忍者ブログ
23日。最高気温38度。最低気温26度。空気質量指数155。
| Admin | Write | Res |
最新コメント
[06/23 みどり考虑一下将来吧(将来のことを考えろ)]
[06/22 マリズ]
[06/22 caomeidangao]
[06/21 みどり莎士比亚(シェークスピア)]
[06/20 淳子]
[06/20 sumari]
[06/19 みどり(まだ最悪の状態ではない)]
[06/19 みどり肯定还不是最坏的状态]
[06/17 wanko]
[06/16 みどり(「今が最悪の状態」と言える間は)]
[06/13 みどり会说“现在是最坏的状态”时]
[06/13 sumari ]
[06/12 みどり英国政治家(イギリスの政治家)]
[06/12 sumari ]
[06/12 功夫man]
アンケート
総アクセス数
みどりの自己紹介
HN:
みどり
性別:
女性
職業:
書道展を主催等
趣味:
書道
自己紹介:
業務連絡

23日10時半
24日10時
26日10時
28日10時
29日14時

<ペン字/篆刻>
亮馬橋 言几又 25日10時,13時
ブログ内検索
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
16
17
24 25 26 27 28 29 30
アクセス解析
バーコード

 息子の希望は小学生のときから、「パパが出た中央美術学院に入って、将来は漫画家になる。あ、パパみたいな画家はイヤなの」。中国の美大では最高学府である中央美術学院を出て、漫画家になったという人を一人も知らないのだが、彼の理想図は「絵が上手になって、漫画家になりたいけど、ダメならコックさん」。どーゆー思考回路?


 


 家にタダで優秀な先生がいるんだから、小学生のときから、じいさんもばあさんも私も「パパに絵を習え」と言ってきた。これまでの人生で全2回はデッサンしたかな。でも、親だとダメなのよね。持続しない。それで「いつか」と言っていたが、今年に入ってダンナが具体的に「美大予備校に行かせよう」と言い始めた。それで、この夏初めて行ってみた。


 


 中央美術学院の周辺にはたくさん美大予備校があって、ダンナの同級生が開講しているクラスに行くことになった。絵を描く道具を準備して、7月半ば家族四人で行ってみた。


 


 事務の先生が「え?通う?近いの?夜10時まで授業だけど、通える?」。うちから学校まですごく遠い。朝は8時半から授業。で、急遽お泊りが決定。着替え、タオル、洗面用具、何も持ってない。事務の先生の「歯ブラシなんかは代わりに買ってあげるよ」などと言う言葉に甘え、その日から合宿開始。


 


 息子を学校にぶちこんで、ダンナはアトリエに帰り、私と娘は市内の自宅に戻る。娘と二人だとありえないくらい静か。はっきり言って寂しい。

 この学校、中一が一番小さくで、高三が多く、浪人生もいる。息子にしたら年がずいぶん上の子も一緒の部屋だし、いじめられないかと心配してしまう。翌日、私、着替えを届けに行ったんだけど、昼食中で会わせてもらえなかった。携帯は持たせたけど、だいたいオフにしているし、毎日どのように過ごしているのか、かなり心配しつつ、月曜日から金曜日、五日間が過ぎた。


 


 地方の子が多く、土日もそこにいる。つまり夏休み中ずっとその学校にいる。息子はいてもよかったんだけど、学校の宿題が終わらないと困るから、土日は家に帰すことにした。


 


 金曜日に迎えに行って……。


私:いじめられたりしてないよね?


息子:ママ、ここは日本じゃないんだよ


私:食事は中華ばっかりでしょう。味どうなの?


息子:それがねえ。美味しいの!


私:宿題やった?


息子:少しやった


 


私:周が日本人だって知ってるの?


息子:“你是哪儿的?”って聞かれたから、“混血”って答えた


私:それで?


息子:そしたら、初音ミクが好きな子がいるの。あと秋葉原とか知ってるんだよ


 


 夜の授業が10時まで。それからすぐ寝るのかと思えば、カップラーメンを食べたり、「三国杀」というカードゲームで遊んだり、部屋の子と楽しく過ごして、毎日12時就寝。8時起床だから、まあいっか。いや、晩ご飯はちゃんと食べてるのに、そんな遅い時間にカップラーメンはやめてほしいな。


 


 息子はこの学校へ8月下旬まで行ったが、その間2週間日本へ行った。日本で「室友(ルームメイト)にお土産を買いたい」と言ったのを聞いて、ああ同じ部屋の子とは仲よくやっているんだなと安心した。


 


 あ、室友の「エロ本買ってきて」というリクエストには応えなかったけど。


 


<続く>

拍手[14回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Font-Color
Mail
URL
Comment
Pass
え?
エロ本くらいいいじゃないですか。
日本のエロ本はレベルが高いし、きれいな製本だし。熟女系がオススメです…


ごめんなさい。つい…
周吾くんはまだ中学生でしたね。
コンビニで売っているエロ本で我慢しましょう。
功夫man 2013/09/16(Mon)22:26:01 編集
その昔私も頼まれたことあります
20年ほど前の話ですが、アメリカの語学学校にいた台湾人に言われました。「日本のアダルトってすごいよね。今度買ってきて」って。私、20代女子でしたよ?彼によるとその頃の台湾ものは熟女系(今の熟女とは別物の老け専?)しかないのに日本はすごいって。
その頃スッチーしてた妹によると、北京に到着すると週刊ポストなんかは隠さないと掃除の人民に盗まれるって言ってました。今はみなさんネットで?
Ms.てびち 2013/09/16(Mon)23:32:40 編集
その昔。
うちの旦那は、中学生か高校生の頃に、自宅のパソコンでエロサイトを見て、後で莫大な額の請求が来たそうです。友達ともども並べられて、父親から大目玉をくらったそうですよ。
台風凄かったヒロコ 2013/09/17(Tue)16:55:25 編集
その昔。
同期の友達が一時帰国して北京に戻った時、スーツケースの中にそのような本を3冊しのばせていた。
案の定、「荷物を開けろ」といわれ2冊は没収されたが、なんとお役人さんは、にやにやしながら1冊をそっと返してくれたという。
「粋な計らいじゃないか」と彼はとても嬉しそうであった。
「折角だから見せてよ」と言ってみたが、見せてくれなかった。
秋の花粉症も始まった?ユキヤマ 2013/09/17(Tue)18:39:08 編集
なんだこの盛り上がりは!
功夫man氏、うちはまだゲームしてるほうが楽しい。女子に興味なし(だってクラスの女子、怖いし)。男子と遊ぶのが楽しいレベルです。この手の本、空港で見つかるのがイヤだから、普通は持ち込まないと思うけど。

てびち嬢、私が留学してた頃、私は持っていましたが(本帰国する人が置いていった)、韓国人が「はっきり言って反日感情はあるけど、この手の本はイイ」って、言われたアルヨ。そんで、最終的には貸して、返してもらえなかった。

ヒロコ、今でこそ無料でいろいろあるけど、昔は有料じゃないと充実していなかっただろうし。

ユキヤマ嬢、93年頃、路上で(だったかな?)音楽のCDが売っていて、それは空港で没収されたものだった。外から数センチは刃物で切られていて、でも一部の切られていない分だけ聴けた――って、知ってるはずだ。
みどり废柴(ダメ人間) 2013/09/18(Wed)10:40:06 編集
思い出した事
昔だけど、そういったDVDを買ってきてと言われ(旦那ってより、映像関係の会社だから同僚の希望)、弟に頼んでブックオフで適当に数枚選んでもらって、こっそり持ち込んだ。

そういえば、よく道端で赤ちゃんを抱いたいかにも外地人の女性がその手のDVDを売っていて、交渉成立と成ると、なんとセーターの下から物を出してきた。
なんで、あんな小さな子が居る人が売ってるのかと旦那に聞いたら、あれを捕まえると漏れなく子供までついてくるので警察も面倒だから、なかなか捕まえない。わざとだろう・・・・って。

ちなみに、そうった物は、プリントはエロっぽいのが貼ってあるけど、中身は見られなかったりでした。5枚買って1枚もヒットなしってのもあったらしいよ。
マリズinベイジン 2013/09/18(Wed)11:04:16 編集
無題
うちの大仏も厳しいお国で育ったので、親父なのに反応が日本の中学生並みで妙に初々しい。

昔上海のDVD屋で奴が「有没有刺激的?」って聞いたら、売り子が武侠片出してきてました(笑)。

学生時代、マドンナの写真集が話題になって、友人男子達が卒業旅行で皆持ち込もうとしたけど、背中が四角いので軒並み日本税関で没収されていたとか思い出しちゃいました。
wanko@カーナビは福建語を話してる 2013/09/18(Wed)16:23:35 編集
エロネタスキカ
マリズさん、持ち込むなんて勇気ありますね。私はしないな。あ、思い出した。日本人男が日本から旅行に来て、そういうの期待してVCD買った(マリズさん、DVDってことは最近の話ですね)。10年以上前のことだけど、中はエロではなかった。ちっ、と。買うとき中味を確認できないもんね。

wankoさん、そりゃお育ちになった国で、ご本人の「德行」(これ中国語)も違うかと。刺激といって、オカルトだとしても違うよね。刺激的だが。
みどり走失刑警(はぐれ刑事) 2013/09/22(Sun)11:18:04 編集
phot by Art-Flash * icon by ひまわりの小部屋
designed by Himawari-you忍者ブログ [PR]