忍者ブログ
人数オーバーにも限度がin北京

 忘れもしない11月の晴れた日のこと。あんなこと起きたら、忘れられないわ。じいさんが迎えに来てくれて、私と子ども二人、そして友人が一人、アトリエに行くことになっていた。じいさんが運転して、ちょうど4人乗れる。そういう計算だった。前日にそうダンナに連絡してあった。


 


 約束は9時半。中国人は9時半といえば、10時に来るという民族なのに、じいさんは決まって早い。この日も9時すぎに、「あと10分で着くから、その頃下りてきなさい」と電話があった。「友達が9時半に来るんです。彼女が来るまで出られない」。「え?何人?」「一人です」。


 


 9時半ちょうどに友人が来て、私たちも下りていった。じいさんが「途中でお母さんや叔母さんを迎えに行かないといけない」。え?ええ?よくよく聞くと、叔母さんのダンナもいて、あと3人乗ると言う。いや、それ、私の友達がいなかったとしても、無理でしょ!じいさんが「子どもは後ろに乗ればいい」って。それにしても、運転手を除いて大人は5人。


 


 その老人3人との待ち合わせ場所が「石」。地下鉄「四惠」駅の近くで、「京通高速」に乗って、一つ目の出口を出たところに大きな「石」があるという。じいさんの車は「石」に無事到着。でも、老人達はいない。携帯にかけても、ばあさんは出ない。そこで待つこと10分。どうにか電話が通じて、じいさんが「もう一つ石があるみたいだ」。そして前進すると、本当にもう一つデカい石があり、やっと会うことができた。


 


 じいさんの車っていうのがさ、こういうの。
 


 


乗れないでもないけど、狭いっつの。後ろの人選として、まずは娘。痩せていているから。そして普通に考えて、息子でしょ。でもばあさんが「孫にそんな大変な思いをさせたら可哀想」。おいおい!孫溺愛にも限度が。静香もアンタの孫でしょ!ばあさんね、「孫は一人だ」と先日きっぱり言い放った。私が数えると、孫は6人いるんだけど、眼中にあるのは長男の長男。「孙子」っていう特別な愛称がある。


 


こうして、合計8人で出発。じいさんって、暴走族っていうか、運転のスピードがかなり速い。年寄りなのにやめときな!と私は心で思うが、ばあさんははっきり言った。「人数オーバーしてるんだから、ゆっくり運転して!」。


 


高速の料金所に近づく。ばあさんが「え?高速に乗ったの!ダメじゃない!カメラが付いてるんだから」。料金所の人は何も言わないが、カメラに捉えられると、罰金を科せられる。いやあ、でも高速乗らないと、ものすごく時間かかるし。


 


車内一番後ろのご苦労な二人は頭を隠した。後部座席に4人いるのだが、私の膝に息子が乗っていた。ばあさんが私に「周吾の後ろに上手く隠れて!」。とにかく狭くて、身動きがとれない。


 


料金所を無事通過。息子が窓を開ける。一同「寒いじゃない!」と叫ぶ。息子は私の足の上に乗っているから、頭が車の天井に付いて、というか、高さが足りないので、腰を曲げ続けていて、腰が痛くなった。窓を開けて顔を出すことで、上半身がまっすぐになって、少し楽になるという。


 


息子「おばあちゃん達は乗ってていいから、僕とママと静香はタクシーで行く」。ばあさん「何言ってるの!お父さんがどんなに苦労して稼いでいると思ってるのよ!」。



 一同ひたすら無言。喋る元気もない。 


アトリエまで徒歩でも3分というところまで来たとき、ばあさんが「私降りる」。その不自然な姿勢に疲れたらしい。じいさんが「もうすぐそこじゃないか」と、車を停めない。アトリエ到着。ばあさんが「ああ、大変だった。でも孫にこんな思いさせられないからね」。


 


「滅茶苦茶」。そうとしか言い様がない家族模様。社会的にまずいことをしているので、この記事は数日後に非公開にしたい。

拍手[10回]

PR
【2013/11/29 08:48 】 | 嫁姑親族 | 有り難いご意見(6)
<<国際結婚、山あり谷あり | ホーム | 桜心でのイベント盛りだくさんin北京>>
有り難いご意見
これもある意味言葉が出ない…
昔、子どもの頃に見たドリフターズやコント55号主演の映画を思い出した。
ほとんどストーリーがないような内容で、ひたすら延々とドタバタと喜劇が続いていく映画。
楽しいことだけをやっている映画の中の人たちが羨ましかったけど、みどりさん一族(一族じゃない?)のドタバタ劇は、ただただ悲しいだけ…

続く言葉が出ません…
【2013/11/30 01:23】| | 功夫man #7f4cb42d5a [ 編集 ]


喜劇??
いやぁ、お疲れ様でした。しかし、息子君は、もう相当デカくないですかねぇ?娘ちゃんも細いといえど、もう大人。前もっておじーちゃんに、メンバー伝えてたんでしょ?うちの中国人もそうだけど、いつも「えーっ!?言ってたやん!聞いてなかったん?!」ってこと、数知れず。なんでやろ…
【2013/11/30 11:16】| | 足ケア中ヒロコ #46a59d819f [ 編集 ]


さすがの
びーえむのX5ったら相当デカイけど、それにしても人数多すぎ。息子さん上に乗っけて、みどりさんよく壊れなかったですね。
【2013/11/30 21:24】| | wanko #9866b2d427 [ 編集 ]


ずっと座っているから太った
功夫man氏、いや、そんなに深刻にならなくても。しょーがない!アタシの人生。

ヒロコ!喜劇を見たと笑ってもらえればいいの。それだけ。

wankoさん、最近の息子の体重は知らないが、体重と身長の割合でいうと、アタシ(157cm)のほうがデブなの。身長はこの夏息子に超されたけど、昨日二人を比べたら娘(165cm)にかなり近づいている。私はwankoさんくらい痩せたいよ。志は高く。
【2013/12/03 09:12】| | みどり一无所知(何も知らねえ) #55ffc2e7f2 [ 編集 ]


お義父さまの運転。。。
あれはもう何年前だろうか。。。



お義父さまの運転、怖かったよぉーーー!!!
【2013/12/03 13:32】| | るお #73523444f3 [ 編集 ]


きゃははははは
笑えないんだけど、絶対笑っちゃいけないんだけど、横のバーで「るお お義父さまの運転」と見ただけで笑いがこみ上げてきた。いや、怪我人出なくてよかったよね。怪我人が出るとしたら、アタシだったけど。私の横のドアが垂直に来た車にぶつかったんだからね。あのあと、私病院に検査にも行かなかったけど、突然死したら、じいさんのせいだと思ってください。いやあ、本当に無駄な時間をとらせてしまい、かつ怖い思いをさせてしまい、申し訳ありませんでした。お母様にもよろしく。
【2013/12/04 14:30】| | みどり重新活一次(人生やり直したい) #55ff3d6c48 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]