忍者ブログ
前門23号の美術館+「文字がことばを超えるとき」in 建外SOHOのTAM
  雲南料理を食べて、出口へ向かう。





    これ会社。この奥へ進む。



     何気に美術館があることを知る。




今はスペイン人の個展(油絵)をやっている。ニュースでは925日までと書いてあるが、先週まだ開催していた。作品の写真を見たい人はここへ



   

   次!建外SOHOTAMで以下の展覧会開催中。

小磯裕司デザイン展


会期1023−1123(無休)10;00−18;00 入場無料
住所TAMTown Art Museum 建外SOHO西区15号楼11501


日本のみならず、中国国内でもパッケージデザイン、VIデザイン、ポスターデザイン等、多岐にわたる活動を行うデザイナー・小磯裕司氏、中国初の作品展。


小磯氏は1990年日本デザインセンター入社。2006年同社内に小磯デザイン研究室設立。現在北京にて日本デザインセンターのグループ企業である北京大思広告有限公司にてクリエイティブディレクターとして活躍。


今回の企画展では「文字」をキーワードに中国国内外の8つのプロジェクトを展示します。「文字」と「デザイン」が融合する事によって、文字は言葉を伝える以上のチカラを発揮します。国境や言語、文化を越えるデザインの魅力を体感してみませんか?

小磯裕司新ウェブサイトKOISO DESIGN 


小磯裕司微博 

拍手[3回]

PR
【2014/10/27 15:51 】 | イベント | 有り難いご意見(0)
<<じじばばダンナ、お金を払って休むってことをしないin日本 | ホーム | どっちが男でどっちが女かin北京>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]