忍者ブログ
国際結婚、山あり谷あり

 ダンナは版画学科卒なので、ハンコを捺すのが非常に上手い。自称「世界一捺すのが上手い男」。だから私の作品の印を捺してもらうことがある。でも同居していないので、捺してもらいときに、たいていそばにいない。ここの家にいるときがチャンス。今日「あ、これに捺してもらいたいなあ」と言った。でも、拒否しやがったのよ。口調はきつくないし、「え?捺さないの?なんで」というやりとりだったんだけど。


 


息子:夫妻应该和睦,共同面对困难。


ダンナ:不一定吧。还有离婚的。


娘:在孩子面前就算装也得装出好样子。


私:不管孩子的面前,有吵架的,打架的。



 
 夫婦喧嘩するよ。でも、子どもの前で深刻なのはやらない(ように気をつけてきた)。パパは亭主関白で自分を通すし、ママはしょうがないなと思っている、と子どもは思っているに違いない。実際そうだし。


 


 女子旅で大人気!台湾 (48分。日本で開けるか?)


 


 台湾で台湾に嫁いだ日本人女性を紹介している。義母と同居しているが、自分らの寝室に入ってきて、掃除のチェックはするし、クローゼットも引き出しも開ける(ここで渡辺満理奈等「無理無理!」)。同居してない義父母が合鍵持っていて、自分達の留守中に入ってくるの普通だから。ダンナの友達と食事すると、会計を誰がするかでもめる(「割り勘ありえませんから」と)。同じ中華圏。大陸といっしょ。私、別に驚かない。


 この回ではないが、イタリアでイタリア人に嫁いだ日本人女性。ダンナがありえないくらい亭主関白。「爪切って」とベッドで足を投げ出す。買い物が自分のペースで早い。奥さんを急かす。自分で「王様だ」という。うちとおんなじじゃんか。


 


 私にとってダンナへの文句はネタだから、ブログに書いてるけど、そんな嫌なことばっかりじゃないよ。いいところがあるから、やっていけるんじゃないの。ハンコ捺してくれるとか。あ、今日は捺してもらえなかったんだ。今から自力で捺すわ。

拍手[5回]

PR
【2013/11/30 12:09 】 | 国際結婚 | 有り難いご意見(4)
<<フランスへ行ってきたどーin北京(←いつもの北京だわよ) | ホーム | 人数オーバーにも限度がin北京>>
有り難いご意見
国際結婚…ね。
私も嫌なことばかりじゃないから、離婚までいってないのよね。例えば、国に帰りたいーって、本当に帰ってくれるとか。ぷっ。え?笑えない??いやー、みどりさん。別居って、本当に良いですねぇ。私、毎日笑ってる。
【2013/12/01 00:15】| | 今日は宇宙の勉強したヒロコ #46a59d819f [ 編集 ]


うちは楽かな〜
お互い国際結婚じゃなかったら、一生結婚出来なかったタイプの人間なので、外国にお互いを受け入れてくれる奇人がみつかって良かったと日々言い合ってる。嫌なことより楽しいことが多いかな。飽きない関係ですね。言いたいこと言い合えるし国際結婚最高です!!
【2013/12/01 15:00】| | MUBUNG #528ec71f3a [ 編集 ]


無題
まあ、諸事情から私が行ったり来たりで、あまり一緒に居られない別居状態だけど、だから続いているのかな?
最近では、お互い親の介護問題も起こってきていて、そういう面では、国や制度が違うと大変だと感じています。若い頃は、二人の事だけ考えていればまあ良かったし、行動力もあったけどね。
でも、国際結婚に関わらず、嫁姑問題や家族の問題は少なからずあるわけだからね。妥協と諦めと我慢はどんな夫婦でもしてるはず。最後は思いやりですかねぇ~。
【2013/12/01 17:35】| | マリズ #5804baaddf [ 編集 ]


うちは普通かな
ヒロコのことは笑えないよ(おいおい)。わてら夫婦は食傾向も違うし、画家なんて仕事、一人で静かにしていたい時間も多いし、別居でよかった。週一では会っているからね。あ、あと奥さんが子どもと寝てるか、夫と寝てるか、そこポイント(って話に先日友人となった)。乳幼児のときはしょうがないけど、子どもが一人でも寝られるようになってからどうかということ。うちは夫婦で寝ます。ダンナの強制で。

MUBUNG氏!何それ?謙遜?「最高です」なんて言い切れるのはある意味すごい。険悪な国際結婚の夫婦たくさん知ってますから(おまえが言うな?)。

マリズさん、いろいろあっても、「最後は思いやり」って名言じゃないですか!「思いやり」がない、または「思いやり」で締めくくれないくらい我慢できない場合、離婚してますね。合わないものはもうしょうがない。
【2013/12/03 09:25】| | みどり恋爱喜剧(ラブコメ) #55ffc2e7f2 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]