忍者ブログ
北京籍の子どもが入る保険

某所で北京戸籍の子どもが入る保険について話題になって、才女が答えたのをここにコピーする(本人に許可済み)。彼女は私より年下だし、北京滞在歴も私より短いが、私は困ったことがあると相談するし、質問もする。で、以下、彼女の回答。



 医療保険は幼稚園から北京市の「一老一小医療保険」に加入しています。一老一小医療保険(中国語):
http://baike.baidu.com/view/4414993.htm ものすごく簡単に要約しますと、2007年から始まった制度で、個人負担は子供の場合、年間50元、年間累計650元以上医療費を利用したら、それ以降は70%が保険でまかなわれ、30%は個人負担となります。つまり年間の累計医療費が650元以下の場合は100%個人負担という仕組みです。手続には戸口本(戸籍謄本)の戸主のページとお子さん本人のページが必要となりますので、外国籍の子供はこの保険の対象外となり、手続することができません。この保険に加入すると保険カードが発行され、毎回診察のたびに携帯し、保険負担分が生じた場合、精算時にそのまま差し引かれます。



 それとは別に学校ごとに「意外傷害保険(傷害保険)」の任意加入を勧めています。これがみどりさんのおっしゃっていた「平安保険」のですね。これは傷害保険ですので、学校生活で突発的に起こった怪我や病気に対応しているいわゆる掛け捨ての保険です。ちなみに商業保険では「医療保険」はありません。入院に対応する保険や傷害保険、大病保険などはありますが、いずれも日常的な診察料等は対象外となります。商業保険は当然ながら外国人でも加入が可能です。


 


 ブログ:のどか&よしあきの観察日記 IN 北京


 


 

拍手[3回]

PR
【2013/12/13 09:53 】 | 小学校 | 有り難いご意見(0)
<<中国語の流行語大賞2013 | ホーム | 短信で先生に怒られた件in北京>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]