忍者ブログ
正月の縁起のいい絵(故宮書画館)
故宮の書画館で7月15日まで呉昌碩展を開催中。そこに展示してある作品。

会場に書いてあるタイトルは《花卉图轴》。


でもネットには《岁朝清供图》ともあり、そのほうが正確なタイトルだと思う。

岁朝清供的画题多与祈福新年、寄愿福寿康宁、衣食无忧有关,给节日平添祥和喜庆的气氛。

岁朝清供
というのは、正月に花、果物等をお供えする風習。おめでたいので、文人が好んで題材として描き、客間に飾り、祝日の雰囲気を色濃くした。形式は花瓶または青銅器に挿し花をする場合が多く、牡丹、水仙、梅がよく描かれた。初期は青銅器が絵で描かれていたが、清の中期以降は拓本、絵画との組み合わせになった。

その拓本バージョンがこちら。《鼎盛图轴》。

今回展示されているのを私が撮った。暗くてごめん。下はネットから拾って来た、似た作品。

《鼎盛图轴》


故宮のHPにやっとこの展覧会のことが載った。ここの▶︎をクリックすると、展覧会の宣伝動画(5分58秒)。


以下、上記の展覧会に直接関係ない故宮関係。

1. 故宫"段子手"这样向川普解说紫禁城 私の男神、故宮の院長のお話。動画3分55秒。

故宮は中軸線に対称に建物が建っている。皇帝が坐る宝座もその中軸線上にある。故宮の中には1200の建物があり、その建物群の中での地位を知るには「脊兽(吻兽)」を見るといい。3、5、7、9とあり、太和殿は10。



中軸線上に御路があり、そこは皇帝しか通れない。例外は結婚したときの皇后と、3年に一回皇帝が試験をする殿试で、上位三位、つまり状元,榜眼,探花

北京の中軸線 ←ここに地図あり。

2.6月21日起关闭永和宫
永和宮、6月21日から展示替えのため閉鎖。いつ開くかは未定。

3. 清明上河图が立体化。


時計館の隣に臨時に(あの中国人が大好きな!)「清明上河图」を映像で見られる建物ができた。事前にネットで予約する必要があるが、別途料金なしで、見られる。秋までの限定。詳細はここへ

拍手[3回]

PR
【2018/06/30 06:46 】 | 博物館、観光地、散策 | 有り難いご意見(2)
<<呉昌碩の石鼓文臨書(故宮書画館) | ホーム | 日本の教科書に漢文+中国に溢れる日本>>
有り難いご意見
こういうの好き!
この青銅器とお花の組み合わせいい感じですね。ほしいな。ご主人もこういうのやってんじゃないですか?
でも飾るところがない・・・もっと豪邸に住みたい!
【2018/07/01 03:23】| URL | 陸太太 #10c6936e9e [ 編集 ]


やっとやっとやっとゆっくりできるーーー!
二週間、受験勉強状態だった私。もう家の掃除とかしないと!

うちのダンナは拓本はとらないし、こういう感じじゃないな。これ一点くらい、今のお宅より大きくなくても(今の家でも)十分飾れるよね。そちらのブログにあったアジアンすぎる画像見て、あれだけの場所あるんだから!と今思った。続きは近くメールします。

もっと大きいうちに住みたいは本音?大きいうち、必要?私、小さいうちでいい。
【2018/07/04 22:35】| | みどり(日本代表:逃げるは恥だが役に立つ) #4dab706c50 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]