忍者ブログ

みどりの果敢な北京生活(忍者版)

夏休みの準備中

ダンナと息子が日本へ行くビザ
この夏、家族四人で一時帰国するべく、まずはダンナと息子のビザを取る。手続きは日本大使館へ行くのだが、書類は何が必要が自分のブログの過去記事から確認しようと思ったが、見つけられなかった。ビザは三年マルチ。三年後にまたここを参考にするのかもしれないので、詳細をしっかり書く。

まず、戸籍謄本が必要で、実母に電話して頼んだ。一週間経っても届かないので、母に確認すると、ナントEMSでなく、普通の航空便で郵送していた。

いやいやいやいや、届かないから!

前回親に頼んで、ビザのために戸籍謄本を送ってもらったのはたぶん6年前だ。3年前は私が一時帰国したときに自分で取りに行った気がする。今回郵送してもらうとき特に言わなかったが、まさか普通に送るとは。

だって、日本からの私への年賀状、4月に届いたんだよ。というか、中国に住む日本人の共通認識、普通郵便届かない。日本から中国へ、中国から日本へ。両方とも。だから、こういう大事なのはEMSじゃなきゃダメ。


しかも、母ったら1978年の貴重〜な切手をお貼りになられた。それ盗まれるよ。消印あったら価値は下がるだろうけど、そんなスンばらしい切手を堂々と貼らなくても!!!!


でも、でも、、、届いた。

溢れる涙が……。

今年はまだ半年しか経ってないが、2018年一番嬉しかったこと、いや、私の人生一番嬉しかったことでもいいわ。普通郵便届くなんて、感動すらした。

必要書類は大使館のHPを参考に。日本人の中国人配偶者に係る短期滞在査証(ビザ)の取り扱い このうち必要提出物だけ以下コピーする。

<ダンナ>
①査証(ビザ)申請書 【写真添付 縦4.5×横4.5cm、背景白、1枚】 
②旅券   
③戸口簿写
④居住証又は暫住証などの居住証明証(管轄地域内に本籍を有しない場合のみ)
⑤数次査証(マルチビザ)希望に係る理由書(数次査証申請の場合のみ提出)
⑥主たる生計維持者(うちの場合はダンナ)の在職証明書等職業を立証する資料
⑦主たる生計維持者の所得証明書等所得を立証する資料

<息子>
①査証(ビザ)申請書 【写真添付 縦4.5×横4.5cm、背景白、1枚】
②日本の戸籍謄本
③中国の出生証明

<私>
①旅券の写し(身分事項の頁、査証の頁、居住証の頁及び出入国印のある頁)
②戸籍謄本(発行から3ヶ月以内、戸籍の筆頭者が日本人配偶者で、書面上申請人との婚姻が確認できるもの)
※ 一次、二次査証の申請の場合は、戸籍謄本の代わりに、中国政府発行の結婚証の公証書を御提出いただいても構いません。

<手数料> 数次査証400元

ダンナだけが申請するのなら、大使館は受け付けず、代理店を通すしかないが、息子だけ、または息子とダンナが一緒だと、受理してくれる。

申請は午前でも午後でもよくて、待って20分くらいで発行してくれた。今後、変更もあるだろうし、申請前に電話して確認したほうがいい。


とりあえずビザ、ゲット。飛行機のチケットはまだとっていないんだけど、もう高いよね。日本国内の旅行も行きたいし、早くしないと!

拍手[6回]

PR

コメント

1. まぁ

20年前に呼び寄せた時は
行程表や保証人の一筆と収入証明など
それはそれはものすごい書類の量だったけど
今はシンプルなんだね。

2. 呼び寄せは大変

呼び寄せは、いまだに所得証明だ在職証明だ、工程表出すのに 、楽だなっと思ってしまいました。
基本中国で生活していると、日本に定着する可能性が低いからかな。

3. お手紙…

テーマが違いますが、中国語 の片田舎で駐在していた時、友人がインドから送ってくれたハガキが半年後に届いたことがありました。
地球一周でもしてきたのか?と。

4. 昔は本当に煩雑だった

淳子さん、日本人が日本にいて、中国にいる中国人配偶者を呼び寄せるのは書類がいろいろ必要で大変なのは今もじゃないかな。結婚して初めてダンナが日本へ行くビザ申請のときは、私は北京にいたが、それでも行程表出したな。今はいらないな。

私、この記事書いてから、あとで「在職証明、収入証明」を追加した。これを出すのは、日本で「逃げないように」でしょう。

マリズさん、定職がない人は残高証明。それを銀行で出してもらったら、一年はおろせない。中国に財産があったら、中国に戻る(日本で逃げない)という判断でしょうね。

功夫man氏、最近は日本の切手を持って来ておいて、一時帰国する人に託しています。そのくらい信用ならない。私が日本に出しても、上海に出しても、着かなかったのがあった。国内も挂号にしないと。
コメントを書く