忍者ブログ
みどりの果敢な寒い寒い寒い北京生活(忍者版)
25日。最高気温14度。最低気温2度。空気質量144。
 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |

1. 博物館、美術館


<国家博物馆>

卢浮宫的创想——卢浮宫与馆藏珍品见证法国历史八百年 1月13日至3月31日 50元 介绍

大英博物馆100件文物中的世界史 3月2日至5月31日 50元 介绍

<中国美术馆>

中国美术馆藏俄罗斯油画精品展 3月30日至5月7日

花开敦煌——常沙娜艺术研究与应用展 3月8日至19日

<故宫>

3月15日-4月15日 大隐于朝——故宫博物院藏品三年清理核对成果展 延禧宫东配殿展厅

故宫2017年新建三处展馆
今年将进一步扩大开放面积,新建外国文物馆、考古遗址博物馆和明清家具陈列馆3个展馆。

2. 花見指南

2017最全北京赏花地点、时间、品种指南

3.東京
江戸と北京-18世紀の都市と暮らし- 江戸東京博物館 2月18日〜4月9日

拍手[2回]

PR
<雲南>中国西南の果て、南はラオス、東はミャンマーと国境を接する。雲南省の面積は38万k㎡、人口が3885万人。漢族、イ族、ペー族、ナシ族、ハニ族、タイ族など26の民族があり、中国で民族が一番多い省である。

<雲南>
大理、麗江、シャングリラ、シーサンパンナ、元陽、羅平
元陽の棚田
・羅平の世界一の菜の花畑
・大理(中国バックパッカー観光旅行記
「雲南省」のこの世のものとは思えない3つの絶景

<昆明郊外>
・石林「大石林」、「小石林」、九郷「鍾乳洞」
・西山龍門、昆明湖、華亭禅寺、大観公園
・滇池(昆明西山風景名勝地
・黑龙潭公园
・金殿
・民族村

<昆明市内>
・东寺塔,西寺塔
私が昨日書いた記事のスポットへ。ほかは博物館がいろいろある。

<お土産>
微博で特産を聞いたら、中国人の皆さんの答えは……。
・普洱茶、鲜花饼、小粒咖啡、宣威火腿、饵丝、酸角糕、过桥米线

私がスーパーで買ったのは……。

雲南コーヒー、酸角糕、ビーフジャーキー、鮮花餅。

最後にちょっと食べ物のことを書いておく。大学の先生達と食事して、こちらも北京から来ているので、雲南ならではのものをいろいろ注文してくれた。料理がくるたびに写真撮ることはできなかったよ。北京の雲南料理の店でたいてい頼む「乳饼」は知っていたが、今回初めて食べた「乳扇」。

中は甘く、チーズ揚げましたっていう味だった。二個食べたら、かなり満腹。

ほかに、見たことも聞いたこともない野菜がいろいろ出てきて、日本語学科の先生と検索したりしたけど、忘れちゃったな。メモしておけばよかった。先生方はたまたま女性ばっかりで、なんだか盛り上がって、女子会みたいで楽しかった。

昆明記は以上。

拍手[3回]

雲南大学から徒歩で翠湖へ。




中国語で「翠湖嬉鴎」という。1985年以来、毎年11月から2月にかけてシベリアから何千、何万のユリカモメが飛来し、名所となっている。

そこから徒歩で昔の軍事学校「雲南陸軍講武堂」へ。日本語wikiに載っている(ここへ)。身分証も見せないで、無料で参観できる。




その後、案内してくれた先生が「唐辛子を付けた果物を食べたいですか」と私に聞く。先生方との会食で話題に上がったのだが、雲南では果物に唐辛子をつける食べ方があるという。私はてっきり家で個人的に食べてみたら美味しかったという話だと思ったのだが、そういうのが売っているという。

店名は「雪儿钱局」(大众点评)。


しょっぱい一般的な漬物も売っているが、それと別に果物を塩辛く漬けたものがちゃんとあった。量り売りで、単位は公両(100g)。元々は傣族の食べ方らしい。




これらが↓買ったもの。手前からマンゴ、いちご、パイナップル。果物そのものは甘いが、味付けがしょっぱくて、辛い。あとちょっと苦い。北京では食べたことのない味だ。一つずつ食べて、残りはお持ち帰りした。私は好きな味だったが、息子には不評だった。


そして買い物。特産を買うならスーパーだと言われ、ウォルマートへ。



買い物終わって、昼食。万丰小锅米线(小西门店)大众点评



雲南省に来たら「米线」を食べるべき。でも前日食べたので違うのがいいとリクエストして、「卤饵丝」(写真上)と「卷粉」(写真下)。他に串物も頼んでくれた。





食後タクシーに乗って、圆通寺へ。お寺は普通山門から進んで、主殿まで平ら、またはだんだん上がっていくものなのに、ここは珍しく、どんどん下がっていき、主殿が一番低い。



お寺は山の一角を利用して造られているのだが、奥の上のほうに人が歩いているのが見える。すぐとなりが動物園で、その人たちは動物園の敷地にいる人達だった。


雲南省はベトナム、ラオス、ミャンマーと隣接しているので、東南アジアの小乗仏教の影響を受けている。铜佛殿は典型的な東南アジアの建築だといろいろなところに書いてある。




お寺を出て、まだ時間があるので、昆明動物園へ。


狼。上野動物園に狼いないよね?狼って動物園にいるんだ。


サル山を見下ろす。動物園からビルディングを一望。


雲南は中国の南だし、気候も暖かく、桜がもう咲いていた。


こっちは海棠。


動物園を出て、タクシーで40分足らずで空港へ。100元くらいらしいが、運転手が「メーターを倒さないで120元」と言い張り、言いなりの私。


中心からかなり離れている、ずっと南は建設中。

昆明ネタ続く。


クリックして拡大可。
A 云大宾馆
B 云南大学正门
C 讲武堂
D 翠湖公园
E 沃尔玛
F 万丰小锅米线
G 动物园南门
H 动物园北门

青い線は徒歩。FからGはタクシー(8元)。

拍手[1回]

3月1日

轿车开窗遭熊围堵熊孩子开窗惹祸
女模特为出名花100万整成杨幂 整形に成功したというけど、街で見てても、人口二重って絶対わかる。技術は高くならないんだろうか。

3月2日

颜值爆表投诉居榜
长寿四千岁之家全家总共96口人
盘点主持界最能赚钱的明星 1郭德纲 2谢娜 3何炅 4汪涵 5孟非 司会で稼いでるランキング。

3月7日
穿着网购来的外卖工作服能免费吃饭?你想多了

3月8日

手机烧糊女子被窝 三星再次爆炸
福建莆田救火现场:叔叔先救作业本  火事があって、小学生がまず「宿題を出して~!」と言ったニュース。私も激しく反応。同感できるからだ。うちの子が小学生のときのことを思い出した。日本から北京空港に着いて、ダンナが迎えに来て、家に着く前に外食。そのレストランにカバンをひとつ忘れた。その中には私の銀行のカード、宿題等が入っていた。慌てたのは、宿題。一からやり直せない。カードなんて止めればいいけど、宿題は……。そして翌日開店してから、すぐ取りに行って、あったときの嬉しさは一生忘れない。

3月9日

西班牙这个中式酒店 你敢住么? バルセロナのホテルで中国式の部屋に泊まった台湾人がSNSに載せた写真を見てよ。コメントは「灵堂拍片啊」とか、横に花輪を置いたほうがいいとか。

3月13日

军媒批“包子雷”抗日神剧:恶意消费和亵渎光辉历史 ←これは写真のみ。動画はここへ日本鬼子のために作った包子(中に手榴弾)。呆れる。
这位老爸帅出新高度 骑马接女儿放学 山東省で小学生の娘が誕生日の日に馬で学校まで迎えに行った父親。わざわざ誕生日と書いてあるから、その日だけなんだろう。そして、自身は毎日馬で通勤。中国広し。馬に乗る日常は別に驚くようなことではない。ただ、プッと思ったのは「因骑马时咳嗽会惊着马,他顺便把烟也戒了」。馬が咳をするので、タバコをやめた。娘より馬のほうが大事なんじゃ?


3月15日

女子直播毁坏商品 これ人肉されてないだろうか。いや、されて、ボコボコにされてほしい。スーパーで韓国商品を潰したり、、、アホな若い女。
ATM机只扣款不吐钱 男子一怒之下"霸占"了取款机

3月16日

美团现幽灵餐厅
女明星隆胸前后对比照大公开 大きい胸が好きな殿方、どうぞ。

3月17日

打假人百万买假货
毒黑木耳可致癌



追:3月15日は消費者権益日で、毎年テレビで特集番組があって、「この商品の質はひどい!」と槍玉に挙げられる。今年はそのひとつが無印良品だった。日本語でもニュースになっている

そして、3月16日に无印良品(上海)商业有限公司HPで「うちの製品は問題ありません」と表明している。同社の微博での表明に対するコメントはMUJI好き中国人で溢れている。コメント28000余。いいね多い順。

相信MUJI的品控胜过食品卫生局那帮只会吃那卡要的孙子。韩国食品化妆品没萨德以前都是好的,有了萨德以后就都不合格了。你说原因是这帮孙子以前渎职不查韩国食品还是他们的标准根本就是个P完全看领导心情?居然还好意思说自己是爱国者。之前那些食品卫生消防检验合格证不是你们自己发的?

3·15就是在混淆概念,真的感觉MUJI很冤

十分不懂,你们是就想得到muji商品就来源于核辐射区的消息而已,不给你们证明你们担心自己要死了,给你们证明你们又不相信,被迫害妄想????


拍手[1回]

昆明には二泊したが、二泊とも朝食前の散歩は雲南大学(1923年に開校)。西門から入る。


进入校园 请注意您的言行举止 こういうの、北京の大学で見たことないな。



↓これを撮っていると、通りがかりの人が「これは古いよ。60年前の建物だから。ソ連人が建てたんだよ」と教えてくれた。


専門的なカメラを持って、撮っている人もいた。絵になる。





1955年に建てられた
钟楼一見「桜」に見えるのは「海棠」。


东号舍贡院(科挙の試験場)だった。


散歩が終わり、この日は一日観光。師範大学の先生が案内してくれることになっていた。ホテルのロビーに行く。先生来る。

先生:雲南大学の中は見ましたか
私:今、散歩してきました
先生:長い階段のところまで行きましたか?
私:え?長い階段??行ってない

そして一番奥まで行くと、あった。長い階段。






そして正門から出る。

<市内観光に続く>


拍手[4回]

北京空港。ダンナが送ってくれないので、自力で行く。三元橋から空港行きの電車に乗る。第三ターミナルまで15分。第二まで30分。第二で降りて、安全検査は女性専用があった。


飛行機に乗ること3時間半。東京に帰れるほど遠い。

雲南大学の中のホテル「云南宾馆」に直行。ホテルのある通りは「文化巷」と呼ばれる賑やかな通り。予習してあって、行きたいと思ってたんだ。

因沈从文老人、冰心老人、李公朴先生……一代文豪,经常坐在文化巷里某个小茶馆里,谈笑风生。
↑ここに3人あがっているけど、著名な作家。この人達が茶館で談笑していたので、道の名前に「文化」がついた。

夜ちょっと散歩して、朝も散歩。

朝、店はほぼ閉まっていたが。



メニューには普洱茶が書いてあったが、座っている人は麺みたいなのを食べていた。あ、米粉か?

ホテル(市内)から車で1時間で、雲南師範大学に到着。準備して、お昼食べて、午後2回講義(内容については昨日書いた)。

晩ご飯食べて、また車で1時間かけてホテルへ。部屋に戻り、教材等を置いて、一人で夜の散歩。

見てわかるかな?店のドアがない。開けっ放し。これ一番寒い時期もそうなんだって。商店も食堂も。閉店時はシャッター。


漫林书苑(大众点评ハガキ、地図、文房具も売っている本屋。


どんどん前進。


横浜系ラーメン屋。


カフェ。ソファー席がなく、入らなかった。すぐ横の地下に本屋あり。


建设路。


一二一大街。雲南師範大学(古い方のキャンパス)。


文化巷に戻る。


カフェが結構あるし、本当はコーヒーを飲もうと思ったが、なんとなくホテルに戻ってしまった。となりのスーパーで雲南産のインスタントコーヒーを買って、部屋で飲んだ。

これって香港にあるって聞いたことがあるんだけど、コーヒーと紅茶が混ざっている飲み物。私が買ったインスタントコーヒーは紙コップの中に二袋あって、二回分飲めるかと思ったら、一つはコーヒーで、一つは紅茶だった。果たして両方の味がした。

<翌日の観光に続く>

地図(クリックして拡大可)。

A. 云大宾馆
B. 和民(日本料理)
C. 漫林书苑
D. DEMO CAFE,大象书店
E. 云南师范大学
F. 云南大学

拍手[2回]

北京日本文化センター(国際交流基金)が対日理解と交流を促進する「ふれあいの場」事業をやっていて、その一環として、私が講義に行くことになった。

雲南師範大学。空港から車で1時間(市内からも1時間)。このあたりは「大学城」と呼ばれ、市内の大学の一部がどんどんここに引越し、大きなキャンパスを構えている。まわり何にもない。大学だけ。


郊外だから、いちいちデカい。キャンパスデカい。図書館デカい。今回のイベントは図書館の中。


まずは3階の日本の図書のある部屋を見学。週刊ジャンプやワンピースの単行本もあった。




イベントは1階。二回に分け、13時半からと15時半から、それぞれ1時間半ずつ。


浴衣着て来た子がいたのよ。この子達が入ってきたとき、先に座ってた子達が「うおーー」って。私も「おおおお」と。その「気合い」、有難う。運動靴だったけど。

ハガキを作って、筆ペンで俳句を書く。


一回目が終わって、参加者がどんどん去るのだが、個人的にハガキを一枚私に差し出し、「先生、ここに俳句書いてください」という子が続出。ハガキは一人あたり4枚配られていて、4首俳句を書くように言ってあった。おいおい、3枚しか書かなかったのか。

いやいや、書くけどね。サイン会かっ!


ある男子学生に「この写真撮って、私の微博に載せていい?」と聞いたら、「いい」と。

頑張って、上手に書いているよね。

6つの大学から、日本語学科の学生と日本語を勉強したことのある学生、計50人以上が参加した。日本語学科といっても、1年生だと半年くらいしか勉強していないから、私がすべて日本語で話すと聞き取れないに違いない。でも、せっかく日本人の先生が来て、日本語も聞きたいだろう。半々でしゃべるつもりだったが、私の言っていることを理解して欲しい気持ちが強くなり、中国語の方が多くなってしまった。いつもそうだ。チト反省。

私が「ふれあいの場」に参与するのは初めてなのだが、次の機会を今からとても楽しみにしている。

拍手[4回]

Copyright ©  みどりの果敢な寒い寒い寒い北京生活(忍者版)  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]
Admin ♥ Write ♥ Res
アンケート
最新コメント
[03/25 みどり说话刻薄(口が軽い)]
[03/25 みどり嘴严(口が堅い)]
[03/25 みどり插嘴(口を出す)]
[03/25 みどり尝,吃,说,提到(口にする)]
[03/24 マリズ]
[03/24 マリズ]
[03/24 みどり走嘴,失言(口がすべる)]
[03/24 sumari ]
[03/23 みどり会说奉承话,能说会道(口がうまい)]
[03/23 みどり从长远看(長い目で見る)]
[03/23 sumari]
[03/23 wanko]
[03/23 陸太太]
[03/23 みどり携帯から]
[03/22 陸太太]
総アクセス数
みどりの自己紹介
HN:
みどり
性別:
女性
職業:
書道展を主催等
趣味:
書道
自己紹介:
業務連絡

26日 9時10時
28日 13時半
4月10日14時

<ペン字>
建外SOHO shala  .25日4月1日14時15時
亮馬橋BAKE&SPICE 27日 10時
ブログ内検索
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
4
18
26 27 28 29 30 31
アクセス解析
バーコード