忍者ブログ
琉璃廠からカフェ(未来珈琲)
琉璃厂の買い物を終えて、珈琲飲みたい。自転車に乗って南へ下り、適当に東に向かう。そこは樱桃斜街。ここにカフェはないんだった。

西单饭店(営業してない)。これどうする気なんだろう。

 
正面。入れない。


ここから铁树斜街を西へ戻る。古本屋「内观堂书店」は閉まっていた。さらにちょっと進むと、昔の名前でいうと「壹勺子糖」がある。この店名のときに行けなかった。臨時休業中とか、いろいろで。前回行ったのは去年の10月なんだけど(自分の微博で今調べた)、そのときは郵便局ができて、「あと半月でカフェオープン」と。

未来咖啡 カフェできてた!



一階は「未来邮局」。未来の自分に手紙が出せるってやつ。記念切手などが売っていた。


鶴の恩返し、、、じゃなくて、印刷の機械が展示してある。



珈琲を注文する。店員はおばさんだ。おばさんっていったって、私よりずっと若い。

私:アイスコーヒーありますか
店員:ありません
私:未来咖啡38元美式咖啡25元はどう違うんですか
店員:(困っている)
私:豆が違うのかな
店員:んーー。あまり変わらない

それ言っちゃダメでしょ。

私:美式咖啡にミルクは入れてもらえますか
店員:コーヒーにミルクはみんな入っているものよ

え?大丈夫か、この店。カフェじゃなくて、郵便局だと思えばいいのか?

上に上がる。毛沢東がこんにちは。壁には語録が額に入って掲げられている。



郵便局カラーの緑。うしろは孫文。テーマがわからないぞ。


室内から撮影。鍵がかかっていて、外には出られないが、夏だと開放?いや、行ったの8月あたまだ。



貸切だったよ。ゆっくりできたよ。


おまけ:ニュースで見た上海のカフェ。上海有家孤独咖啡馆 陪店员聊天就能免单

自閉症の服務員がいて、その子達と話すとコーヒー無料。動画はここ。お話してあげて、コーヒー代要らないって言えないよ。力になりたい人は多いと思う。

拍手[3回]

PR
【2018/08/12 00:04 】 | 博物館、観光地、散策 | 有り難いご意見(0)
中国が日本に進出+低俗だと判断されるとどんどん削除
ニュースいろいろ。

1.中国的滴滴出行宣布与日本的软银公司(Softbank)成立合资公司,滴滴打车正式进军日本市场啦!


2. B站因低俗动漫被央视点名,“软色情”低龄化现象为何愈演愈烈

bilibiliというniconicoみたいな動画サイトに、あまりにも「やらぴー」動画が多いので、お上からダメですよって。この記事に画像があるから、見て。

3. これ4月のニュースだけど、ネットの取り締まりで、国家网信办依法约谈“快手”“火山小视频”直播短视频平台


ニュースの動画はここ(18分)。
去年の秋から「14歳でおかあさんになった」等と、結婚していい年齢に達していない子が、大きなお腹を見せたり、赤ちゃんを抱いている動画が大人気で、閲覧数も数十万。動画は削除を命じられた。

相关平台对未成年造成恶劣影响 動画2分

18歳で子どもを産んだ杨清柠。ほかに00后が制服でいちゃいちゃする動画。こういうところのコメント欄に「13歳以上の彼女募集」、「小学5年生以下に限る」とか。


4. 日本辱华小说引发华人抗议:屠杀3000多中国人成人生赢家

アニメ化中止『二度目の人生を異世界で』、原作出版元は「今後の生産未定」


5. 地铁乞丐被曝在京有2套房月入过万 自称地铁老大

地下鉄の物乞い。「この人は月収が1万元を越え、家を二つ持っている」という人もいる。本人は「自分を捕まえる権利はない」と豪語。地下鉄の職員は「この人は足が悪いふりをしたり、盲人のふりをしたり」とわかっているのだが、捕まえられない。

この国は、「規定決めてすぐ執行」という優秀な制度があるんだから、「物乞いは罰金」または「アナタの受け取った額、すべて希望小学校に寄付」とか決めればいいのに。ちなみにこの人はQRコードがあって、それをスキャンして、お金を受け取ってもいる。物乞いもキャッシュレスの時代だ。

拍手[1回]

【2018/08/11 00:00 】 | ニュース | 有り難いご意見(2)
王府井半日游
王府井のapmのジャズ屋で冷やし中華。45元。美味しかった。



ここ無料のシャトルバスがあるだが、超近場。だれのためのなんだろう?


apmを出て、昨年末にできた中环へ。美味しいパン屋だと日本人達がいう「Le Grenier a pain正本原」へ。



この硬いパンは、西红柿,彩椒,西葫芦の三種があり、彩椒にした。16元。朝ごはんは私一人だし、一個は飽きるので、半分だけ食べた。中はパプリカで腐りやすいから、何も入ってないのにすればよかったと後悔。



私が中国のパン屋で嫌だなと思うのは、防水してない紙袋にパンを入れて渡されること。カバンに入れられない。ビニールがあったから、もらって入れた。初めからビニールにすりゃーいいのに。



二階で村上隆展を開催中。点数少ないが。



ほかは洋服が売っていて、レストランは高そうだった。

建物出て、後ろも同じ中环だったが、本屋&カフェにの言几又へ行った、息子と一緒に行ったのだが、なんでもいいから買いなって言ったが、気に入った本がなかった。

『コンビニ人間』の中国語版があって、買おうか迷ったが、100元以上した。台湾の出版だったため、高い。


ビルを出て、地下鉄の駅に向かうとき、「王府井小吃街」を初めて通過した。これ出たところ。反対から入ったんだが。



さそりを揚げたのが売っていたり、旅行者、外国人が珍しがって、たいてい行っている食べ物ストリート。においが気持ち悪かった。もう2度と行かない。ここは「宰人的地方」。


参考:北京9个宰人的地方,去了你就懵比了



拍手[4回]

【2018/08/10 00:29 】 | 買い物、娯楽 | 有り難いご意見(0)
世界最大のおもちゃ屋「ハムリーズ」が北京でオープン
去年の年末に哈姆雷斯がオープンしていた。知らなかった。

拥有257年辉煌历史的英国玩具店品牌Hamleys(哈姆雷斯)。これ、有名な店なの?知らなかった。

王府井百货大楼だって、中に入ったの10年ぶりか、20年ぶりか。私は語学留学していた美大がここからすぐだったので、このあたりはよく行ったけど、百货大楼は買うようなものが売っていない。

21世紀の現在は、一階が化粧品売り場でまばゆく、日本のデパートレベル。おかしい、王府井は田舎者が行くところだから!



営業時間が午前10時から午後10時までになっとった。涙が出る。昔はそんな遅くまでやってる店なんかなかった。


野暮用で1週間に三回、王府井に行ったんだけど、このおもちゃ屋に初めて入った時は裏から。入ってすぐハーゲンダッツ。そしてメリーゴーランド。



ガチャガチャもたくさんあった。小銭両替機があり、涙が出る。そんなこと、中国でもできるようになったか。


ガチャガチャは日本のもあって、そのまま日本語のもあるし、中国語のもある。「男の付属物」という日本語はやらぴー感じがする。



5階まであって、全部子どものもの。一階しか行ってないけど、子ども行ったら楽しいだろうね。

百货大楼の中にあるので、正面から入ったら、ずんずん中に入ると到着。
 
大人でも行ってみると面白いかもね。私はいいわ。

拍手[4回]

【2018/08/09 09:26 】 | 買い物、娯楽 | 有り難いご意見(3)
点数を発表しない
1. 学校不公布期末成绩被家长投诉 校长霸气回应:铁律

期末テストの点数が知らされず、小学校に文句を言った親。この記事に通知表が載っているので、見て欲しい。点数ではなく、优秀,良好としか書いてない。これだと自分のレベルがまったくわからず、特に親が不安だろう。

でも学校は規定どおりにやっているので、それには応えられないと返事。

去年12月,教育部正式印发《义务教育学校管理标准》,标准规定,考试成绩不进行公开排名,不以分数作为评价学生的唯一标准。

「義務教育段階で、テストの点数を公開してはいけません」。競争しないと死ぬ、この国にあってよくこんなの出したな。今の小学生はうちの子たちが小学生のときより宿題が少ない。それも規定されているから。でも、小学一年生から期末テストはあるし、受験戦争はあるんだから、点数は出してもいいと思う。長年やってきたことだし。

日本の子みたいに弱いと、点数低いって馬鹿にされるぅってなるかもしれんが、ずっと競争していく民族なんだから、今更公開しないって言われても、親はもちろん納得できないだろう。

私はそんなことより、記事の通知表を見て、書道の授業があることに注目。必修にすると言って久しいが、実現している学校もあるんだな。

2. 6岁孩子每年花6万报兴趣班,妈妈:笨鸟要先飞,觉得还不够動画2分21秒

動画の初めに出てくる子どもは習い事6つ。中国人、習い事好きだよね。中国人と結婚した日本人男性から直接聞いたことある。「うちの嫁、まだ習わせようとしてて困る」って。ここに出てくるお母さんは一年5、6万元だが、一月3万元の人も。5、6万元のおかあさんが「笨鸟先飞……比喻才力不如人的人,凡事比人赶先一步」って。「うちの子、ヴァカなんだから、早く始めないと!」。おいおい。

拍手[2回]

【2018/08/08 00:23 】 | 子育て、教育 | 有り難いご意見(0)
同性愛者に冷たい中国
3男子穿女装当街“走秀”,遭民警劝离

7月3日蘇州で、女装をして男子が民警に「ここを去りなさい」と言われたことに抗議。コメントでは「アタシじゃなくて、泥棒、けんか、強盗、そういうのを捕まえなさいよ」に賛美の声。

中国人はこういう人に冷たい。そういう記事が出ると、「変態」とか「不正常」とか、逆にアメリカや日本だと、その発言の方が問題だという罵り方をする。


被称为“女子东大”的老牌国立大学—御茶水女子大学,于7月2日发布消息称:从2020年开始,接受在户籍上是“男性”,但心理上认为自己是“女性”的性别认同障碍者入学。

御茶ノ水女子大学がトランスジェンダーの学生受け入れへ
もちゃんと中国語になっている。

コメントに这要是男的想混进去とあって、私もそう思う。ただの女好きが混进去の可能性もあるよな。


拍手[1回]

【2018/08/07 00:28 】 | ニュース | 有り難いご意見(1)
琉璃廠、私のコース2018年夏
琉璃厂へ頻繁に行く私だが、集合はたいてい地下鉄「虎坊桥」駅A口。そこから西へ進み、魏染胡同を北上。



しばらく歩くと、「京报馆」がある。



ここは北京の新聞の発祥地。民国の頃は500の刊行物が100余の胡同で作られていた。ここは京报という新聞の発行所。

ここに詳しい。藏在小胡同里的京报馆

京报馆の字は社長邵飘萍(1886年-1926年)による。



どんどん北上。この両脇、書道用具店、表具屋が結構あったが、かなり閉店している。


途中、林海音故居があり、一般ピープルが住んでいたが、追い出されたようだ。
西城京报馆、绍兴会馆等15项列入明年腾退计划
宣武门外腾退疏解,又一批古建筑被救,给西城区点赞!



この通りから琉璃厂西街にぶつかる直前に、私が印材を買う「君石斋」がある。



石を多少買って、琉璃厂西街へ。紙、詩箋(便箋)を売っている店がたくさんあって、適当に入る。買う。



筆はいつもここで買う。この中入ってすぐ左の「怡弘笔庄」。


古籍書店の中で書道セットが売っていた。


これもそうだったけど、硯がプラスチック。今、日本の小学生の書道セットの硯もプラスチックなんでしょう?今時の小学生は墨汁を使うから、磨る墨の用途がわからないという。

歩道橋渡って、琉璃厂东街へ。この店では墨汁(いま墨汁持ってると誤認逮捕される?)、下敷き、墨などを買う。悲哀啊!



このレストランはお勧めしたい。琉璃厂东街を東に進んだ突き当たりにある。



静一(大众点评。湖北料理なので、辛い。どれも美味。魚の卵の料理が一番人気と大众点评書いてあり、頼んで正解。ご飯に合う。



メニューもかわいい。


この後、あっちに行くコースと、そっちに行くコースと。

<続く>

拍手[5回]

【2018/08/06 00:00 】 | 博物館、観光地、散策 | 有り難いご意見(0)
天津旅行10:天津博物館+古文化街(晴れて完)
天津博物館、デカイ。私が19年前に行った天津市芸術博物館と、天津市歴史博物館を一緒にして、天津博物館となった。

昔の芸術博物館はこんな南のほうじゃなくて、もっと駅に近い方にあって(と今調べて知った)、まわりが洋館で、雰囲気よかったのはなんとなく覚えている。

今じゃ、ボーン。大きいの大好き中国之一



身分証、パスポート等を見せて、チケットを受け取る。無料。

体調悪いし、とにかく北京に帰りたい。私にとっての「是非これは!」しか見ない。

まずは《汉故雁门太守鲜于璜碑》。鲜于璜(44—125)。字はここで大きく見られる。天津で書作品といえばこれしかないといってもいいくらいの価値。逆にいうと(いわなくていいか)。



そのほかは趙孟頫。



王鐸。


絵画の部屋で、金農。


清初の六大家(画家)とか有名どころが展示されているけど、中国国家博物館、故宮など、北京にそんなのあまたあるから(私は恵まれたところに住んでいるから)、有難味がいまいちだ。


この部屋は「清代中期絵画展」だったが、西洋画みたいな絵があった。

作者が「五徳」。私はてっきり「ウッディー」かなんか外国人名を無理やり中国語訳したと察したが、中国人だった。生没年不詳。清代中期だとしかわからない。ほかは硯とその拓本展を見た。

天津博物館は四階建て。全部の部屋に行かなかった。展示内容は公式HPへ。

出たら、目の前が池(日本だと湖か)、右が「天津文化中心大剧院」。正面はショッピングセンター。右が天津自然博物馆。夏休みに入っているから、子どもが多かった。どの建物もいちいち馬鹿デカい。

徒歩+自転車でバス停天津文化中心へ。もう一箇所で天津旅行は終わりにしたい。641に乗って、东北角で降りる。

途中、バスの車窓からアンテナ張り続けているときに、古文化街みたいなところが見えて、降りた方がいいのかと勘違いしたのが鼓楼。ちょっと行きたかったな。

で、最後の目的地、古文化街到着。中国人に微博で「(書道やってるんだから)きっと楽しめる」と書かれた。でも、体調悪く、ろくに食べてない。帰りたい。足が天津駅に向かっていて、古文化街で何が売っていたのか何一つ覚えていない。



バス停を降りて、ここから入った。あ、写真見て思い出した。潘家园みたいだった。



娘が天津に行ったことのある友達に、天津で行くべきスポットを三つ挙げられ、それが滨海,环球购,津门故里津门故里古文化街だと現場に着いて知った。

ここを見終わって、携帯出して、微信で北京行きの列車を購入。1時間後発車にした。

さあ、バスに乗って駅まで!と思ったら、小銭がない。途中スポーツドリンク買って得た小銭で、すでにバスに乗ってしまった。もう自転車しかない。摩拜で駅まで行った。



向かって左の售票处に入って、闻询口/取票口と書いてある窓口に並ぶ。



順調に中まで入り、30分以上ある。食べたくない。ただ飲みたい。普段私が決して行かないスターバックスでアイスティー29元を頼む。考えてみたら、この二日であまりお金を使わなかったな。

本当は充電したかった。でも、スターバックスなのに插座がない。29元返せ!

やけになって(?)、ウィンドウショッピング。メイソウのパクリ。メイソウでさえない悲哀の天津。


マンウォッチング。ここはビーチじゃないよ!


列車に乗り込み、35分で北京南駅に到着。着いたらすぐ窓の外が水だらけに。田舎者が「雨が降ってる!」と。

着いたとたん、列車の窓拭きが始まってた。

地下鉄乗って、足早に帰宅。痩せた。


<天津旅行記:完>
n

拍手[5回]

【2018/08/05 00:00 】 | 地方 | 有り難いご意見(0)
前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]