忍者ブログ
アタシ幸せ!と思っていればいいin北京

  北京日本文化センターの図書室で島田洋七の『佐賀のがばいばあちゃん』を借りた。初めて読んだわ。娘は中国語訳でとっくに読んでいる。「うちのおばあちゃんみたいだよね」と娘に言うと、「いや、性質が違う」。そうか。ちゃんと違いがわかってるのか?いや、え?私は違いがわからないけど?


 


 こんな記述がある。「幸せは、お金が 決めるものじゃない。 自分自身の、心のあり方で決めるんだ」。


 


 これを読んで、アタシが筆で書いたことと同じような内容なので、アタシの方が「パクリ」だと思われたら心外だなと思って、はっきり表明しておくわ。


 


 世の中みんな要求が高い。だから「自分は不幸だ」なんて思っている人が多い。基準が高いと大変だわよ。低くていいのよという意味で書いた。


 


 



 あと、綺麗事は言ってもしょーがないと思っている。「無欲=美徳」みたいなの許せない。「今に見てろ あいだみつを」で始まるファイルを見たい人はshalaへ。

拍手[6回]

PR
【2014/07/01 18:45 】 | 書道 | 有り難いご意見(0)
<<篆刻練習用の石をここで買うin北京 | ホーム | 街頭で配るのはティッシュじゃなくて+証明写真+バルーンクイズの値段の答えin北京>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]