忍者ブログ
今、安全かin中国
 北京に住んでいるが、日本人に囲まれて生活している日本人から「今、危ないですか?たとえば国内旅行したりするのは?」と聞かれた。北京の日本大使館からのメルマガでも「最近の日中関係の動きに係る注意喚起」が8月に二回来ている。HPから見られるが……。
○公衆の場での言動や態度に注意する。
○日本人どうしで集団で騒ぐ等の目立った刺激的な行為は慎む。
 などなど。

 日本からも「大丈夫なの?」とメールが来るが、たとえば私は今堂々と着物を着て外を歩けないなと思う。

 北京はまだいいかな。南に住む日本人がどこぞで8月に発表していた。「日本客人恕不接待」(日本人客お断り)と表に大きく書いてある中華レストランがあると。北京でそういうこと書くと、店が取り締まられそうだな。

 日本にいる人、どんな報道を日本で見ているのか。
 中国に住んでいる人、外で日本語をしゃべらないようにしている等、緊張感を実際持っているのか。

 コメントください。

拍手[7回]

PR
【2012/09/08 18:23 】 | 北京生活,中国全般 | 有り難いご意見(11)
<<本日教師節、息子と娘とin北京 | ホーム | アナタの苦手な漢字は私は苦手じゃない(4)in北京 >>
有り難いご意見
こちらの報道は。。。
今現在は、島を国が買うって事を11日に発表します!ってニュースが多い。
先日、夜11時過ぎの民放のニュースで、深圳で暮らしている(留学生だったか仕事しているかは忘れた)若い日本人女性を紹介していて、毎日外出時には化粧も衣類も現地人っぽくして、買い物時にも長い会話はせず、ビクビクしながら生活していると言っていました。
正直、本当?っと思ってしまった。南方の状況はそんなに酷いのって?
あのニュースを見たら、とても危険!って思ってしまうけど・・・。
今週末から一時帰国しますが、家の旦那は心配性なので、9・18は外出するな!と今から言われているけど、どうなのかしら?
【2012/09/09 07:53】| | マリズin新米収穫中の農村 #5804baaddf [ 編集 ]


ちょっと真面目なハナシ
日本では、“もう一つの国(半島の下半分)”があまりに酷いので比較優位とはいえ、それでも対中感情の悪化を強く感じます。
これまでは、中国を悪く言うのは“ある種の特別な方々”がメインだった(勿論、ごく普通の人もいました)と思うのですが、最近では、ごく普通の人々が中国に対する反感や嫌悪感、場合によっては敵意を露わにすることが増えているように見えるのです。小生としては、自分が中国と関わりを持つようになって以来、日本人の中国への感情がこれ程悪化しているのは初めてだと考えています。
個人的な感情や思いはさておき、客観的に見れば、やはり《上る中国と沈む日本》という構図が矛盾と対立の背景にあるのだと思いますし、なかなか難しいですよね・・・。
【2012/09/09 16:42】| | 二鍋頭 #9b397b91e6 [ 編集 ]


無題
私は中国大好きだからこそあえて発言したものですが。
日本人のなかで尖閣に上陸した香港活動家(私は人生で初めて香港人の口から「中国」という言葉を耳にしましたが苦笑)は強制帰国で日本人は不法侵入で逮捕(?)かな。されたときに日本人の多くが「不公平だ」と言いました。しかし逆の立場で考えてみてほしいと思いました。つまり中国がある島を巡って他国から人が侵入したのに対しその人を強制帰国、自国民には国内法で処分。これは法治国家としては当たり前の行動ですし長期的な目線でみて国際紛争をさけて冷静に対処した日本は凄いなと思いました。
Twitter内で尖閣が起きたときにいいタイミングで「上海で駐在員スカートを隠し撮りで逮捕」と出てました。日本人は敏感に反応してましたね。。。
【2012/09/10 10:44】| | じゅり #4fa98f4894 [ 編集 ]


専業主婦でも少し緊張感あり
マリズさん、もし外食に出て、日本人お断りなんて貼り紙を見たら、この近くで日本語しゃべるまいって思うでしょう?でも、うちからワンメーター範囲に中国人が経営している(としか思えない)和食屋ができて、行ってみたら、客はほぼ全員中国人で、すっごく繁盛していました。この人たち汉奸かっていうと、そうじゃないしさあ。

ビクビクしながら生活していると人は実際いると思います。でも日本にいる人が「中国に住む日本人が100%そうだ」と思わないでほしいところです。

両国の関係が悪化しているというのは働いていないと感じられません。私、専業主婦。生活に何の変化もありません。悪化が感じられない。でも仕事してたらもろに影響を受けるはず。

さっき「日系车遭中国人抵制」というニュースを見ましたが、「抵制日货」したら、日系企業に勤める中国人が困るじゃないのよ!ってとこまでは考えないんですよね。

うちの配偶者が「過激すぎるのは教養のない人」ってなことを言います。この問題はまだまだ尾を引きますね。

じゅりちゃん、申し訳ないけど、よく意味が理解できない。ちゃんとわかったらコメントします。
【2012/09/10 11:58】| | みどり书是音符,谈话才是歌(契诃夫) #55ffc2b828 [ 編集 ]


聞いた情報です
先日広州に出張した日本人、現地の人に「せんかくはどちらの領土だと思うか?」と聞かれ「マズい質問だなと思いつつも身の安全を優先して思わず『中国じゃないの。。。』と答えてしまいました。」と言ってました。広州はかなり反日感情が高まっている雰囲気だったそうです。

また、別の北京の日本人はお酒が少し入って乗ったタクシーで運転手さんに「日本は好きか?」と聞いてみたら(良い子はまねをしないで下さい。)「はっはっは!」と笑われた後にボソっと「不是!」と答えられたそうな。

香港は1997年の返還前後の頃から日本の終戦記念日とかの節目の近くになると「魚釣台返還」とかのデモをして日本大使館の前で横断幕張って抗議運動してました。なので、今年もやってるって「別になぁ。。。」というのが、私の感想。だって、7万人の住人のうちの100人くらいだよ。表立ってそんなこと言ってるの。ほとんどの香港人(大陸中国人とは別物と思っている人達)は日本大好きですよ。そんな誰も行かないような島より、東京ディズニーランドの方が彼らにとってはよっぽど大事。

「どっちの領土と思うか?」と聞かれたら「なら、君は東京はどっちの領土だと思うか?それと同じくらい当然のことだ!」と、日本人の私は答えるな。そして中国人が「なら北京はこっちの領土なので、我々はそれと同じくらい当然だと思うぞ!」と、返してきたらすかさず「おぉー!そうか!!我々は同じ意見だなぁー!」と、ごまかして笑えばよいのじゃ!

【2012/09/10 12:12】| | ペン字修行中 #9a84b8cac8 [ 編集 ]


無題
地下鉄で日本語の本を読まないようにはしています。
先日は地下鉄の中で日本人とわかっても親切にしてもらいました。
個人的には毎日、中日友好です。
【2012/09/10 20:27】| | jojo #4fcdaf2bb5 [ 編集 ]


無題
大使館が注意喚起を発信した、まさにその週に北京に滞在していた私。私レベルの老百姓が領土をめぐって誰かと口論することもなかろうて。と、極普通に一週間を過ごしました。
逆に、(私が日本人であるがゆえに)もしものことがあったら・・・と、マリズさんの旦那さんのように一抹の不安を感じていたのは、中国人の近しい友人たちでした。

国は、明日にも島の地権者と契約をする、と言っています。
どんな反応が出てくるのでしょう?

この間、うちの中国人の生徒の一人から「ニホンとチュウゴクは戦争になるの?」ときかれ、のけぞってしまいました。
私は、「日本はね、戦争はしないって、ずっと前に決めたんだよ」とおだやかに答えたのに、それでも「危なくない? ダイジョウブかなぁ」というので、(この子たちも少なからず不安を感じているんだ)と思いました。
【2012/09/10 23:34】| | yukiyama #9b3a0311b1 [ 編集 ]


無題
あくまで私個人の感想ですが、南の方が北よりはマシな感じがします。

中国には「北京人愛国、上海人出国、広東人売国」という言葉があるとか。
私は杭州に住んでいますが、こちらの人の対日感情は北京よりはずっとマシだと思います。日本のことが好きか嫌いか、という以前に興味がないという感じです。日本による戦争被害の多くが長江以北に集中していることもあるかも知れませんが。

中国で最も反政府色の強い新聞は広州で発行されていますし、広州は香港が近い分進んでいると思います。広州で反日デモに参加しているような人はほとんどが地方からの出稼ぎではないかと思います。
反日デモの報道を見ていると参加者もせいぜい数十人から数千人。中国版AKBのオーディションに3万人以上が応募していることを考えれば、全然大した数ではないと思います。もちろん気をつけるに越したことはないですが、必要以上に恐がるのもどうかと思います。
【2012/09/12 16:46】| URL | はとぽっぽ #54847dc426 [ 編集 ]


見た情報です
はとぽっぽさまのコメント、興味深く拝読しました。

広州含め広東は、孫文を出した土地でもあるし、昔から外国との交流が盛んで開かれた考えに触れることの多い土地柄というのもあり、香港とのつながり(共通の広東語、親戚友人がまたがって多くいる)などの地域特性も含めて、保守的な北京とは違う雰囲気というのは納得できます。

以前広州に旅行した日本人が「案内の現地人ガイドがえんえんと自国政府の批判を繰り広げた。観光案内より批判の方が長かった。なんでじゃ?」と言っていたのを思い出しました。中国人相手に言うとマズいので外国人に愚痴ったのかと思いましたが、そのガイドは今も同じように思っているのか?

ただ広東省でも、深圳は香港のすぐ隣の大都市ですが、多くの住人は他の地方からの出稼ぎ労働者が占めています。なので、広東省の中にいても昔から代々住む広東人とは異なり、いろんな格差の不満を抱えて怒りの発散対象にぶつけたい人口割合も多いのかもしれません。

広い国なので,一部の報道で取り上げられた人達の行動が全国一様とも言い切れませんよね。場所によって態度もいろいろだと思います。

さて、今日の北京での目撃情報です。

団結湖の中国人経営と思われる日本料理店「三四郎」と「松子」の屋根の看板に中国国旗が突如掲げられていました。昨日は無かったのに。「中国人の店だから攻撃するな」というサインでしょうか。

日本大使館前は昨日の夕方、100人以上が詰めかけ柵の前で抗議の叫びを上げていました。今朝は公安の警備も人数が増えて、プラスチックの円錐形のマーカーを歩道の柵が途切れた部分に並べて通行を制限してました。通行人が建物に近づかないようにというのと、デモ参加者が増えても道路にはみ出さないように、という目的に見受けられました。
建物前の歩道部分はテープが張り巡らされ通行禁止(デモ参加者は入ってもOKな感じでした)で、事件現場みたいな雰囲気。中でお仕事している方、大変でしょうね。お疲れさまです。篭城のような感じでしょうか。

9月18日までは盛り上がるのでしょうか。
でも、そんな中で生活してても特に緊迫感は感じていない私は、平和ボケしているのでしょうかね。でも毎日接している身近な現地人の方々は、良い方ばかりです。お上の都合に振り回されず、地道に日々友情を積み重ねている市井の民こそが真の両国友好関係へよっぽど貢献してると思います。





【2012/09/13 13:25】| | ペン字修行中 #9a84b8ed60 [ 編集 ]


無題
日本ではこんな報道もされいます。
「麺かけられ・眼鏡割られ…上海で日本人暴行続発」http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120913-OYT1T01282.htm 
私が初めて北京に行った時は小泉元首相の靖国参拝の反日デモの余韻が残るなかいった北京。全くそんな雰囲気なかった。そして今回の問題。日本のメディアが小さな事件を拡大解釈をして報道してるのか現地が本当にピリピリしているのか私たち日本人も知りたいです。
【2012/09/14 13:44】| | じゅり #4fa98f9b0e [ 編集 ]


ニュースろくに見てないんだけど
ペン字修行中さんが10日に書き込んだ状況とずいぶん変わってきちゃいましたね。11日に私は日本人の奥さん2人と外で普通に日本語しゃべりながら歩いてましたけど、今はそれはできないな。★おかしな人(運転手でも)は一部です。でも自分が被害者になったらイヤだから、事を荒立てないようにするべき。

jojoさん、私なんて中国人と結婚して、めっちゃ「日中友好」ですわい。え?夫婦仲?話題変えましょう。

yukiyama嬢、今回に限らず、中国人って「戦争は近く起きる」ってまじめに思っているのよ。あと日本人が中国をバカにしているって。これ知識人でもそう思っているからビックリだ。

はとぽっぽさん、杭州にお住まいなんですね。私自分で今気づいたんですけど、私にとって南とは広州あたりのことで、上海のあたりは確かに北京より南に位置しますが、南という感覚はなかったです。江南は東。あれ?私の中心は中国の中心?中国人かアタシ?★今でも広東省に住む友人が某媒体で、炎の上がる写真を発表していて、勝手に「南はおそろしい」と思ってしまいます。北京は政府のお膝元ですし、パトカーの停まっている数が違うはず。東西南北関係なく、北京が一番取り締まりが厳しいかなと思っています。★「钓鱼岛是中国的,仓井空是全世界的」という名言がありますが、weiboで1300万のフォロワーをもつ蒼井センセのファンが卵投げたりすることもありますよね。とにかく早く収束してほしい。

じゅりちゃん、さすがに今回は「現地が本当にピリピリしている」。大使館のすぐ目の前に住んでいる日本人は多いけど、外出できない。私はそのあたりから遠いからさあ、昨晩徒歩範囲だけど、子どもと外食して、スーパーにも行った。普通に生活しています。

今8時すぎだけど、中央电视台1で「地图显示钓鱼岛属于中国」を専門家が説明している。こんなの放送して、暴徒を煽るだけなのに。
【2012/09/17 09:11】| | みどり重复是学习之母(狄慈根:ディーツゲン) #55feb73ed5 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]