忍者ブログ
新潟情報大募集
夏、久しぶりに家族四人で帰国するチケットを買った。そして、私が行ったことのない新潟へ行くことにした。私が車を運転しないという難点があるのだが。

目的は3年に一回の「大地の芸術祭」。

<アクセス>
東京ー上野ー越後湯沢
上越新幹線時刻表

越後湯沢ー十日町
北越急行ほくほく線 時刻表

<十日町>
十日町観光協会
越後妻有里山現代美術館
・「光の館」ジェームズ・タレル 
・まつだい「農舞台」
・「棚田」イリヤ&エミリア・カバコフ
・「鉢&田島征 三絵本と木の実の美術館」
・「脱皮する家」
・「星峠の棚田」
・「たくさんの失われた窓のために」

<車なし参観>
・2015 新潟 十日町 高速バスで大地の芸術祭 初日 2日目


<地図>
・白地図
手書き

<コース>
1日でまわるオススメコース

<宿> ★部屋あり

貸民家みらい 満室
・夢の家 満室
・オーストラリア・ハウス
・うぶすなの家 芸術祭会期中は宿泊不可
・十日町ふれあいの宿 交流館(十日町駅より徒歩8分。築40年)
百年の館 8月10日以外満室
旅館清水屋 駅から徒歩2分。6000円。満室
温泉御宿 龍言 「六日町駅」より徒歩20分 15000円
・山の家(ドミトリー) まつだい駅から徒歩5分
林屋旅館 6000円~ 十日町駅より車で20分
・ベルナティオ 2万
農家民宿大地 ★ 魚沼中条駅
旅館明星 ★ まつだい駅からバス25分 10600円
・雲海
・農家民宿もりあおがえる(津南)

ホテル 2015
大地の芸術祭 宿泊〜予約可能な穴場のホテル・旅館〜

<食>
・よしや(十日町)そば
そば処 松苧(十日町)水曜定休
・カールベンクス古民家レストラン『渋い』月曜定休

<まとめ>
2018年夏【大地の芸術祭】新潟十日町で開催!宿泊施設&アクセス、楽しみ方総まとめ!

<記事>
越後妻有アートトリエンナーレ2006
大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 2018 里山を巡るアートの旅を楽しもう

まだ宿をとってない。もうないか?新潟行くならあれしろこれしろ。なんでもいいので、情報ください。

ホテル最安値を探す。アゴダ


追記:いただいた情報をどんどん追記

棚田
村上市
・新潟市水族館 マリンピア日本海
・魚沼の奥只見湖
・津南のひまわり畑
・松之山のブナ林
・十日町の清津渓谷
・直江津の上杉謙信の山城
・海なら柏崎、佐渡






拍手[3回]

PR
【2018/07/29 10:52 】 | 日本・日本語 | 有り難いご意見(5)
天津旅行5:張園+西開教堂+伊勢丹
溥儀故居を出て、何か飲みたい。いつもはネットで探すけど、こんな人の多い観光地の近くにないわけがない。すると、徒歩30秒で道路の向かいにカフェ(甘COFFEE)を発見。



脏咖啡(北京でいうところの「污咖啡」)を注文。なんで中国人は「きたない」の好きなの?っつーか、頼むアタシもアタシ?でも、これは好き。

壁に天津旅行マップが貼ってあって、写真を撮った。少し参考になった。

溥儀の故居静园で見たビデオの中で、「静园の前は张园に住んでいた」と言っていて、そこへ行ってみたいと思った。そしたら、とても近い。

高德地图を見ると、近所に天津日报美术馆がある。新聞社の美術館なんて行ったことがないので、向かう。看板だけはあったが、開いてなかった。



そして张园に到着。25元。静园より高い。


张园是清代两湖统制张彪于1915年所建的豪华宅院。1924年冬,孙中山应冯玉祥将军邀请,偕夫人宋庆龄北上商谈中国统一和建设问题,由上海绕道日本到天津后,下榻于此月余。1925年,清逊帝溥仪从北京逃至天津,也曾居于张园。

孫文も住んでいたことがある。全部見てたら、キリがないので、入らなかった。あとで知ったが、ここは今年3月に公開されたばかり。

カフェの地図に載っていた教会を見てみたいと思い、自転車に乗って、向かう。

高德地图が間違っていた。私はかなり地図が読めるオンナ。もっと前進したらあるはずなのに、左手に教会が見える。すごく立派。教会は二つもあるのか?地図には従わず、見えた教会のほうへ向かうと、すぐ隣の小区の入口しかなく、住民じゃないと入れないようになっている。保安に「あの教会は西开教堂ですか」と聞くと、「あれはフランスのだ。この中は入れないよ。教会に行きたかったら、ぐるっとまわらないと」。やっぱり二つあるのか?別のでもいいや。そのフランスのにぐるっと遠回りしてたどりつく。書いてあった。西开教堂



なんで地元の人、正確な名前を知らないの!



西开教堂是民国五年(公元1916年)由法国传教士杜保禄(Paul-Marie Dumond,1864~1944)主持修建;建筑面积1891.95平方米,可同时容纳1500人,平面呈十字形。

信仰心ゼロの私でも、こういう厳かなところへ来ると、心が洗われる。ただし、勧誘されると困るので、建築様式をしっかり見て、去る。

そこから自転車で伊勢丹へ。徒歩範囲だが、最高気温36度だったから、とにかく乗る。


地下でたこ焼きを焼いていたのは、日本人だったと思う。特設会場で日本展といって、日本の服、雑貨など少し売っていたが、私が買いたくなるものはなかった。

<続く>

拍手[7回]

【2018/07/28 01:12 】 | 地方 | 有り難いご意見(0)
天津旅行4:溥儀故居
起士林での昼食後、徒歩すぐの地下鉄1号線「小白楼」駅から二つ目の「鞍山道」で降りる。そこから自転車に乗る。

すぐに日本家屋を発見。



原武德殿,是为日本人举办演武大会的场所。现在是天津医学院图书馆。建物の中に入ろうとしたら、カードをスキャンして入るようになっている。医大の図書館だから、関係者しか入れない。

ここを右折して、目的地へ。ここのブログで情報を募集したときコメント欄に書かれた溥儀故居(静园)。



20元を払って入る。

静园初名乾园,为北洋政府驻日陆宗舆宅邸,1929年—1931年,末代皇帝溥仪于此居住,更名“静园”,寓意“”。静园主体建筑属于折中主义风格,带有日本木构建筑特点和西班牙建筑的样式。<出自百度百科>

元は北洋政府駐日公使だった陸宗輿の邸宅。1929年から1931年に溥儀が住んだ。日本式+スペイン式建築様式。



溥儀と婉容がお迎え。いやいや、おかしいから。溥儀の顔は細長いんだから!私は一連の「萌萌哒」シリーズが大嫌い。故宮にもあるよね。これ系のグッズ。

敷地右が資料館。中国語、英語、日本語とあり、日本語が日本人がチェックしていないレベル。







五列目、左から二番目が吉田茂と言われても、どれが五列目?ちゃんときれいに立って欲しい。


最後の「歩んでいこうと思います」の主語は誰?この文章を書いた人だと私は思うな。

10分くらいのビデオがあるから、見ると理解が深まる。涼しいし、座れるし(目的はそっちか)。ここを出て、正面の建物へ。



一階入ってすぐ左。ここから「静园」と名付けたとビデオで言っていた。




婉容卧室


溥仪卧室


夫婦なのに寝室が別。うちみたいじゃないか。うちは寝室どころが、家が別だがな。

溥仪书房


三階建てだが、三階は立入禁止。出る。

庭もいい感じ。



もう一つ小さな展示室があるのだが、民家を経て、中国語でいうと腾退。つまり追い出して、2007年にこのように修復したというのが写真で対比されている。



ここの場所に確かに溥儀が住んでいたんだけど、この写真見たら、今のは作り物なんですと主張されているみたいで、興ざめした。でも、それはあくまでも第三者の勝手な意見だ。北京でいうと、胡同がどんどん消失して、街がつまらなくなると、みなよく言う。でもそれは仕方ないと思っている。人口が増えて、いろいろな意味で進歩して、100年前と同じ道や家は無理だ。

ここも「溥儀が生きた空間」として、素直に参観すべし。

<続く>

追:このあたり、日本の租界だったのだが、いい記事を見つけた。「旧租界に残る近代日本:旧武徳殿と静園」。

拍手[4回]

【2018/07/27 11:00 】 | 地方 | 有り難いご意見(4)
大学受験を振り返る
高考が終わって、点数が出て、希望の大学(学部)を6つネットで提出。そして大学が決まったのが二週間くらい前。うちの息子は4月の時点で、美大の実技の結果が出て、浪人が決定。

でも6月の高考は受けた。SATみたいに来年に使うことはできないので、来年も受けるんだけど、自分がどのくらいの点数なのか知りたいから、4、5、6月と毎日高校に通った。最後の最後まで高校が受験勉強してくれるので、有難い。来年は自分で勉強しなきゃいけないわけだから。

国美校考最后一轮阅卷,为你揭晓高分卷的通关之路

この記事に動画もあるので、中国語の勉強にどうぞ。下に記事があるけど、写真も見てほしい。私、暗記しちゃったよ。当時ニュースになったし。杭州の中国美術学院、受験者数7万8000人。合格者は1621人。え?何倍??

試験官も大変。低头族になる。体育館の中なのに、1日2万歩歩いたとか。受験生の絵を見て↓

第一段階 合格、不合格に分ける
第二段階 合格の中からA、B、C、Dに分ける
第三段階 A、B、C、Dすべてに点数を20数人の試験官がつける

このあとまだまだあって、敗者復活まである。興味ある人は記事読んで。

中国のビックリなところは、点数をすべて知らされる。どの美大も実技が三科目あって、その三つの点数、そして合計点が通知される。

中央美術学院、中国美術学院はレベルの高い美大なので、点数が出てすぐに、各美大予備校が合格者の名前と三科目の点数、順位まで発表。「うちはこんな優秀な子を出しました」って。

競争の中にいることを否が応でも感じさせられる。親のアタシが。「息子ちゃん、頑張れ」としか言いようがないわ。

美大受験は志望する大学個々の試験を受け、合格者が発表され、そのあと高考を受けて、また一部落とされる。絵だけ上手でも、勉強できないとダメってことだ。


息子の高校のクラスの子達。留学に行く子、特に専門分野を学ぶので大学に行かない子を除き、大学に進学するんだろう。微信のクラスの子のグループでは、いい大学に受かった子が毎日嬉しそうに報告するらしい。うざいな。でも、言わない子のほうが多いから、どこに受かったか知らないという。私も自分が高三のときのクラスの子、親しい子以外はどこへ行ったか知らないわ。


以下、一般的な高考のニュース。

高考结束夫妻扎堆离婚 有多少父母是“为了孩子”在凑合? 動画48秒。

中高考以后だって。つまり高校受験、大学受験の後に離婚。

コメント欄にこう書いてあった。作为一个从小就是三天一小吵五天一大闹的家庭里长大的人 在这里劝各位父母 你们 要离赶紧离 别总说为了孩子 你当我愿意天天看你们吵架?然后总说 如果不是为了你 我早离婚了???长痛不如短痛


こっちは大学生の話題だが、期末テストの様子。

一页开卷!大学考试允许带“小抄” 学生“控诉”:还不如闭卷

闭卷开卷があるが、持ち込み可の場合は、二日寝ないで資料を手書きする学生もいる。コピーだめ、貼り付けダメなので、100%手書きにしないといけない。こんなの普段からやっておけばいいんだよ。え?アタシの大学生のとき?だって日本の大学、期末テストのストレスないもん。理解できないわ。

受験生の母親、まだまだ続く。

拍手[4回]

【2018/07/26 06:51 】 | 大学 | 有り難いご意見(3)
天津旅游3:起士林
ホテルをチェックインして、荷物を置いたら、さあ観光に出かけよう。このとき予習がまだ十分でなかった。

・古文化街
・五大道
・海河
・天津博物館
・滨江道


スポットだけチェックしても、そこに何があるのかわからない。2番目と5番目は道だよね?百度でどんな道なのかを調べる。そんなことを着いてからやっていた。

まずは昼食。天津といえば狗不理包子だが、北京の支店はまずいとみんな言う。天津に住んでいた日本人が「天津のもうまくない」。

今年天津旅行した友人が「起士林で食べた。大众点评でお得なセットがある」と言ったのを思い出し、行ってみた。食べなくても古い建物を見るだけでも。

ホテルから自転車で行ける距離。でも途中、开封道が自転車進入禁止で、そこから徒歩。



欧州に来たかと思ったよ。1922年建設されたときは平安电影院。1956年から現在に到るまで天津音乐厅

そのすぐ向かいに起士林大饭店(小白楼店)  ここが本店。

“起士林”是天津乃至中国最早的西餐馆。在清末,1900年八国联军侵占天津以后,相传有一个随着德国侵略军来津的德国厨师,名叫起士林,以制作面包、糖果著称。



一階の入口で「三階へどうぞ」って言われた。上がってわかった。

一階 お菓子が売っている
二階 ロシア料理
三階 ドイツ料理
四階 フランス料理(格式高いっぽい)

大众团购で584元の二人コースが198元。お得だけど、量がたくさんあるってことだよね。そんな食べないよ。娘とさんざん迷って、でも聞いた。そしたら、前日までに予約しないといけないという。え?明日来るか?と真面目に迷ったが、明日の昼間どこにいるかわからないし、諦めた。

メニュー開いて、まあ安くないよ。メインにライスが普通の頼み方なのかな。メインは100元前後。スパゲティだけ38元。娘が「これ二つでいいじゃん」。いやいや、一つはいいけど。



結局頼んだのは、罐焖牛肉78元、 意大利面(肉酱汁)38元。大众点评で100元につき8元安くなり、計108元。天津の方が物価は安いと思う。シチューは肉が多くて、北京でこの値段はないなと思った。ご飯付き。味よし。そしてスパゲティのソースの味はいいんだけど、麺が茹ですぎなんじゃなくて、米线みたいな食感で、不思議だった。


微博にここでの食事を書いたら、中国人が「小时候去过一次」とか「起士林的罐焖牛肉的肉不硬嘛?我记得以前吃过,完全咬不动」とか。これに対して、私が「我吃的很嫩」と答えたら、日本語で「もう十年前食べたものですからね」と返事がきた。

天津人なら行ったことあるんだろうなあ。北京人がめったに食べないが、食べたことはある北京ダックのように。

<続く>


【一日ペン字教室】大人もお子さんもどうぞ。
日時:7月30日(月)13時半から
場所:亮馬橋『言几又』(本屋兼カフェ)
申込:midoriiro★sina.comへ(★を@に)当日8時までに

拍手[3回]

【2018/07/25 08:41 】 | 地方 | 有り難いご意見(2)
中国好声音2018始まったーーー!
「三度のお食事より好きな中国好声音」と、3年くらい前まで言っていたが、ここ数年つまらなくなった。でも今年はいいよ。まだ一回しか見てないけど。パワーを感じる。面白い。

審査員が今年は初めて全員男。女性歌手は入れた方がいいと思うけど。

全部見たい人はここへ→中国好声音第1期 動画1時間半。閲覧数2億。人口大国万歳!

このうち良かったのを列挙。クリックして歌聴いてちょーだい。

周杰伦谢霆锋李健庾澄庆《霍元甲》 審査委員四人による《霍元甲》。李健にこの歌は無理だ。

《山海》黎真吾 トップバッター。この番組、毎年トップバッターは絶対にうまい。本当にうまいと思ったら、音大の流行歌専攻の4年を卒業したばかり。日本の音大にそんな学科はあるのかないのか。私はオリジナルは华晨宇だと思っていた。でも、草东没有派对だった。聴き比べてほしい。

《魔鬼中的天使》康树龙  オリジナルは田馥甄

《权御天下》打包安琪 ←女子二人組みなんだけど、こういう歌い方、聞いたことない。オリジナルはこうでない。今年はまだ半年あるけど、2018年一番印象に残った歌に決定!楽しい。これカラオケで歌えるようになりたい。

オリジナルは洛天依。うちの息子が教えてくれた。洛天依は日本でいうと初音ミクのようなボーカロイド。

私、この番組、メモしながら見ている。審査員のうちの一人、李健は清華大学卒だから、四字熟語どころか、文語も出て来て、その他の皆さん、???状態。他の人が言ったのも含めて、以下が本日の中国語学習。意味は知っていても、口からスラスラ出てこないアタシ。いったい何年中国にいるのかと自分を責める。

返祖归宗/有的放矢/一知半解/翘首以盼/与生俱来/恼羞成怒/言归正传

意味まで書かないよ。私はノートに意味まで書き留める。そうでもしないと、本当に漢字が書けなくなってしまう。


拍手[3回]

【2018/07/24 00:52 】 | 音楽、映画、動画、本 | 有り難いご意見(0)
天津旅行2:天津第一飯店
ホテル選び。できれば外資じゃなくて(そんなの世界のどこにでもあるから)、設備が劣っても、中国式のホテルに泊まりたい。西安の钟楼饭店はよかった。

読み終わったばかりの『北京閑話』という本に書いてあったが、天津利顺德大饭店は「1863年開業 李鴻章愛用。溥儀、張学良も宿泊した。中国のホテルの中で唯一国務院制定の重要文化財」。

ホテルも微信で予約し、支払ってしまいたい。値段は朝食なしで820元。これは一部屋の値段であって、一人でも二人で同額。私が天津に泊まることもそうそうないので、奮発しようか迷った。

ほかの歴史あるホテルといえば、天津第一饭店。上記のホテルのすぐそばだ。朝食なしで358元。パソコンを開いて、携程も見る。価格は同じだが、一番安い部屋は内宾と書いてある。微信艺龙なのだが、内宾とは書いていない。頼むから情報は統一してほしい。というか、正確に記載してほしい。

ホテルに直接電話した。外国人が泊まれないホテルだったり、安い料金は外国人に適用されないことがある。夜の11時にかけたら、電話に出ない。家の電話から、携帯から十回はかけた。出ない。え?ホテルは24時間やってるよね?

そして翌朝9時、出た。夜、電話に出ないんかい!

私:外国人でも泊まれますか
ホテル:泊まれます
私:でも携程に内宾の部屋がありますけど
ホテル:泊まれます

いやいやいやいや、信じない。ネットで先に払っちゃって、あとで返ってこないと困るから、やはり行ってからにした。もしそこがダメでも、ホテルなんてたくさんあって、野宿ということはありえない。

で、昨日のつづき。北京から35分乗るだけで天津に着くなんて、21世紀よ、有難う。私は1991年発行の中国のガイドブックを持っているんだけど、そこに「天津まで特快で1時間40分。1日5本出ていて便利」とある。2018年は1日に168本も出てるよ。

10時半頃、天津駅に着いた。ホームから下りたら、出口が北と南に分かれている。南から出て、「公交车」乗り場へ進む。

ここは地下一階。この中からバス停へ行く。



奥に進むと、バスの番号が書いてある。


そして地上に出て、バス停にたどり着くが、バスのカードがないので、現金を払う。バスに乗っちゃったら、おつりが出ない。すべて2元で、二人で4元。小銭をまったく持っていなかった。↑この階に降りて、売店で無理やり飲み物を買う。

地方へ行くと、バス用の小銭を用意するのが大変だ。食事、買い物、すべて微信で済ませてしまうので、小銭がない。

天津站(バス停)から953(13も可)に乗って、3つの目の泰安道で降りる。
赤い字がお迎え。

奋力夺取新时代中国特色社会主义伟大胜利

後ろは皇家游艇会という金持ちそうな名前。この斜め向かいが利顺德大饭店。

バス停から1分で、利顺德大饭店の裏。


表にまわる。



泊まらないと決めたけど、ちょっと入ってみる。このホテルは地下一階に博物館がある。開いているのか見に行った。



入場料50元。入らなかった。宿泊客は無料。いつか泊まるとき(が来るか不明)に。 



映画に出て来そうなエレベーター。使ってないけど。

そこを出て、天津第一饭店まで徒歩5分。



天津第一饭店是一家建造于1922年的英式建筑风格的饭店。
梅兰芳
も泊まったという記事はここへ→梅兰芳住过的天津第一饭店 今のホテル名は喆啡酒店だが、第一饭店も併記されている。

フロントでまず「外国人は泊まれますか?」「一番安い部屋はいくらですか」。私、日本だったらこういう不躾な質問はしないと思うけど、「ネットとフロントとどっちが安いか」。ちゃんと「朝食を入れたら、フロントの方が安い」と答えてくれた。すぐまわりは朝ごはんが食べられるようなところがない。それで込みにしてもらったら、朝食38元という券を二枚くれて、378元。金曜だから、平日より高い。ツインよりダブルが安いのでダブルに。

フロントにコーヒー入りお茶(咖啡花果茶)があった。コーヒーの味はしなかったほど薄かったが、こういうサービスはいいと思う。



11時半だったんだけど、部屋に入れた。



天井高い。部屋広い。バスタブもあった。



ドリップ式のコーヒーがあって、淹れ方が箱に書いてある。スジャータ(は商品名か。その普通名詞、誰か教えて!)もあって、感動。三つ星なのに。

一階に中華。朝ごはんもそこ。そして和食屋もある。ホテルの向かいにつぶれた和食屋もあった。どんだけ日本好き?

ホテルの前には必ず自転車(ofo摩拜も)があったので、至極便利。


翌朝、全然食欲がなかった。翌日の体調なんてわからないから、朝食券って冒険だな。というか、私は健康優良児なので、具合が悪いことがまったくなかったのにぃー。このときは無理やりお粥をちょっとすすった。お皿に小さい包子と小さい油条をとったが、どうしても食べられず、内緒で持ち去った。

フロントで「チェックアウトの時間は何時?」聞くと、「部屋番号は」?と聞かれた。え?部屋によって違う?答えは「13時」。すごいね。午前11時半に入って、翌日午後1時まで。

でも、外出してまた戻って来るのめんどくさいし、荷物も超最小限なので持ち歩いても大丈夫。朝、チェックアウトして出た。

このホテル、大満足。

<続く>

拍手[5回]

【2018/07/23 12:00 】 | 地方 | 有り難いご意見(3)
今年初めて映画館へ行った:我不是薬神
あまりも話題になっているから、是非観たいと思っていた『我不是药神』。中国人の書いたネットでの記事を全部保存してあって、映画を観てから、それらを読もうと思っていた。

少なくとも3人の日本人が私に「観てよかった」と言った。結果、「観てよかった」(と繰り返す)。映画館で映画観るのは今年初めてかな。家でネットで視る余裕もないのに、況や映画館をや。いやいや、観る習慣がないだけだ。

中国語初級レベルでもストーリーはわかると思う。簡単に言うと、白血病の抗がん剤が中国では高すぎるが、インドに同じ効用の薬があり、値段もずっと安い。それを密輸していた主人公が……。ネタばれになるからこのくらいにしておく。

私は最初の画面で主人公、本名徐峥を見て、あ、この人は普段スキンヘドなのに、髪の毛がある。カツラに見えないかなとか、余計なことを考えてしまった。

电影由真实事件改编。これは実話に基づいている。詳細はここへ→“我不是药神”原型陆勇: 曾涉嫌卖“假药”被抓,千名病友求情

东方卫视崔永元访问《我不是药神》原型陆勇: 你现在后悔吗? 陆勇(主人公のモデル)が崔永元のインタビューに答えている。崔永元って今、吼えに吼えて、身の危険は大丈夫なのか?動画5分。

徐峥、王传君、谭卓、章宇合唱《生如夏花》 歌5分

我不是药神里的格列卫为啥这么贵?(李永乐老师) 動画10分

李克强就电影《我不是药神》引热议作批示

これ日本語にもなっている

李克強総理が映画「我不是薬神」の反響を受け当局に指示

听说中国25亿票房的《药神》海报抄袭他们的《海贼王》后,日本人彻底怒了 

またまたパクリですかい。これひどいよ。でも、ちゃんと認めて謝罪文も載っている。まあ、何かと話題なので、映画そのものはお薦めしたい。

ほかに上映中の映画でいうと、『阿修罗』はすごくお金かけたのに、不評。

個人的には『动物世界』は観たい。原作『カイジ』のほうがずっといいって中国人達が言っているから、どのくらいダメなのか見てみたい。しかしすべて3D。無理。私、『アバター』で懲りてるから、絶対見ない!

今年はもうちょっと真面目に中国の映画観ていきたい。

拍手[2回]

【2018/07/22 22:04 】 | 音楽、映画、動画、本 | 有り難いご意見(0)
前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]