忍者ブログ
国防芸術区in通州区宋荘画家村
一時間でアップできるか。今7:34。

友人一家がアトリエに来て、ご飯を食べに「老院子」へ行った。店名が「紫藤樹餐館」に変わっていた。




(数年前撮影)

暖炉がなくなっていた!このあたり、(新)北京市政府から6キロくらい?今年に入って、ここらへんのレストランが全部チェックされて、閉店した店も結構ある。営業許可証がなかったんでしょうね。この店も一時閉鎖していた。ここで石炭くべて、煙出していたからな。そうか、これがあったから、撤去するまで営業停止だったのか??

5人で120元以下。

ダンナはいつものとおり、おつきあいいただけず、足(車)もないので、食後は徒歩で散策。このあたり無数に美術館、画廊がある。大手に電話したが出ない。秋に年一度の芸術祭があるときはどこも開いているが、やってない時間のほうが非常に長い。

そこで「国防艺术区」へ行ってみた。ダンナは友達も多く住んでいるし、頻繁にこのあたりに出没しているが、私はアトリエに行ったら、ばあさんのご飯を食べるのみで、ほぼ出ない。国防艺术区の中の展覧会へ行ったのは10年くらい前なので、増築されすぎていて、どこがどこだがまったくわからなかった。

敷地正面にデカい「國中美術館」。向かって右に入口があるが、外から見ると展覧会をやっているふうではない。でも、中に人がいるのが見えて、重いドアを開けると、展覧会をやっていた。外にチラシでも貼るべきだ!



電気が点いていなくて、私たちが入ったら、点けてくれた。


閑古鳥。どうやって儲けているのだろうか?

外を一周。


ここの地名「小堡」と彫られていた。



池あり。この左右にカフェ、茶館みたいなところがあったが、開いていなかった。


さらに進むと、カフェがあった。



一周して、何人もすれ違わなかったくらい、閑散としているエリアなのだが、この中は人口密度が高かった。


入って来たほうに戻る。両脇は「工作室」。個人のアトリエ。


村の大きな美術館が開いてなくても、ここ一周散歩するだけでも楽しい。

以下、国防艺术区関連。

你想象不到的美,宋庄国防艺术区 写真が多い。そうそう。こんな感じ。

国防艺术区影棚低价出租 これうちのダンナに見せるべし!映画の撮影で使う場合の料金

大众点评

書き終わった。8:28。途中コーヒー淹れたり、写真が全然アップできず時間を多少ロスしたが。

拍手[3回]

PR
【2018年06月23日08:16 】 | ダンナ、アート、アトリエ | コメント(0)
コメントの投稿













前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]