忍者ブログ
第二回中日芸術家交流展。昨日にぎやかだったin北京
 おととい、昨日と、ご来場くださった方有難うございました(やっぱここは敬語でしょう)。

 予め書道組に「筆持参」が言いつけられていて、席上揮毫があった。書道組は4人で、日本人3人、中国人1人。その中国人とは北京師範大学で書道を教えている陈小林老师。普通字は紙の右から書くのに、筆がいきなり左端に落ち、「一」をいくつか書くので、何が始まるのかと思ったら、竹だった。字じゃなくて、絵だった。その後、紙を90度ずらして、葉や節を描いていった。

中日1

 和田さん、竹尹さん(通称LEMOちゃん)、私が書いた後、飛び入りの揮毫あり。尚丁さんという油絵が専門の画家は「我没练过」(書道はやったことない)と言いつつ、さらさら書き、携帯が鳴って電話に出ながらも、その筆は止まらなかった。書いたのは「心曠神怡 寵辱皆忘」。 
中日2
 あ、この図の不思議なところはなぜ左の耳で聞かなかったのかってことなのよ。


 展示はこんな感じ(次回もっとちゃんと写真撮ってくるわ)。

中日3

中日4

中日5

中日6

中日7

中日8

 私、自分の撮るの忘れた(おいおい)。展覧会記事まだまだ続く。

拍手[11回]

PR
【2011/07/03 09:58 】 | 書道 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(1)
<<捜狗輸入法新詞更新6月26日-7月3日 | ホーム | 頭の中は期末テストのことばかりin北京>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

中日芸術家交流展 開催のお知らせ
今週末より日中の芸術家によるグループ展覧会が開催されます。 第二回中日芸術家交流展 会場:国際交流基金多目的ホール     建国門外大街甲6号 SK大厦3階 地図:http://map.baidu.com/?newmap=1&ie=utf-8&s=s%26wd%3DSK%E5%A4%A7%E5%8E%A6 会期:7...
【2011/07/03 10:22】 | ネコバカ北京日記 Ver.3
前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]