忍者ブログ
王羲之の展覧会へGO in東京
 
   根据北京市教委安排,2012-2013年寒假放假安排:2013年1月26日(星期六)至2月24日(星期日)放寒假,共4周零2天。


 子ども達、期末テストが終わって、来週金曜日が終業式。その後1カ月の冬休み。その1カ月、登校日が絶対あるのにいつだかまだわからない。娘のほうはおととい、31日まで土日も休まず毎日登校すると知らされた。受験生だから、しょうがない。
  根据区教委下发的通知,学校在期末考试后下周(从21-25日)正常上课。26日より後は毎週土曜日に行っている方の有料の授業が31日まで。
 で、息子のほう。担任には「帰国する飛行機チケットを早くとりたいので、登校日を知っていたら教えてください」と早々に言ってある。でも、先生も知らない。つまり学校が決めてない。
 昨夏は8月16日に北京に戻るチケットを買ってあって、そのあと16日に登校日(しかもテスト)だと知らされて、手数料払って、日程を変更。息子に「今回は登校日は行かなくていい!」と言ったら、「じゃあ日本に帰らない」。そこまで言うか。まあ、学校行くべき日は行っておいたほうがいいけど。っつーわけで、まだチケット買ってない。
 
 1週間でも帰りたいんだけど、その間、必ず見るべきはこの展覧会。
 
展覧会名:特別展「書聖 王羲之」
会期:2013年1月22日(火)〜3月3日(日)
開館時間:9:30〜17:00  ※3月1日(金)は20:00まで開館 ※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日  ※2月11日(月・祝)は開館、12日(火)は休館
会場:東京国立博物館平成館 (台東区上野公園13-9)

http://o-gishi.jp/
 
 最近王羲之の模本が日本で見つかったというビッグニュースがあって、「書聖」王羲之の模本を発見、東京国立博物館で公開へ
 
 微博で中国芸術界を滅多切りにしている中国人評論家がいて、現代アートが洗钱の道具にされているなんていうのは否定しないけど、王羲之をも否定。

 禅的高贵与艺术的下贱
 以下、私に都合のいいところだけ抜粋(おいおい)。

  有人见过王羲之书法吗?没有!王羲之真迹早不存在了,能见到的临摹品都是娇娆造作、软弱无力的下等之作。一个只见到下等书法的王羲之被神化为书圣……。

  ……中国哲学认为,书法和画画都是下贱的智力,是智者绝对要鄙视的下贱的智力。中国书法发展到现在已经成为泛邪教……。

  ……东方哲学所描述的书法最高境界,在中国书法历史上是不存在的,日本的现代书法,才开始接近东方哲学所描述的书法最高境界……。

 
 王羲之の字が下等だなんていう人、ほかにいないだろうな。あと、現代の書道界は日本のほうが進んでいると思うけど、邪教っていうか、「宗教」なのは日本のほうだと思う。この人は過激がウリだと思うので、話半分で読めばいい。
 
 
 そのほか、日本語でこんな内容も。「書の最高峰は王羲之」だけど「字の上手い人」じゃない!?」
 
 近いから鶯谷の「書道博物館」も行ったほうがいい。

展覧会名:不折が学んだ、書聖・王羲之
会期:平成24年12月7日(金)~平成25年3月3日(日)

http://www.taitocity.net/taito/shodou/

拍手[7回]

PR
【2013/01/20 10:17 】 | 書道 | 有り難いご意見(2)
<<外国人の高校入試in北京 | ホーム | さらば、ばあさん3 in北京>>
有り難いご意見
東博行ってきました^^
東博、初日に行ってきました。
当初22日に北京に戻る便を予約していたのですが、23日(今日ですね、、)に変更して、行ってきました^ー^!!
初日だからなのか?朝の天気良くなかったからか?混み合うことなく見学。
数年前のエリオットコレクションの時、あんなに沢山の人の中見た「行穣帖」の前にパラパラと10人位というとても贅沢な空間でした(*^_^*)
秋萩帖もゆったりと見られて幸せでした。

みどりさんもゆったりと見学できる時間がとれますようにっ^^!!
【2013/01/23 10:03】| | LEMO #526d7e131a [ 編集 ]


まだ帰国の日程が決まっていない
LEMOちゃん、行って来たんだ。いくら追う技師(この漢字変換!王羲之)とはいえ、一般的に書道の展覧会にはそんなにヒト来ないよね。秋萩帖が出ているとは!ほかにもいろいろ目の保養ができそうだ。

エリオットコレクション、今ネットで見た。そんな展覧会あったのか。アメリカから偉いヒトが来たら、日本の書家も出動しないとね。それで余計に混むよね。王羲之展、混まないと見た。
【2013/01/25 03:26】| | みどり由于种种原因(ひょんなことから) #55ff3d5fcd [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]