忍者ブログ
額縁を作るところin北京


 
最近たまたま二人から「額縁を作るのはどこがいいですか?」って聞かれたので、答えておく。琉璃厂の東西の通りでなく、それに垂直のバス通り、ジャージャー麺や銀行を越えて、さらに南に進むと、書道用品が売っている店が10軒くらい並んでいる。その中のこの店に私は裏打ちだけ頼んだことがある。色紙大で110元。


 


掛け軸、額縁は作ったことないから知らないよ。ただ写真を撮らせてもらえたので、ここに貼っておく。日本で額のオーダーなんかしたら高いわ。中国は安いよ。数十元から作れる。でも「一分钱一分货」。枠を選んで、マット(中国語で绫子)をつけたかったら見本から色や柄を選ぶ。

 

 
 半紙くらいの額が
80元って言われた。琉璃厂にはこういう店たくさんあるけど、どこも同じようなものだと思う。うちのダンナは画家村で作る。だから私も自分の分は彼に頼んでしまうので、どこがいいかは実はよく知らない。

 この日、私の買い物は紙。いろいろ書いてって頼まれるからさあ。


 
 このあたり3軒でいろいろ買った。↓写真下の二つ、正方形っぽいのは色紙大。厚い紙なので裏打ちしなくてよい。



 一緒に行った人と「琉璃厂の買い物楽しかったね」。また来週行く。

拍手[4回]

PR
【2013/03/13 21:35 】 | 書道 | 有り難いご意見(5)
<<最近見ているアニメ『銀魂』in北京 | ホーム | 蔵三昧オープンin北京呼家楼>>
有り難いご意見
天宇市場
切り絵や中国画、影絵芝居の牛皮人形等、買いためていたものに帰国直前、額装してもらいました。時間がなかったので自宅から近い団結湖の天宇市場で。

中に収めるものの大きさに合わせて作ってくれます。枠もサンプルの中から自分で選び、ガラスだけでなくプラスチックもあります。(日本は地震が怖いのでプラの方ににしました)
1枚やはり80元くらいだったと思います。

でもみどりさんが書かれているようにまさに「一分銭一分貨」。先日骨董関係の仕事をしている友人が北京から遊びに来て我が家の壁の額を見て、「中国で作ったんだろ?やっぱり仕事、雑だよなあ」ってすぐに指摘されました。枠の継ぎ目のところが多少ずれてました。
【2013/03/14 09:30】| | 琳琳 #4f0a6e9517 [ 編集 ]


専門店がいい
琳琳さん、そういう総合市場の中の額装はおススメしません。中国美術館のまわりとか、美術用品を扱っているような、そういう専門のところのほうがいいです。うちはダンナの要求が高いから、ちゃんとしたところで安すぎないのを頼みます。
【2013/03/15 10:14】| | みどり不可大意(油断するな) #55ffc3156d [ 編集 ]


要看人家~。人によるかも(^^;)
みどり様 晩上好~♪
ご無沙汰しております。
私もご多分にもれず、刺繍とか切り絵とか額装しました。
知人のオススメという中国美術館のすぐ近くで。
が!!一緒に頼んだ友人のはすんばらしい出来だったのに対し、
私が頼んだのはなんだか斜め・・・(泣)
よくよく聞いたら友人のと私のを作成したのはそれぞれ別の人。
「専門店だから良い・・じゃなくて上手な人に頼め。」
が私が学習したことです。トホホ。
【2013/03/15 22:58】| | ガオダオ #990adb0b71 [ 編集 ]


我支持,三樓說的有道理
ミド家に勧められ、中國美術館前の美術用品屋で作ってもらったことがあるのだけど……悪くはなかったものの、横フレームと縦フレームを留めるネジ部分がユルユルでしたな。上海田子坊の写真工房で作ってもらったは非常によかった。100元以下で、マットも白と黒セットで加工してくれて。
【2013/03/16 11:23】| | benz770k #55ffefc49d [ 編集 ]


上手な人をどうやって探す?
ガオダオ!同じ店で出来が違うとは!琉璃廠、美術館、美術学院のまわりに画材屋、経師屋があるから、私が聞かれたら、そこを教えるけど、ダンナみたいなプロはそういうところでは頼まず、画家の友人づてで(なんじゃないかな?)「出来のいい店」を知り、作っている。画家村のわかりづら~い場所にあるので、是非ここへって紹介できない。すまん。

benz770k氏、この国は仕事が「马马虎虎」なので、「悪くはない」=「十分よい」(by中国基準)。日本ではきちんとしていることが当たり前なので、中国で出来のいいものを手にすると感動さえする。

うちは家具がひどいのがいくつもあるので、少しずつ「まとも」なものを購入していきたい。冷静に考えると「私ってよくガマンしてるよな」。
【2013/03/18 09:50】| | みどり我失陪一花儿(ちょっくら失礼) #55ff3d98cd [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]