忍者ブログ
22日。最高気温8度。最低気温-6度。今日アトリエに行く。
アンケート
最新コメント
[11/22 wanko]
[11/22 sumari]
[11/22 sumari ]
[11/21 みどり(京都の町外れの民家で生まれ)]
[11/21 sumari ]
[11/21 みどり出生在京都城外的一个百姓家中]
[11/21 みどり(何ものにも縛られない生き方を見出そうとした)]
[11/21 sumari]
[11/21 wanko]
[11/20 みどり致力于活出一种不被任何事物束缚的人生]
[11/20 caomeidangao]
[11/20 淳子]
[11/20 みどり一休质疑一个一个常识(一休は世の常識を片っ端から疑い)]
[11/18 双龙妈妈]
[11/18 みどり人的价值观也是在迅速改变(人々の価値観が大きく変わりゆく時代)]
総アクセス数
みどりの自己紹介
HN:
みどり
性別:
女性
職業:
書道展を主催等
趣味:
書道
自己紹介:
業務連絡
19日9時10時
21日10時
24日14時
26日9時10時
28日10時
<ペン字>
亮馬橋 言几又 22日10時
建外SOHO shala 土曜午後(不定期)
<琉璃廠>
20日
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
20 23 24 25
26 27 28 29 30
アクセス解析
バーコード
[ 738 ] [ 737 ] [ 736 ] [ 735 ] [ 734 ] [ 733 ] [ 732 ] [ 731 ] [ 730 ] [ 729 ] [ 728 ]
 北京の博物館はだいたい行ったけど、故居って結構行ってないなあ。私、気合いを入れないと、ずっと家にいる。だから、用作ってガンガンでかけないと。

 ・遍地大师:北京名人故居一览(组图)9ページ。ここの写真見たら、行きたくなるな。

北京名人故居一览

曹雪芹
郭守敬

郭沫若故居
迅故居
茅盾故居

庆龄故居
詹天佑

徐悲
鸿纪
老舍故居
毛主席故居
婉容故居
段祺瑞住宅
孚王府
中山行
崇礼大院
寿恩公主府
王府
清末兵部尚
志和住宅
那王府
循郡王府
段祺瑞
政府旧址
王府
欧阳予倩故居

僧忠
王府
王府
庄士敦故居
梁启超故居
和敬公主府
可园
奎俊宅院
荣禄故居
国璋故居
故居
叶圣陶故居
沙千里故居
杜聿明故居
黎元洪故居
秋故居
章士
故居
蔡元培故居
朱启
故居
白石故居
秋故居
李大
故居
王府
郑亲
王府
王府
庆亲
王府
承郡王府
谨亲王府
王府
双合盛老板宅院
恭王府
梁淑溟故居
萧军
故居
故居
故居
之洞故居
恨水故居
棠故居
刘少奇故居
康有
故居
朱彝尊故居
嗣同故居
沈家本故居
自珍故居
荀慧生故居
林白水故居
萍故居
纪晓岚
故居
徐故居
英故居


全部公開しているのかな?行ったら記事にするよ。


拍手[4回]

PR
Comment
Name
Title
Font Color
Mail
URL
Comment
Password
溥杰故居
溥仪故居があるので、溥杰故居はどうなってるのかな?っと調べてみた。
护国寺には北京に居た時は良く行った場所ですが、看板とか無かった気がしたので・・・。
护国寺街52号だそうですが、现在是某单位的办公用房だって・・・。見せてくれればいいのにね。
このリストを見ると、殆ど行ってないし、歩いていても素通りしてるんだろうな。
公開しているかどうかもはっきりしない場所も多いので、情報求む(みどりの代わりにお願いですわ)
マリズin快晴の農村 2013/02/16(Sat)09:12:22 Edit
ぜーんぜん
一般公開されてませんって。わずかに公開されている故居はどこも、新建材でガンガン改造されまくり、かつての面影ナッシングな惨状。価値は無し。

ゆえに、非公開でかつ大雑院化していない故居をこっそり訪ね、甘え声で住民にチラ見の許可を願うのが王道。個人的には、レジナルド・ジョンストン邸、崇禮邸(岡村寧次官邸)、小澤征爾邸が趣き深かったでござる。

愛新覚羅溥潔邸は、内部を参観した多田麻美女史によると、屋敷の結構は当時のままに保たれているとか。

かなすぃ~~のは、最後の皇帝・愛新覚羅溥儀が1967年に死んだときの最後の家。なんとか四合院の正房は残されているものの、西城区のゴミステーションになっとる……。それでも、「文物保護単位 ○○○故居」なーんて化粧直しされるよりリアルな風化のほうが価値あるけどね。
benz770k 2013/02/17(Sun)12:20:01 Edit
溥杰故居
北京で一番訪ねたかった場所です。
マリズさま、benzさま、情報有り難うございます。

溥杰氏の浩(ひろ)夫人の著書「流転の王妃」を10年以上前に読み、それ以来北京は憧れの地でした。

終戦直後、当時の新京(長春)から、夫達とは分かれて逃げ延びる浩夫人の逃避生活の途中、北京に寄った際に訪ねた義父の住まいが釀親王府。ここも訪れたい故居です。

その後戦後の混乱で家族離散となった溥杰氏と浩夫人は、17年後に再会でき北京で穏やかな隠居生活を送ったのが護国寺街の四合院だったと記載されています。長年の離散生活が終わり、夫婦で心穏やかに生活した四合院の庭には沢山の花や木を植えたとの記述があります。

再開発を逃れてまだ残っているうちに、中に入れなくても訪れてみたいです。
ペン字修行中 2013/02/18(Mon)14:19:41 Edit
時間に余裕のあるときブラブラしたい
マリズさん、いつかまた北京に住むようになりますよね?そのときが来たら、北京散策しましょう。

benz氏、このピンクのコメント見た読者から「あの人すごいですね」と電話がきました。「甘え声」で見せてもらえればいいけど、住民にとっては迷惑だからね。化粧直しと思われるのは纪晓岚故居。冬の故宮と同じく40元もとりやがる。纪晓岚のドラマも見ていないけど、いつか入ってみたい。だいたい故宮だって八达岭だって、前门だって、化粧直しされている。それでも行くよね。だから私も行ってみるわ。いろいろ。

ペン字修行中さん、本読んでたら思い入れは違うでしょうね。私は12月に齐白石故居がわからず、多田麻美さんに電話して、「金融街に近いほうは公開していないけど、長く住んでいたほうだから、外から見るだけでもいいでしょう?」と言われました。よくないわ!外、壁だけ。「王子様ここに住んでいらっしゃたのね」っていう気持ちにもなれない。中、見たい!
みどり多余之心(要らぬ心配) 2013/02/22(Fri)09:27:21 Edit

Copyright © みどりの果敢な北京生活(忍者版) All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog 
忍者ブログ [PR]