忍者ブログ
琉璃廠からカフェ(MUJIホテルあたり)
琉璃厂の一番東の湖北料理を食べて、ちょっと北へ。一本目(炭儿胡同)を西へ。ずっとずっと行きたかった「生活室咖啡」へ行ったら、経営、店名が変わっていた。



城南旧事というホテルで、カフェコーナーもあるので、泊まり客じゃなくてもお茶できる。





城南旧事」は林海音の小説。今、読んでいる。

この中で油絵教室も開いている。


東へ。前门 北京坊へ。

ドイツの輸入品を売っている店があるのだが、となりにハロッズができていた。



そのすぐそばにMUJIホテル。6月末にオープンしたばかり。


窓側見える?中華人民共和国の方達が座っているんだけど、外から見たとき、北京駅かと思ったよ。格好良さのかけらもない。


2、3階が客室。地下一階がお店。


地下から地上に上がるところ。

4階がダイナーで、行ってみたら、2時から5時は休み。


一階に「カフェ&ミール MUJI」があるのだが、こちらも休み。え?普通休むかあ?稼ぐ気ないの?(私が行ったのは7月初旬なので、今は開いてるか知らないが)


自動販売機もあった。


 お茶したく、そこを出て、すぐ裏へ。

inWE因味茶(北京坊店)でお茶したが、飲み物の写真を撮り忘れた。

茶界星巴克,由京东团队(刘强东、奶茶妹妹)出资5亿元打造的特色茶饮品牌,。支店が増えている。

茶葉も売っている。パッケージがなかなかよい。「七日茶」だったかな。一瞬お土産に買おうか考えてけど、在庫ないんだって。売る気あるの?



お茶漬けもあったよ。

この隣が、「TIENSTIENS将将」。上が「VOYAGE COFFEE」。お茶には困らない。


おまけ:別の日にバスで通ったので、むじほてるを激写。

拍手[4回]

PR
【2018/08/13 00:04 】 | 博物館、観光地、散策 | 有り難いご意見(0)
<<難読解字が読めますか | ホーム | 北京に帰りたいin秋葉原>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]