忍者ブログ
  • 2019.01«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • » 2019.03
琉璃廠からカフェ(未来珈琲)
琉璃厂の買い物を終えて、珈琲飲みたい。自転車に乗って南へ下り、適当に東に向かう。そこは樱桃斜街。ここにカフェはないんだった。

西单饭店(営業してない)。これどうする気なんだろう。

 
正面。入れない。


ここから铁树斜街を西へ戻る。古本屋「内观堂书店」は閉まっていた。さらにちょっと進むと、昔の名前でいうと「壹勺子糖」がある。この店名のときに行けなかった。臨時休業中とか、いろいろで。前回行ったのは去年の10月なんだけど(自分の微博で今調べた)、そのときは郵便局ができて、「あと半月でカフェオープン」と。

未来咖啡 カフェできてた!



一階は「未来邮局」。未来の自分に手紙が出せるってやつ。記念切手などが売っていた。


鶴の恩返し、、、じゃなくて、印刷の機械が展示してある。



珈琲を注文する。店員はおばさんだ。おばさんっていったって、私よりずっと若い。

私:アイスコーヒーありますか
店員:ありません
私:未来咖啡38元美式咖啡25元はどう違うんですか
店員:(困っている)
私:豆が違うのかな
店員:んーー。あまり変わらない

それ言っちゃダメでしょ。

私:美式咖啡にミルクは入れてもらえますか
店員:コーヒーにミルクはみんな入っているものよ

え?大丈夫か、この店。カフェじゃなくて、郵便局だと思えばいいのか?

上に上がる。毛沢東がこんにちは。壁には語録が額に入って掲げられている。



郵便局カラーの緑。うしろは孫文。テーマがわからないぞ。


室内から撮影。鍵がかかっていて、外には出られないが、夏だと開放?いや、行ったの8月あたまだ。



貸切だったよ。ゆっくりできたよ。


おまけ:ニュースで見た上海のカフェ。上海有家孤独咖啡馆 陪店员聊天就能免单

自閉症の服務員がいて、その子達と話すとコーヒー無料。動画はここ。お話してあげて、コーヒー代要らないって言えないよ。力になりたい人は多いと思う。

拍手[3回]

PR
【2018/08/12 00:04 】 | 博物館、観光地、散策 | 有り難いご意見(0)
<<北京に帰りたいin秋葉原 | ホーム | 中国が日本に進出+低俗だと判断されるとどんどん削除>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]