忍者ブログ
パソコンで私のブログのトップページが開けないの、困ったな。コメント返しはできる。
アンケート
最新コメント
[01/19 caomeidangao]
[01/17 こっそり]
[01/17 wanko]
[01/16 みどり但是‘你有男朋友吗?’、‘你什么时候结婚吗?’]
[01/15 双龙妈妈]
[01/15 ペン字修行中]
[01/15 ペン字修行中]
[01/15 jojo]
[01/15 jojo]
[01/15 sumari]
[01/15 淳子]
[01/15 マリズ]
[01/15 みどり如果,我没说的话每天都没有改变,还是平常的日常]
[01/15 みどり所以,一直想一想]
[01/15 陸太太]
総アクセス数
みどりの自己紹介
HN:
みどり
性別:
女性
職業:
書道展を主催等
趣味:
書道
自己紹介:
業務連絡
14日9時10時
16日10時
19日10時
20日10時
21日9時10時
<ペン字>
亮馬橋 言几又 1月12日10時

<書き初め>
建外SOHO shala 1月6日午後
ブログ内検索
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
アクセス解析
バーコード
[1169]  [1168]  [1167]  [1166]  [1165]  [1164]  [1163]  [1162]  [1161]  [1160]  [1159

家庭菜園とか河北省の市場とか香港とか

 昨日アトリエで一泊してきた。昼前に着くと「涮羊肉」であることを告げられる。「野菜は庭から採って来るよー」とばあさんが子ども達を導く。 


 


 


昼食後30秒くらいで、ばあさんが張り切って「今行くよ」とじいさんを急かす。食後はゆっくりしていただきたい。そんなすぐ動くかぁ?老人!


 子ども達が「どこ行くの?」と聞くと、答えは「燕郊」。アタシも行きたい!そしてじいさんの運転する車に乗り込んだ。買い物は「茄子の何か。その何かが私は中国語で聞き取れなかった。


 


 市場へ。まずは野菜の買い出し。今、家庭菜園が充実しているから、よほど安いとか、自分では栽培できないとか、心動かされない限り、ばあさんは買わない。生姜を見ると、どこへ行っても1斤(500g9元。1カ所8.5元と9元が並べてあるところがあり、ばあさんはその安い方をちょっと買った。0.5元しか違わないけど、モノの善し悪しは一目瞭然。8.5元は疲れていて、9元はとても新鮮だ。普段「养生堂」(健康番組)とか見て、何が体にいいか気をつけているワリに、新鮮なモノを口にしようというアタマはないらしい。値段が10倍違うとかじゃないってーのに。


 プチトマトもたいてい8元なのに、1カ所5元のところがあった。そんな安けりゃばあさん迷わず買うよ。今朝見たら、すでに1つカビが生えていた。中国人にとって、プチトマトは野菜というよりフルーツだ。朝ばあさんが洗って、ダンナの机に置いた。「リンゴ剥いたよ」の感覚で。ダンナ怒っちゃって、「こんなデキすぎなの食えるか!」。あまりにも熟しすぎてた。


 


 ばあさんとじいさんが車でよく買い出しに行くのは河北省廊坊市三河市燕郊镇。いかにも田舎の市場って感じ。




 


 市場の中の通路を荷台のついた車が堂々と走行し、野菜を買って積んでいく。甚だジャマだ!


 
 ネギ、売っても売らなくてもいいしー。


 肉屋の看板にあるまじき美女。

 


 夜、ダンナはいつも一人で散歩しているらしい。アタシに「行くか?」って聞くから、「行く」と答えた。子ども達にも声をかけると、車に向かった。車に乗ったら、散歩と言わないのでは?


 


 「潮白河」がすぐ近くで、そこまで車で行って、河沿いを歩く。人っ子一人いない。とても暗い。懐中電灯を二つ持参して、照らしながら歩いたくらいだから。河のこっちは北京、向こうは河北省。ダンナが「香港みたいだろう」。おいおい!香港に失礼だわよ。


 


 私は家が二つあることがうっとーしー。ゴミゴミしているところが平気な東京人。別に閑静な農村に別荘なくてもーと真面目に思っていた。でも、誰もいないところを散歩できたり、家庭菜園で野菜タダとか(おいおい)、なんかちょっといいかなと少し思い始めたところである。


本日の中国語学習:「茄子の何かは中国語で「茄秧」(ナスの苗)だった。


yāngって言われたってわからないっての!


 

拍手[9回]

PR

この茶髪は?
ばーさん、おしゃれですね!私、ヘアカラー、ここまで茶髪にしたことないです。もちろん自分で染めてるんですよね?
考えてみれば赤すぎるなあ
外でやったら高いから、店で買ったのを自分で染めている。私は今は店で染めてもらうけど、以前はスーパーで買ったので家で染めたこともあた。中国のって安いのは恐ろしく安い。ばあさんはそういうの使ってるんだろうなあ。中国は男性も結構染めている。日本人のおじいさん、染めないでしょ?じいさん、70歳だけど、もともと若く見えるのに、真っ黒に染めているから、ダンナの友達がきて、「お兄さんですか?」なんて言われるんだよ。確かに70に見えない。
そうですよね
中国でははげと白髪は出世できないと聞いたことあります。確かになんとか大会、テレビで見てもみんな真っ黒ふさふさですよね?
新宿東口マツキヨでは
人民ご一行様が毛染め大人買いでごった返してました。かごいっぱい毛染めを放り込む奥さんにびびったご主人が「そんなにいるのか?」って聞いた所「难得有机会呀!」って返り討ちに遭うという微笑ましい光景を見ましたよ。
店でちゃんとトリートメントしてもらってる
てびち嬢、そうそう。中国の偉い人達、髪が黒々としている。出世は関係ないと思うけど。

wankoさん、わりと最近、北京に住む友人が「日本から買ってくるよ。私(茶色)もダンナ(白髪染め)も私が家でやってるよ。1箱300円(だったかな?)」。「中国人の友達が日本へ旅行に行って、1箱700円のをたくさん買ってきた」とも言っていた。私が100元以上して、店で染めているのは信じられないようなことも。
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne