忍者ブログ
ハガキ大一字再開in北京
 今のところ(いつかはするという意味)公表できないイベント目白押し。自ら創作するより、人から機会を与えられ、筆を持つ。それもいいかなと思う。

 
 どこの記事か忘れたが、私が一字を書く約束になっていたので、ちょろっと書いてみた。


59b11896.jpeg

・旋……希望は「アラレちゃんが旋回するイメージ」だったので、グルグル丸く書けばいいのかなとも考えたけど、それでは全然サマにならず、すっきりしてしまった。一応二種類あるけど(緑の紙と右下)、どっちがいい?雪山嬢!!

・童……うちの子たちの国語の教科書に唐詩がたくさん載っていて、結構子どもを詠んだ詩がある。挿絵の感じの、昔の服を着た、あの子どものイメージ。佇んでいる様子。

・諧……私がたまたま秋の二字を練習していて、そのうちの一つが「諧暢」。墨場必携からとってきた言葉だが、和訳が「やわらぎのぶること」。美しい日本語だ。

・濤……これはズバリ「波」って感じじゃないといけないかなと。

・慄……(保留)
 
 以上、9月に書いてから放置してあった。まだ練習する。

 

拍手[9回]

PR
【2012/10/13 13:31 】 | 書道 | 有り難いご意見(2)
<<クイズ:息子とイタリアin北京 | ホーム | 王広義の個展『“自在之物”:烏托邦、波普与個人神学』in今日美術館、北京>>
有り難いご意見
ミドリの!
緑の紙のがいい!
力強くありながら、意表をつくように、すりぬけるように、旋回している感じがする。

それにしても「童」のあどけなくて、まるく愛らしいこと!
一人ぽつねんと何を待っているのかな。

私は「童」の字は左右対称を理由に候補から外したんだけど(「鐘」の右側にあるという連想で重い感じもしていたし)、それがこんな風になるとは!

「濤」はみごとすぎて感嘆のため息をつくしかありません。私の住んでいる地域ではこのような波濤を見ることはできません。(なにしろ・・・のたり、のたり、ですから)

「諧暢」は素人の私でも「みどりさんだ!」ってわかる、みどりさんが滲み出ている字だと思う。

私が皆さんにお知らせしたい「みどりさんの魅力」。
字だけではありません。
「字を書いている時の手の動き」と、断言したいです。
チャンスのある方は、ぜひ。


【2012/10/13 21:15】| | 雪山 #8de9482dbd [ 編集 ]


雪山嬢にファイル見せたい
ファイルに一枚入れる都合選んでもらったんだけど、緑色の紙の方を入れておくわ。

でもちょっと余計なこと書くな、ごるあ!10月27日30人くらいの前で字ぃ書くのよね。これから特訓で練習します。
【2012/10/15 09:34】| | みどり在下(拙者) #55ff3db151 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]