忍者ブログ
22日。最高気温8度。最低気温-6度。今日アトリエに行く。
アンケート
最新コメント
[11/22 wanko]
[11/22 sumari]
[11/22 sumari ]
[11/21 みどり(京都の町外れの民家で生まれ)]
[11/21 sumari ]
[11/21 みどり出生在京都城外的一个百姓家中]
[11/21 みどり(何ものにも縛られない生き方を見出そうとした)]
[11/21 sumari]
[11/21 wanko]
[11/20 みどり致力于活出一种不被任何事物束缚的人生]
[11/20 caomeidangao]
[11/20 淳子]
[11/20 みどり一休质疑一个一个常识(一休は世の常識を片っ端から疑い)]
[11/18 双龙妈妈]
[11/18 みどり人的价值观也是在迅速改变(人々の価値観が大きく変わりゆく時代)]
総アクセス数
みどりの自己紹介
HN:
みどり
性別:
女性
職業:
書道展を主催等
趣味:
書道
自己紹介:
業務連絡
19日9時10時
21日10時
24日14時
26日9時10時
28日10時
<ペン字>
亮馬橋 言几又 22日10時
建外SOHO shala 土曜午後(不定期)
<琉璃廠>
20日
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
20 23 24 25
26 27 28 29 30
アクセス解析
バーコード
[ 2448 ] [ 2447 ] [ 2446 ] [ 2445 ] [ 2444 ] [ 2443 ] [ 2442 ] [ 2441 ] [ 2440 ] [ 2439 ] [ 2438 ]
法海寺に500年前の壁画がちゃんと残されていると知って、ずっと行きたいと思っていた。

大和撫子三人で待ち合わせて、地下鉄1号線最西端の苹果园で下車。降りると、「八大处へ行くのか」と白タクが声をかけてきて、やかましい。無視し続け、バス停を探す。降りるバス停は「模式口西里」か「首钢小区」か「模式口东里」。どこからも徒歩30分。この三つのどこかへ行くバスは非常に多く、地下鉄出たらすぐバス停があるので、見つけやすい。

近道を行く。何十年もこのままですっぽい商店街。


道路に出たら、北へ行きたいのに、閉鎖されている。オバちゃんがよじのぼって越えるかと思い、向こう側の人にモノを渡すだけだった。無駄足だったが、戻る。


またバス通りに出る。坂だ。北京市内に坂はないので、チト卖力。


「模式口大街」を東へ。「大街」だからもっと広い道路なのかと思ったが、市内でいうところの胡同だ。

途中に「田义墓」がある。田义は宦官で、この中に宦官博物館があるのを知っていた。




中へ入ると工事中。「開いてないよ。7月以降」と言われる。残念~。





宦官だからね。ネットで調べたら、展示がストレートで、ややビビる。写真見たい人は携程のサイトへ。 心臓の弱い人は見ないほうが……。

東へ進む。百度地図にも載っている「模式口早市」。路上で野菜売るなんて、市内ではめっきり減った。


私は、この座っている人が人形か本物か凝視してしまった。動いた。この一帯、商店街のようだが、写真にあるように青いブリキで閉鎖されている。


过街楼遗址。一般的な过街楼はアーチ型で、行き来できる形。中国人のブログへ→「北京的过街楼」。←一枚目の写真が正にここ。これはあっち側に行けないけど、いったいどういう構造?




<続>

拍手[2回]

PR
Comment
Name
Title
Font Color
Mail
URL
Comment
Password

Copyright © みどりの果敢な北京生活(忍者版) All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog 
忍者ブログ [PR]