忍者ブログ
故宮5:国家級非物質文化遺産古書画臨摹復制技芸与装裱修復技芸展in北京
 9月に故宮へ行ったのは書画館と石鼓館が目的だった。目的果たして帰ろうとしたとき、「国家级非物质文化遗产古书画临摹复制技艺与装裱修复技艺展」という看板が見えた。場所は「延禧宫古书画研究中心」。去年、蘭亭展の第二会場になった場所だ。気になる。そして入ってみた。
 
 中国語で記事はここへ。 一层为“古书画装裱修复技艺展”(修復),二层的“古书画临摹复制技艺展”(模写)。
 
50297356.jpeg 古書画を修復する過程等が紹介してある。書作品では米芾(1051-1107年)の『苕溪诗卷』がガラスケースに入っていた。1996年頃、北京在住の書家(日本人)に「書家は誰が好き?」と聞かれ、答えたことなかったので考えながら日本語で「米芾、、、黄庭堅、、、何紹基」と答えた。それは今でも変わらない。その米芾が見られてうれしかった。絵画作品では唐代の『五牛图』という国宝(中国十大传世名画之一)もあった。私はこの牛ちゃん五頭の絵を去年書画館で見ている。
 
この展示は11月12日終了。
1、 互动展示时间:(なんかやってるところを見せてくれる)
8月29日——11月12日(每周二)10:00—11:00和14:00—15:00←毎週火曜日この時間
2、专家讲解日(専門家による解説日)
每个月第一周的周二(11月6日)10:00—10:45
 
 故宮の文物修復作業に興味ある人は中国語でんな記事へ。 バラバラの羅漢像もこんなにきれいに。
 
 そして米芾については、日本語で調べてもいろいろ出てくる。古典を見てはそっくりに書ける米芾のこんな話は中国語で。勉強してる人、訳してみるがよい。
  
  有一次,他向一位朋友借了一幅古人的名迹。仔细观摩研究,经过一段时间的刻意临摹,连自己也觉得写得极象原作了。于是,他把原作及自己一张最得意的临品一齐送交原主。那位朋友对着两幅一模一样的作品目瞪口呆,经反复比较观察,最后竟认定米芾临的那张是真迹,在场的人无不惊叹米芾临摹的功夫到家,竟达到了以假乱真的地步!
 
 
 故宮シリーズとりあえず完。



業務連絡:10月に一緒に見に行く方々へ
これも2字くらい書きましょう。字が傾いて見えるでしょう?縦がまっすぐじゃないからですよ。永和九年の年みたいに。

拍手[4回]

PR
【2012/10/09 16:30 】 | 書道 | 有り難いご意見(0)
<<2013年元旦、春節の休みin中国 | ホーム | 連休に懐柔へどうにか行ったin北京>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]