院长单霁翔上海交大演讲圈粉无数!

私が院長をいいと思うのは、まず「よく働いている」。そして「面白い」。真面目な顔して冗談を言う。ものすごくとぼけている。まさにこの↑記事のタイトルにある「萌萌哒」。この上海交通大学の講演の方もネットで探せなかったが、拝聴したい。

135分しゃべって、水を一口も飲まなかった。おいおい、北京人でしょ!聞いている方は笑いが絶えず、拍手は50回以上。とても楽しそうだ。誰かの3時間半はあくびが出たよね。

以下、院長以外の故宮ネタ。

3. 我在故宫偷文物 《我在故宫修文物》というドキュメンタリーがあり、その第二部を撮っている最中らしいが、それならば「我在故宫偷文物」があってもいいんじゃないかという冗談だ。

1959年から2011年の間に7回泥棒が入っている。↑この記事読むといい。一つだけコピーすると。

1962年4月16日夜。36岁的孙国范潜入珍宝馆的养性殿。那一夜,孙国范先是藏在珍宝馆大门外厕所后边的阴暗夹道里,天黑无人后,他登着珍宝馆墙下的脚手架,翻进了珍宝馆院子,钻进养性殿,打碎展柜的玻璃,拿出了金碟金碗,接着,又撬开了一个展柜,把里边的两颗大金印也装进了背包,背在身上,原路返回。
孙国范自以为干得神不知鬼不觉,其实,他一进入养性殿,警报器就把消息报告给了故宫保卫处值班室,保卫处一面派人跟踪搜索,一面向派出所、公安局及警卫部队报了警。当他爬上墙头的时候,墙那边有200多名警察正在等着他。
1962年10月,孙国范被判死刑。


金の皿やお碗、金印(どんだけ金好き?)を盗んで壁をよじ登って帰ろうとした時に、すでに警報器で知らされた200人の警察が待っていた。死刑になっちゃうんだね。っつーか、度胸がある。そもそも成功すると思うのが愚かだ。でも200人は多すぎるんじゃないか?

4. 根据故宫博物院展览计划安排,文华殿展厅将暂行关闭进行提升改造,位于文华殿内的陶瓷馆展览将展出至2017年12月17日,自12月18日起停止对外开放。

文华殿
陶瓷馆は12月17日までで、その後は対外開放停止。文华殿は来年は書画館になるからその準備か??

以上。

拍手[3回]

盧溝橋+抗日記念館

うちを9時半出発。運転していただいて女四人旅。10時には着いた。渋滞なければ30分で着くと知る。

入口。20元を払って、ここから入る。







獅子がね。ほとんど綺麗な形を成しているんだけど、右上のように顔の形がほぼわからないのもあり、新しくしたのが多いんだと察する。



写真はあっちに大きくたくさん載せた。


敷地内に露天のお土産屋(小さい獅子が対で売っている。10元から)があり、晓月轩は室内。日本語で「書画の販売 品がよくて値段が安いです」と書いてあった。引き寄せられるように入って行ったが、何十年も売れてないような掛け軸がかかっていたりして、買うようなものはなかった。

盧溝橋の入口(チケット売り場)の向かいに城壁がある。


宛平城…明代の崇禎年間に橋頭堡として築かれたのが始まり。城門は2カ所で、城壁の外側に見張り用の窓、その下部に射撃用の穴などが施されている。1937年に発生した蘆溝橋事件の影響でかなりの破壊を受けたが、1984年に改めて城壁、城楼、城郭が再建され現在の姿となった。
感動中国より←こんなサイトあるんだね。「ガイドブックはもういりません」と豪語しているが、私レベルの人間には物足りない)

そこを通って、徒歩3分で中国人民抗日战争纪念馆へ。パスポートを見せて、チケットをもらう(無料)。

 
正面にドドーンと刻まれた1937.7.7。中国で教育を受けていれば、7月7日は忘れない。

中は広い。

博物館もデカけりゃ靴もデカい。靴の上に履くのかと思ったほどだ。

勉強家の皆さんと一緒だったので、ちゃんと読んで、知らないと調べる。
东北抗日联军穿过的靰鞡鞋
靰[wù]鞡鞋……用厚厚的牛皮缝制的一种鞋子,具有良好的保暖效果。


私はついつい「昔の人は字が上手だった」ということに目が向いてしまう。






周恩来の「中共中央为公布国共合作宣言」。








日本軍の残虐な行為のところは写真を撮れなかった。心情的に。

だいたい見終わるところで、ちょうど解説員がいて、大勢の人が囲んで聞いていた。それが「靖国神社に祀られている戦犯」の写真のところだった。ここで日本語を話そうもんなら、質問攻めにあったりすると思い、友人と見ていたが、口はしっかり閉じて緊張していた私だが、解説員が話しているのを聞いて非常に意外に思った。

「戦争は国がやったことで、この人たちは個人だというのが日本の考え方だ」というようなことを言っていたのだ。「死んだら罪を問わない」とまでは言わなかったけど、そのあと「仏教がどうのこうの」と言った。ちゃんと聞き取れなかったけど、はっきり耳にしたのは「我们应该宽容」。単語では「宽待」とも言った。

誰の指導??それでなくても記念館の名前が「抗日」で、参観者は憎々しげに見ているところへ、もし解説員がさらに煽るようなことを言ったら、「日本め!」という気持ちが残ったまま退館することになる。でも、「寛容でいなければ」なんて言われたら、気持ちは違う。

私も先入観が強すぎるから、覚悟して観たんだが、ああそうきたかと感動すらした一幕だった。


官网には日本語もある。割と近くまで地下鉄14号線が通っているのだが、14号線は東段終点の北京南站から、西段まで全部繋がっていないので、朝陽区からだと乗り換えを何回かしないとたどり着けないだろう。

このあと行った「銀狐洞」にいつか続く。

拍手[4回]

久しぶりに夜外にいた:福叁cafe

<昨日より続く>

私はコーヒーを飲もうと思って、一人で福叁cafe(大众点评へ。



平屋の梁(はり)はみんなこうだよなあ。一番初めに住んだアトリエと同じだと思い出した。画家村のレストランへ言っても、いつも思う。北京の平屋はこう作るのかと。


美式咖啡25元。

今、ネットで見たら、「污咖啡」という妙なネーミングのアイスコーヒーがあった。

話は逸れるが、このすぐ南(杨梅竹斜街)にSoloist Coffeeがあって、行ったことがある。ブログで記事にしたことあるけど、執拗なこだわりがレシートに書いてある。



请称呼我们咖啡师」(服务员なんて呼ぶんじゃない!バリスタ様なんだから

本店饮品均已考虑到甜度和口感平衡---不供糖」(砂糖入れるお子ちゃまは来なくていい

以上のように自信満々。私はミルクも砂糖も絶対必要だし、人によってコーヒーの好みはまちまちなのだから、用意するべきだ。砂糖を出さないカフェって日本にあるの?北京で経験したのはあと一店。1年前オープンした時行った、四葉グループ「万葉」ではっきり「砂糖を入れなくても美味しいので」と中国人服務員に言われた。「驕れる者久しからず」という平家物語の一文をぼやきたい。

まあ、それを差し引いても、Soloist Coffeeのコーヒーは普通だった。日本人の友人も「味、普通」。同じことを言った。家で淹れてもコーヒーは美味しいよね。

でも、おととい飲んだ福叁cafeのコーヒーは美味かった。いやいや、砂糖入れたからじゃないよ。私の好みの問題かもれないが。ケーキ頼まなかったけど、美味しそうだった。

この店、こじんまりしている。満席。私は一人だったから、相席になったくらい。客がとても静かで良かった。

この日は風も強く、空気質量指数も低かった。外に出たら、空は水色から深い紺青色に変わっていた。ぼんやりしていた私の心は、冷気も手伝い、瞬時に醒めた。


そして、バスで帰ったとさ。

<完>

拍手[3回]

またまたまたまた琉璃廠から前門へ

北京大学の日本語学科の授業へ行った時、「琉璃厂へ行きたい」という学生がいて、昨日三人を案内した。なぜ琉璃厂なのか聞いたら、「魯迅の授業で、魯迅がよく行っていたというので、どんなところが見てみたかった」と。

地下鉄「虎坊桥」駅で待ち合わせ。いつものようにバス通りを通らず、胡同を北上。

晋江会馆


林海音の故居だと知ると、みな敏感に反応し、中には入れないので外だけ写真を撮る。林海音は中国人なら絶対読んでいる(課題図書になるから)《城南旧事》の作者。うちにも本ある。私も名作は原文で読んでみたいけど、いかんせん長いからなあ。

すぐ北に永兴庵

昔はここにお寺があり、その前後に新聞の発行所があった。

さらに北上して突き当たると、琉璃厂。三人は琉璃厂初めてだったので、絶対連れて行くべき荣宝斋へ。 

二階の画廊で「吴昌硕/齐白石」展を開催していた。最終日。タダで本物を見られて、満足。




(撮影:王さん)

写真かっ!とツッコみたくなるようなトンボの細かさ。これを工笔という。葉っぱの部分は写意という。 



ここを出て、東へ。琉璃厂の一番東を南に曲がると、すぐ突き当たり、そこから東は全長20メートル、北京で一番短い胡同と言われている一尺大街





杨梅竹斜街に出る。引き続き東へ。ここはぼちぼちショップ、飲食店が増えていて、南锣鼓巷みたいになるんじゃないかと言われていたが、店の増加速度が非常に遅くていい。そして、南锣鼓巷はどの店も同じようなものを売っていて特色が見られないが、このあたりの店は「ここにしかない」物が売っているのがいい。

外には英語でbeijing postcardと書いてあって、それが店名なのかな。北京関係のハガキ、ハンコ、ジグソーパズル、バッグ、枕が売っていた。




何がびっくりって店員がいないこと。支払いは微信。監視カメラは付いているんだろうけど(未確認)、黙って持って行っちゃう人、いないんだろうか。

この店は不思議な空間だった。同性愛をテーマにした日本の本とか、「それ、宜しいんですか?」ってな内容の日本の物が売っていた。


剪纸地图と入口に書いてあったが、世界各国の主要都市の道の切り絵と木製コースターが売っている。珍しいし、センスもすごくいい。コースターは北京1個、東京1個を買おうかちょっと迷ったが、1個40元という値段を見てやめた。


警察と書いてある自転車。本当に警察が使っていないのなら、まずい。

こんなに横に細長いカゴ、珍しい。

大栅栏,前门大街へ。そしてまたまた北京坊へ。ここに本屋、PAGE ONEができた。来年できるMUJIホテルの並び。




ここで解散。彼女達は地下鉄に乗るというので、前门はここだよと教えて、バイバイ。

「一人でコーヒー」に続く。

拍手[1回]

粮食店第十旅館+湖北料理店+北京坊


 
 久しく営業していない粮食店第十旅館。 地下鉄「珠市口」駅からすぐで、グッドロケーションなのにとずっと思っていた。鍵がかかっているし、中は入れないけど、覗き口があって、このように中が見えていた。

  
6月に通った時は中に工人がいて、建設中のようだった。9月に通った時は(上の写真)誰もいなくて、以前と変わらず。

但し、建物上部にガラスが張られていているのを発見。稼働が見えてきた。でも、グレーのレンガとはとても不釣り合いだ。ルーブル美術館入口となっているガラスのピラミッドのような(どーなの?この例え)。









今日は覗けないように白い紙が貼ってあった。紙ってどうなのよ。この赤い入口の両脇は今は真っ白になっているが、3年前は「毛主席万岁」等と書いてあった。写真はここへ→老北京的回忆

私とまったく関係ない旅館なのだけど、通るたびに、建設の進捗状況が気になってしまう。

そして今日また行った。この旅館の延長線上にある、北京一狭い胡同。写真はもう貼らないよ。

今日のスタートは琉璃厂。筆やら書道用品を買って、お昼ご飯。昨日ネットで調べたとき、八大楼のうちの一つ、泰丰楼に行きたいと思った。でも口コミがよくない。それでも、八大楼のレストランはぼちぼち行ってみたいので、いつか誰か行かない?

そして口コミがいい静一餐厅(大众点评へ行ってみた。琉璃厂の一番東にレストランができたなんて嬉しい。





白花菜炒饭,茄子豆角,糍粑,鱼籽烧豆腐,腊肉炒蒜苗。4人129元。夏にオープンしたらしい。初めて行ったが、美味じゃった。

そこから前門方面に向かう。いつも杨梅竹斜街を通るのだが、炭儿胡同を通った。カフェがあるので見てみたかった。

生活室咖啡(大众点评

外はなんでもないが、中はオシャレにできていた。

福叁Cafe(大众点评


前門に初めて行くというニッポン女子を「ここが前門だ!」といろいろ見せて、最後は北京坊へ行って、コーヒーを飲んだ。








VOYAGE COFFEE(北京坊店) (大众点评)。美式咖啡28元。席が広々としているのがよかった。

この北京坊にMUJI ホテルができる。→「MUJI HOTEL」深圳18年1月、北京3月、银座19年春开业。

中国两家 「MUJI HOTEL」开业时间确定
MUJI 要在北京开酒店了 
私はユニクロの服は買わないが、MUJIのは買う。ホテルかあ。MUJIが好きな中国人は多いからなあ。流行るか??

今日は15000歩歩いた。新しい店でご飯食べて、行ったことないカフェでコーヒー飲んで、満足満足。一緒に散歩に行く人、募集中。



おまけ:MUJI 関連ニュース。
据说比MUJI还火的日本百货铺,竟然是国产十元店 MUJI より流行っている10元均一の店。メイソウについて中国語で。

拍手[4回]

建国門にある中国海関博物館

まずは大至急の質問(by中国人)。東京に洋服の問屋はありますか?私は知らないなあ。

さて本題。北京の主だった博物館はほとんど行っていて、行っていないのは交通が不便な郊外の博物館くらいだと思っていた。ところが見つけた。こんなアクセスのいい、市の中心に!

中国海关博物馆は地下鉄「建国門」駅C口を出て徒歩3分。


これが正面入口だが、写真には写っていない左手の入口に受付があって、パスポートを見せてチケットをもらう(無料)。出てきて、この写真の建物から入る。

二階から見学するようになっている。エスカレーターを上がると歴史の展示が始まる。


いきなり書道愛好家が喜びそうな文物。
鄂君启节は戦国時代の水陸運輸の免税通行証。複製品だが、本物は国家博物館にあるはず。木簡もあったが、それも複製品だった。


「關」。日本語でも関所って言うもんね。

李鴻章による筆。







日本人の名前があると、ドキっとする。そういう時代だ。













以下、違法物品没収の巻。



隠す。隠す。いろんなところに隠す。でも、バレる。











以上は予想もできるし、ビックリしないが、以下は目がギョッとなった。なぜなら











デカすぎる!!実物大!!(当たり前か)死んでるの、わかっていても怖いわ。参観者がいなくて貸切状態だし。

くまさん、とらさんに会いたい人は中国海関博物館へレッツゴー。詳細は官网へ。

拍手[1回]

故宮の院長やー、院長

故宮の院長の動画二つ。中国語の勉強にどーぞ。

1. 故宫前,请总统下车!故宫院长讲述“阻挡外宾车队事件”

北京故宫博物院院长单霁翔讲述,2013年4月26日,时任法国总统奥朗德携女友参观故宫,单霁翔关闭午门,禁止总统车队进入。最终,总统在故宫午门前下车步行进入……自此,外宾参观故宫均在午门外下车!


大統領が来ようとも、故宮は車乗り入れ禁止でーす。

2. 故宫“掌门人”教你如何面对领导视察

こんな動画流しちゃっていいのかな。本人はいたって真面目なんだけど、方清平に見えるわ。漫談聞いてるみたいな感じ。

これ見て思い出した。20年前にある駐在員の奥さんが言った。「本社から北京の生活がどうか見に来るので、なるべく『不便です』感を出すようにしている」と。そうすると手当が増える。確かに20年前は買い物も不便だったけど。

3. 故宮の石鼓館が閉館している。どこかに引っ越したかと私に問い合わせがあったのだが、開いていると中国人が教えてくれた。

宁寿宫ということは引っ越ししていない??

故宫博物院东华门古建馆自2017年11月14日至12月10日暂停开放。

4. 「夏宫的刘阳」というアカウントの中国人がレゴで円明園を作った。





全球第一个拿乐高玩具制作出来的圆明园大水法、观水法和远瀛观!全都是买的乐高散构件,一件一件拼出来的。他们正在做海晏堂。今天请我去看了看,很棒!

5.

 
天津图书馆在日推上引起热议,岛国网友直呼“太美了!!” ​​​​
 こんな斬新な図書館、北京にもないんじゃ??

6. 首都博物馆
#双十一# 不想血拼购物的小伙伴可以看这里,今夜小编要隆重介绍首博的脱单 大趴——“博物馆约会夜”。由团中央网络影视中心联合首都博物馆等多家单位共同举办的此次活动,吸引了80位单身青年。走进博物馆,牵手在今夜,活动不仅拓展了青年交友平台,还为他们提供获取新知、了解历史的好机会。






独身の日に首都博物館がお見合いパーティー。

以上、日本では開けない動画があるかもしれない。

拍手[2回]



忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne