忍者ブログ
10月7日まで100箇所くらいでイベントやってる国際設計周
  丁未堂画伯が展覧会やってるから、行ってきた。先に琉璃厂で買い物して、そのまま東へ。突き当たりを左(北)へ進んで二つ目に茶儿胡同がある。





  国际设计周のポスターがあり、結構参観者が頻繁に出入りするので、どこで開催されているのかわかりやすい。



  写真も撮らなかったが、一つ目に入ったところは「これやる意味あんの?」くらい意味不明だった。番してる人もいなかったし。

  二つ目に入った四合院は子どものイベント会場のようだった。


  レゴやってた。


 四合院のド真ん中に階段があって、登れる。



 さらに東に進んだところへ入ってみる。



     個人宅でなく、会社だったのか、結構広い。





    丁未堂画伯がいるのが茶儿胡同13号で、それを探し、入ってみる。





  おお!いた!パンダ!



   一人一枚自由に押していい。





   初めは近所のちびっこがちびっこを引き連れてやってきて、嵐のようで、そのあとは落ち着いた若い女子がたくさんやってきて、興味深く、展示作品に見入る。

   茶儿胡同の突き当たりで右(南)に曲がると清真寺がある。地図ではよく見ていたけど、ここにあったのか。フフホトと同じで、半袖スカートなんてヒトは入れない。今度重装備して入ってみたい。



  大通りに出る。杨竹梅斜街。この右の屋根の下でイベント地図を売っている。


  このイベントはこっちの通りの方がメインだが、娘が798へ行くと言う。今日の6時半までフリーマーケットをやっているからと。杨竹梅斜街の方は7日までだから、去った。地下鉄珠市口まで歩いて、7号線に乗って、九龙山で乗り換えて、将台で降りる。そこから適当にバスに乗って2つめで798へ。

    冻酸奶の店が増えたのはここ2年?食べてみたくて買ってみた。



    27元もしやがる。ソフトクリームヨーグルト味だった。



   どんどん東へ。



    そのフリーマーケットの場所、なかなか見つからず、奥へ奥へ。あ、あの白いところだ!



    入口に立ってる人が「券を持ってないと入れない」。30元の入場料をとるばかりか、その券は売り切れてて、今からは入れない。おいおい、品物を売る気ないのか?


     ブラブラすることに。ここは798でも一番端のほうになるが、初めて行った。








   そして奇しくも日本に住む姉さんが「798に世界最大の空気清浄機があるってニュースになっている」と微信をよこす。この左下の白いのじゃないか。

   娘がマグカップが欲しくて、お店を見たが、どこも売っているのは同じようなもので、店に特色がない。798ができて数年はもっと個性があったのに。

  ご飯の店を探すが、中華以外がよくて、ここへ。店名は「当里个当」(大众点评)。可愛い。



 メニューには3種のお弁当しかない。


    見た目は日本のお弁当。種類もたくさんあって、よく考えてある。でも、ご飯の味が日本人には濃い。



  店内イカしているが、服務員のおにーちゃんは二人共すんごくなまっていた。


 この日16000歩以上歩いた。座ってられない子どものように。


おまけ:丁未堂画伯のスペースの開いている時間帯
10月5日休み
10月6日13時半から17時
10月7日未定

国际设计周の詳細はここへ。

拍手[3回]

PR
【2016/10/04 08:58 】 | イベント | 有り難いご意見(2)
<<香川旅行3:直島 | ホーム | 最先看到的兩個詞,是イ尓現在心中對理想異性的要求>>
有り難いご意見
行きたい
前门清真寺行ってみたい。
牛街のはあんなに周りが整備される前に行ったけど、モスクの中は駄目だと言われた。ただし、スカーフとかは必要なかった。

今回の記事で、一番びっくりしたのは、同じ日に琉璃厂から茶儿胡同、そして798まで行っている事。
昔だったら、とてもそれは無理だったよね。
ビバ!地下鉄!というべきかしら。

空気清浄機のフィルター交換はするのか?が日本の友人の間で話題です。
【2016/10/05 07:16】| | マリズ #5804baaddf [ 編集 ]


また探検しましょう
92年頃に法源寺の方へ行っているが、「あんなに周りが整備される前」とか覚えていない。清真寺は崇文门のほうにもあるよ。牛羊専門店もあるし。

琉璃厂と798は午後だけで行ったからね。地下鉄なかったら、無理だった。

フィルター交換はしないと意味がないよね。

【2016/10/05 11:04】| | みどりinアトリエ(だが市内に帰りたい) #55fe8a103d [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]