忍者ブログ
平安里から和平門,前門まで
  One of 姐さんは北京に来て浅い。その姐さんが「散策するときお供します」と私に対して積極的なので、一緒に出かけることにした。国慶節の連休の最後のほう。食べたいものを聞いたら、「小笼包」。無難に「鼎泰丰」を勧めてもいいのだが、そんな自分で行けるところは自力で行ってもらおう。実は私も知らないので、ネット検索して、北京不能错过的小笼包を見て、西安老杨家(大众点评)に行くことにした。

  地下鉄「平安里」駅G1で待ち合わせ。南下。5分くらい歩いて到着。




    80年代からこうでしたって感じの店内。


  牛肉汤包炒合菜で34元(つまり一人17元)。包子大きかった。美味しかったよ。だいたい鼎泰丰は高すぎる。


    姐さん北京で博物館や美術館に全然行ってないという。この辺だと地質博物館があるけど、本当はもっとメジャーなところへまずは行くべきだ。

  そして前門へ行ったことがないというので、バスに乗って、和平門へ。  

  全聚德のすぐ後ろの道を東へ。正乙祠戏楼。HPはここへ。京劇だけでなく、古典楽器の演奏会もある。



   前に記事にしたことあるけど、カフェもあるよ。



   南下。



  そこを通るはずではなかったという胡同へ行ってしまったが、気持ちは東へ南へ。




  丁未堂さんの展覧会をやっているところへ行った。その後、杨梅竹斜街前门大街を通過して、大栅栏へ。

     オバハンチェッカーズ発見。


   姐さんが「色が緑だ!」と叫ぶ。



  大栅栏を東へ。



    本屋に日本のアニメキャラクターのフィギュアが売っていた。



   前门大街吴裕泰に出る。西を望む。



  東を望む。こっちは両脇レストラン。



   吴裕泰というお茶屋があって、二階は喫茶スペース。焙茶拿铁を飲んだ。ここはお茶味のソフトクリームが有名で王府井もあるが、夏は必ず並んでいる。



  解散。地図はいつか付ける。

拍手[1回]

PR
【2016/10/16 15:21 】 | 博物館、観光地、散策 | 有り難いご意見(0)
<<小学生の作文がかわゆい | ホーム | 自分でビザ申請しているヒトへ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]