忍者ブログ
建外SOHOにオープンしたギャラリーin北京


 建外SOHOに画廊がオープンしたので、行ってみた。現在は中国人のカメラマンの作品展。私、写真の作品ってどこがいいのか、まったく理解できない。「そんなの好き嫌いでしょ」と教えてくれた人がいるが、それでもわからない。今後は絵画展などもあると思うので、また紹介したい。

 ここにお勤めの若き日本人女性に紹介文をもらったので、以下コピーする。

TAM(タム)……建築事務所SAが手がけるショースペース。


「街づくりのなかにアートを組み込むことで、よりよい都市設計ができるのでは?」という考えのもと、オープンしました。


 これは建築家六角鬼丈氏の「Town Art Museum」という都市構想がもとになっており、スペースの名前「TAM」はその頭文字をとっています。月に1回程度の頻度でイベントを企画しており、建築のみならず、写真や絵画、彫刻など、幅広いテーマを扱います。とくに、中国人と日本人のスタッフが共同で運営しているスペースなので、それぞれの国のアーティストや、作品を紹介できる場所にしたいと考えています。建外SOHOという場所柄、営業は平日のみ(1018時頃まで)ですが、入場無料で気軽に入っていただけます。 フェイスブック








《在北京》城市纪实摄影展
2013年9月28日-10月20日
TAM:建外SOHO西区15楼1階1501 TEL:57289856
中国語でニュースはここから

   

拍手[4回]

PR
【2013/10/09 18:34 】 | ダンナ、アート、アトリエ | 有り難いご意見(0)
<<ビフテキ+定食安くてパン高い+wawa菜in北京 | ホーム | 『それでも私たちが……』の熱~いアマゾンブックレビュー>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]