忍者ブログ
あれから新アトリエはin北京
 新しく建ててるほうのアトリエ、私は秋から行ってない。それまではダンナが「どこまで建ったか見たいだろ」と誇らしげに案内してくれたものだが、やることはやった。大工さんに来てもらうことももうないだろう。
 
 本来はそっちに引っ越すつもりだったのに、ダンナが「誰かに貸す」と言い出した。今のアトリエは建築が洋風。新しいほうは中国風。今ある家具がどうやっても合わない。ということは新たに家具を買わなきゃいけない。「オレにそんなカネはない」って。アンタ!家建てるお金はあって、家具買うお金はない?さすが大物だ(どこが?)。
 
 おとといの会話。
 
私:借り手は見つかったの?
ダンナ:まだだ
私:あんなデカいうち借りるのは、普通の人じゃないよ
ダンナ:そうだな。借りるのは有钱有病(カネがあって、ビョーキの人)
息子:有钱怎么不治病(お金があったらビョーキ治せばいいのに)
ダンナ:这种病治不了(そういう人は治らないんだよ)
 
 なんちゅー会話やねん。というわけで、借り手をここで募集する。借りてくれた人にハンコ彫るわ(ハンコ欲しさに家借りる人、大募集←いないってーの)。
 
 
 参考資料:画家村の家賃(以下3物件、クリックしたら詳細あり)
93平米/月1500元
2000平米/月25000元
110平米/月1300元

拍手[4回]

PR
【2012/01/30 10:22 】 | ダンナ、アート、アトリエ | 有り難いご意見(0)
<<動画がどんどん消されてる。急がねばin北京 | ホーム | ニセみどりのブログ更新日記>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]