忍者ブログ

みどりの果敢な北京生活(忍者版)

29日。最高気温35度。最低気温17度。空気質量102。

笑尿了って下品な言い方だよなー

1. 中国語勉強中の中級者以上に。訳さないよ。ひたすら笑った若い男女のやりとり。

北京一对情侣聊天记录曝光,有个聪明的女友太可怕了!

2. NHK中国語ラジオ講座のテキストに東北方言「あっしは日本人で…」

「レベルアップ中国語」だというが、レベルアップするなら、方言じゃなくて、別の方向に行ったほうがいいと思う。中国語を学ぶヒトは実用的な言い回しを習いたいはずだ。

拍手[1回]

PR

海底撈の評価+ラーメン

1. 海底撈の続き。ネットで見た海底撈情報。

海底捞的服务有毒 全国网友都炸了

去年の6月に「一人で食べに行ったら、服務員が向かいの席にぬいぐるみを置いた。これで寂しくないでしょう」って。↑写真見てよ!マイメロディ様だ。

そしてコメントの嵐。いいねが3729は「上个厕所就差给你扶J8了」。羞恥心、乙女の心を捨てて訳すけど、トイレに行ったら俺のアレを持ち上げてくれそうになった。次にいいねが多いのが4056で、「鍋に具を入れたりずっとおしゃべりして、40分で食べて帰りたかったのに、90分でやっといなくなった」。「三つ編みをやってあげるとと言われた」。服務員、ヒマなんかい!「食べる量が少ないと言って、鍋からお碗にどんどん入れられた。おまえはおかんが派遣したのか」。この記事と別に微博でも私は見ていて、「僕の宿題はやってくれるのかなあ」等等。おかしいから、是非読んで。中国語の勉強にも。一つ中国語つけておくわ。もう訳さない。「前天去海底捞我就问了句孕妇可不可以喝那个饮料,结果快吃完的时候他们送了这个礼品袋,一个橙子一个火龙果和宝宝画像,服务员小哥说橙子是称心如意,火龙果红红火火,宝宝画是希望宝宝生出来健康可爱」。

でも、今回行ってみて、私が思ったのはこれに同感。「我去海底捞从来没有收到任何礼物,我感觉我去了个假的,而且服务也就一般」。

2. 王中王得剥光皮后在微波炉里转一转才好吃!!!好吃到坠毁,好吃到飞起!!简直打开了吃货新世界的大门!!!煮鸡蛋蛋黄里加一点酱油吃!超级好吃!!

中国でよく売っているソーセージ。これを電子レンジで温めると美味いって書いてあるから、やってみた。確かに温かいほうがやや美味い。そもそもこれ買わないけど。

3. 私、この食堂シリーズに行ってみたいと思って、一つ行ったら、名前が変わっていた。 盘点6家帝都最值得一去的“食堂”!

山川之蕴居酒屋(原港口食堂)

ザッツ居酒屋。演歌が流れているし、メニューも日本。醤油ラーメン35元は美味しかった。ただ……。

トイレが店の外の共同スペースなんだけど、恐ろしかった。ボロボロで、誘拐されるかと思った。

豐食堂、鈴木食堂は行った。胡同食堂はいつか行きたい。誰か一緒に行こうよ。人民公社大食堂は順義かあ。遠いなあ。

4. 樱之乡

SK大厦の二階。東京ラーメン(醤油ラーメン)46元。こんにゃくを入れて、店で作っているという麺。日本人が作っているし、味はいいよ。値段が高いな。

時間切れだ。以上。

拍手[1回]

これ、両只老虎のメロディーだ

今、担任から父兄のグループに連絡が来て、「14日(金)保護者会です」。え?明日は金曜日だけど、まさか。え?明日?カレンダーで確認しちゃったよ。明日14日じゃないか。今に始まったことじゃないけど、笑った。

ついでに笑った動画。なんで最後が毛沢東?

外国人是怎样记住中国历史的!

すみません、誰か!前後の英語は何を言ってるの?

拍手[0回]

書道で遊び、チト交流

  微博で「书法雅集」というのを見ているのだが、古今の書作品、篆刻作品を載せるのみならず、「これはなんて読む?」等、クイズなのか、ご本人も読めないのか、画像が貼られる。

1. 谁来说说这个印的来头?

文艺皇帝宋徽宗有七枚最常用的收藏印,称“宣和七玺”。图中的双龙肖形印是其中之一(名画用方印,法书用圆印)。

翠midori:こんな風に分かる人、かっこいい
一匹馬_:回复@翠midori:emoji您过奖
翠midori:回复@一匹馬_:你懂日语吗?
一匹馬_:回复@翠midori:一知半解。请指教emoji

  私がこの写真を見てわかるのは、左の「巻上」という字から、作品は「書譜」。書いたのは唐の孫過庭で、現物は台湾の故宮にある。でも印はわからない。「宋の徽宗の双龍肖形印だ」とわかるなんてすごい。ほぼコメントしない私だが、思わず日本語で書いてしまった。そしたら、中国語で「褒めすぎです」と書いてくるので、おいおい、日本語わかるのか?と思い、再度書き込みをすると、ちょっとわかるという返事。日本語で気軽に悪口書けないよなあ(おいおい)。

2.敢不敢把这条微博@ 给某个人

これ笑った。これを誰かに本当に送ったら、友達なくすわ。誰が書いたか書風を見ればわかるけど、究極の一筆書きが特徴の傅山。(明末清初の書画家)。禽獣って書いてあるんだよ。

3. 中国人の大学生で毎日臨書してアップしている子がいて、その子を見習おうと思って、たまに#毎日写字#を投稿している。私は毎日書いているけど、一つ作品を臨書し終わらないとアップしない。

  書道だけでも勉強する内容が多すぎる。ハンコ見て、「○○の○○印」って言えるようになりたい。乾隆帝だけはずいぶん見たからちょっとわかる。

  興味のある人はここへ。乾隆皇帝有多少印章?

拍手[0回]

先入観。それは時として邪魔だ

  娘の誕生日に海底捞へ行った。日本人で行ったことがない人はいないくらい、みんな行っている。北京生活が5年以上の私は(え?嘘は言ってないよね)初めて行ったよ。

 サービスが良すぎるってみーーーーーーんな言うから、期待しすぎた。それが良くなかった。

 とにかく並ぶというので、17時に到着。もちろんすぐ座れた。入口ですぐ聞いたんだけど、「18時にはすごいヒトになる」と。1階ではネイルをしてもらっている人、靴を磨いてもらっている人がいる。無料だ。私はネイルが大嫌いで、きれいだと思ったことがない。

  入口で「こちらへ」。階段の下で「こちらへ」。先に進めば服務員がいる。二階に着いて「こちらへ」。階段で上から下りてくる服務員が「こちらへ」。三階着いて「こちらへ」。何人言ったよ?しつこいわ!

 席に着く。鍋がいろいろ選べる。一種、二種、四種。さんざん迷って、辛いのと三鮮の二種。何を頼んだか、レシートを見て復習。

鸳鸯火锅69元,面4元,羊上脑(卷)60元,千层毛肚50元,豆腐皮18元,包心生菜14元,蒿子秆16元,木耳20元,竹荪34元,自选小料27元(3人×9元)共312元

 タレが一人9元で、自分で好きに組み合わせていい。果物、サラダ、冷菜もあり、取り放題。そこにきくらげを見た娘が「頼まなければよかった」。そのとおりだ。知らなかった。

 トイレに行く。ここのトイレには服務員がいて、やたら丁寧だと予習していた。私がトイレに入るときに、服務員がちょうど入るところだった、中の個室のドアを開けるから、私に開けてくれたのかと思えば、自分が入り、鍵をガチャ。なんだ。自己チューか。

 鍋を食べ始める。

  服務員が三つのお椀にネギと香菜を入れ、そこに三鮮のスープを注ぎ、どうぞと。味がとてもいい。辛い方も自分で作れないいい味だけど、続けて食べると舌は休みが欲しく、途中サラダや果物を取りに行った。そのときすれ違う服務員がいちいち「你好」と言う。言わなくていい!私「我好」だから!

 麺を一つだけ頼んだ。ウワサには聞いていたが、伸ばして、くるっとまわって、派手なパフォーマンスだ。

  ところが、伸ばしすぎて、壁にちょっと付いてしまい、もう一回やり直してくれた。娘に「あのくっついたヤツはまた捏ねて次の人に使うに決まっている」と言ったら、「ええ?じゃあ私たちのも前のヒトの失敗したヤツかもしれない」と。そんなこと考えてたら、北京で外食はできない。

  あ、初めて行く人に告げる。席にすでに置いてあるレモン水と黒い何かは無料ではない。安そうなのに、これはサービスではない。隣は5人で来ていて、この飲み物側に一人座るから、飲み物が置けない。私らの席からサーブしてたよ。

 最後に記念に(?)もう一回トイレに行った。娘と。今度は手を洗うところに服務員がいて、手を洗ったら、紙を差し出してくれた。席に戻り、娘が来るのを待つ。やってきた。「ハンドクリーム付けようとしたら、こんなに塗られちゃった」。私は塗るのを忘れた。「じゃあ、その手からちょうだい」と擦りつける母親。娘が「ママまた行ってきなよ」。いやいや、多すぎるのはゴメンだ。ちなみに洗面所に糸ようじもあった。

  会計も終え、出口へ向かう。待ってる客が座るテーブルと椅子が並んでいる。結構並んでる。こんなにスペースがあるなら、食卓にしちゃえばいいのに。3階にも2階にも1階にもテーブルはあり、座っている人はテーブルの上の豆やらを食べ、ゲームをしている、人はいなくて、携帯を触っている。

   写真を撮ろうと思って、服務員に撮っていいかと聞いたら、何のために撮るのか聞かれた。「微博に載せる」って言ったら、2秒くらい間が空いて、「可以」と言った。


  どーゆーところかわかったから、もう二度と行かなくていいわ。みんながいいというのが感じられなかったし。下にパン屋があって、ケーキを一人一つ買って帰宅。娘の誕生日だから。

  日本人は子どもに毎年誕生日プレゼントを買ってあげるものなんだろうか?それって何歳まで?私はあげたことがなくて、去年急に思いついて、ベルトをあげたら、非常に喜んで「初めてだ」と言った。あんなに喜ぶならなんか買ってあげたいけど、今年は本当に何を買っていいかわからなかった。一緒に買い物に行ってもいいけど、時間がなく、お年玉袋に現金をいれた。食後帰宅し、渡したら、「静香が欲しい服はね、98元なの。残りはママが服買いなよ」と言い、100元だけ抜き、私に返す。さらに「誕生日はね。親に感謝する日なんだから」とも。

 こんないい子……。育てた親の顔が見てみたい。鏡、プリーズ。

拍手[6回]

散らかし放題

昨日、晩ご飯を食べているときにダンナから電話が来て、「おかあさんが今晩そっちに泊まる。明日の朝出かけるのに、市内から行ったほうが近いから」。

え?「晩ご飯はどこなの」「食べてから行く」。

9時、10時、来ない。息子が「本当に来るの?」。ダンナに電話する。「もう着くんじゃないか?8時半に出たから」。え?もしかして、地下鉄に乗らず、バスで来る?


10時半到着。2時間もかかっている。老人カードというのを持っていて、地下鉄は有料だが、バスはタダ。だから、迷わずタダを選んだ。そう察した。息子が「なんで地下鉄乗らないの?」と笑って聞いたら(笑ったということは答えはわかっている)、「タダだから」。裏切らない。

私が「地下鉄だと早いんです。私がお金を出すから、今後は地下鉄に乗ってください!」。ばあさん、笑ってた。それは拒否を表す。憎らしい。

ダンナが行くよと電話したとき、息子が「おばあちゃん来るなら、髪切るヤツ持ってきて」と頼んだ。息子は長髪だ。日本なら短いくらいだが、中国の男子学生はいたって短い。日本の学校なら絶対何も言われない長さだが、担任に「明日までに切ってきなさい。切らなかったら私が切る」と脅された。宿題やる時間が惜しいのに、外に出て切ってる余裕なんてない。息子は「担任に切ってもらおうかなあ」なんて勇気ある発言をうちでしたが、おばあちゃんは切るのが結構上手い。

で、散髪開始。

まずは新聞を敷く。椅子を置く。綿のものすごく長い布を息子の体に巻く。ばあさんが「私にもちょうだい。アンタのエプロンでいいよ」。え?切られる方じゃなくて、切る方にそんなに髪の毛が付くか?自分の体にかからないように切ればいいんじゃないの?美容師さん、普通何も付けないよね?っつーか、仕事が雑すぎるだろう。

しぶしぶ貸す。

たくさん切らないと、また担任に怒られる。でも、すごく短くしたくない息子。どんどん切ろうとするばあさんともめてたわ。

散髪終了。ばあさん、そもそも新聞の上で切ろうというアタマは持っていない。ゆえに、掃除するアタシが大変。

イチゴ食べるよー。塩につけてあるから、洗いなさい」。なぜ塩をつけるかというと、日持ちさせるためらしい。ちゃんと洗ったけど、ちょっと残っていて、しょっぱくて、気持ち悪い。

そしてまた何だか野菜をたくさん持ってきた。冷蔵庫に入らないっつの!

私が憂鬱だったのは朝食だ。この人たちのためにお粥とか作るのかあ。いや、息子と同じでサンドイッチにさせてくれ。お粥は絶対作らない!5時半起床で台所にいる私。ばあさん、じいさんは朝食を摂らず、6時にここを出るという。バスで5個くらい乗った地下鉄の駅に三叔と待ち合わせていて、葫芦岛へ旅行に行くという。

三叔はうちのダンナからの呼称だ。おじさんたくさんいて、どの人かわからない。旅行に行くなんて珍しいし、じいさんがここに泊まるのも珍しい。枕変わると寝られない人だから。

今回は大人しかったな。

拍手[0回]

外国人の通える中高in北京(情報は随時どんどん足す)

中国語でいう「中学」は日本でいう「中学と高校」。

北京の日本人学校は小学校と中学があり、高校がないので、中学を卒業すると、五十五中学に進学する子が多い(のは昔の話?)。

国際部には中国人学生が英語圏の大学に進むためのコースと、外国籍のみが在籍するクラスがある。この後者もされに二つに分かれている学校があって、英語を学ぶ(IBやAP等)コースと、中国語を学ぶコース。

ネット、友人から聞いた情報、実際外国人が通っている等を総合して、外国籍の子が通える中学高校をリストアップする。各校についてわかったら、随時ここに書き足す。情報持ってる人ください。

第五十五中学(HP)  外国籍保護者の北京での就労ビザが必要。中国語コース5万元(英語コース10万元)

第八十中学(HP

<卒業生の親より>元は中国籍の米国またはカナダ国籍、香港台湾籍が殆ど。日本籍もどちらかの親御さんが中国人の方だったりしましたが今はどうか…。私見ですが、学校も保護者の皆さんも真面目で教育熱心だと思います。
  ここの国際部英語授業ですが、中学3年間は外教(ネイティブ)の口語がありますが、国際部漢語班の高校3年間はありません。英語中心にされたいのなら、高校に上がる際に中英班(イギリス留学準備班)か中美班(アメリカ留学準備班)進級を勧められますが、そこに入ると中国人の生徒のクラスに合流することになります。
  国際部漢語班は北京大学、清華大学進学が前提で、高校の2年間で3年分のカリキュラムを消化し、3年進級で北京・清華大班と人民大班に分けて、それぞれの大学合格を目指して猛勉強します。大学受験直前は、夜9時頃まで強制(?!)自習もあるようです。
  八十中は校則違反に厳しく、喧嘩恋愛で退学です(日本だったら高校生ほぼいなくなるじゃん)。
学費:中国語/英語コースともに7万元強。



第四中学(HP)

匯文中学 国際部のサイトが開けない。

<卒業生の親より>1871年創立の学校です。国際部の生徒は毎年ほぼ全員中国の大学進学希望で、IBプログラムはありません。学校でしっかり留学生用の入試のための勉強をしてくれます。推薦制度があり、成績が非常によければ北京大学(最低でも人民大学。但し中国語がかなりできないとダメ)。
  国際部(外国籍単独のクラス)は中三から。つまり、中一中二は中国人の学生と一緒なので、中国語がかなりできないと無理です。でも予科があります。外国の中学を卒業して、北京に来たときに中国語があまりできない場合、予科で1年(または2年)しっかり中国語を勉強してから、高校一年生になる子もいます。
  高三のときは夕食後も、授業がほぼ毎日あり、学校側も生徒をいい大学に入れたいので必死でした。
  生徒はほぼ寮生活をしていて、親が北京にいない子が多いです。韓国人が一番多いのですが、純粋な外国人(親が元中国籍等でなく)が結構多いように見受けられました。学費:5万元/年


人民大学附属中学(HP)
<事情通より>人大附中では、中国語ができない子はまず予科班に入って、中国語習得を中心に数学等の理系や英語ももちろん中国語で授業を受けます。中国語ゼロからはじめて早い子で半年(1学期)、遅くても1年で中国人の一般クラスへ編入します。人大附中の最大の特徴がこの編入(挿班)で、1年間予科班にいたけど、この子中国人学級ではやっていけないと判断されると他校へ転校を勧められます。でも大方の子はちゃんと編入できているので、それほど深刻に考えることもないと思います。

北京大学附属中学

清華大学附属中学

<在校生の親より>入試は学校指定の英語の試験があります。英語のレベルが高い子供は簡単に入学できると思いますが、英語レベルが普通もしくは低い場合は、狭き門です。
  生徒はカナダ、アメリカで生まれた、または育った中国人家庭のご子息、学歴の高い家庭が多いです。生徒の英語力は高く、共通言語は英語。私語でも他の言語を使用しているところを先生が見かけると警告があり、何回か警告されると退学となります。
  一クラス15~20人。レベル分けした、中国語の授業が毎日あります。英語もELSクラスと普通クラスに分かれます。
  大学進学はアメリカ、カナダ、イギリス、日本。中国の大学への進学は殆どありません。先生の質は非常に高いと思います。プロフェッショナルで教育熱心、かつフレンドリーでもあり、そして勉強に関しては厳しいです。宿題も他のインターと比較すると圧倒的に多いと思います。学費:13万元/


北京師範大学附属中学(HP)

首都師範大学附属中学

世青中学

北京市十一学校(HP)

潞河中学



北京地区接收外籍学生的学校

北京市接收境外外国中小学生学校

教育部公布经批准设立的外籍人员子女学校名单 (北京地区)


拍手[2回]

菩薩の限界

今日の16時半、私はバスに乗っていた。携帯を見たら、ばあさんから電話が来ていたのに気づいた。珍しいな。どーしよーかなー。こっちは用はない。あるわけない。あちらからはろくな用じゃないに決まってる。でもめったに電話はよこさないので、かけてさしあげた。

ばあさん:今、どこにいるの?
みどり:バスに乗っていて、あと30分で帰ります
ばあさん:私もちょうどその頃着くから、同じくらいだね。持ってきたものを渡すからね

え?上に上がらないで、私によこすということだよね?それは重いことを意味する。電話しなきゃよかった。

帰宅する。電話もかかってこないし、晩ご飯の用意を始めた。しばらくして、ゴジラが上がってくるようなけたたましい足音がどんどん近づく。この楼にゴジラはいない。ばあさんがやってきたんだとわかる。ばあさん、入ってくる。ばあさんが「あれ?帰ってきてたの?」。イチゴ、野菜をたくさん入れた袋を二つ携えていた。ばあさんは靴を脱がず、台所へ行く。そしてイチゴ二つを洗い、自分だけ食べる。「アンタも食べさない」。いやいや、これから晩ご飯ですからと心は思う。っつーか、靴は脱がないで、すぐ帰るのかな?じいさんの車で来ていて、じいさんは車の中で待っているという。

ばあさん:今から物業(団地の管理事務所)の人が来るからね
みどり:え?
ばあさん:雨漏りしたでしょ?
みどり:あぁ
ばあさん:今日はまず見てもらうの。徹底的に修理してもらわないと

え?つまり部屋の中に他人が入ってくるってこと?ええええぇぇぇぇえええええ!掃除しなきゃ~!うちはメゾネットで上の階は誰も行かない物置状態。とても他人を通せるきれいさではない。相手がたとえ中国人のおっさんであっても、恥ずかしいレベルだ。階段すべての段にモノが置いてあるような状態なのに?

みどり:上も上がるんですか?
ばあさん:掃除しなさい。簡単でいいから

いやいやいやいやいや、の二つ目の「いや」あたりで、肢体は片付けを始めた。5分でやってきた物業の二人。うちは土足厳禁だ。ばあさんも靴を脱がない。

みどり:あのー、靴は脱いでください
ばあさん:いいのいいの(と自分もズカズカ進む)
みどり:いやいや、脱いで
物業:脱ぐのは不方便
ばあさん:いいのいいの。嫁が後で拭くから

ピクッ。こめかみが大きく動く。切れない程度に。

みどり:私は裸足で歩くんですよ
ばあさん:ははは(笑いやがった)。大丈夫。拭けばいいんだから

靴を脱がないなら、修理しなくていいです」って口から出かけた。でも我慢した。

上に上がった3人、3分くらい降りてこなかった。私には3時間に思えたが。

物業の人はこれまで何度かうちに来たことがあるが、絶対靴は脱がせた。嫌がるけど、「困ります」と言って、脱がせた。ばあさんの野郎!

うちはベランダの防水がちゃんとしていなくて、下の階の天井が湿り、塗っているペンキが剥がれて、見るも無残だ。でも、防水作業をしてもらって、全然変わらないから、もうやらなくていいと思う。土足でまた上がられるくらいなら、何もしなくてもいい。

みどり:毎年同じことをして、変わらないので、もう何もしてもらわなくていいです!
ばあさん:今までは塗っていただけなんだけど、これからは丈夫なシートを貼ってくれるの。それは割れないから、もう大丈夫。

いやいやいやいや。工事、要りません!ここアンタのうちじゃないし!

時間は17時半。晩ご飯を食べていくのかと思いきや、「おとうさんが待ってるし、じゃあね」と。嵐のように去った。もう一度繰り返すが、来た時はゴジラ、去る時は嵐。人間でないことには違いない。

私の不快さはばあさんに気づかれていない。なぜなら私が菩薩だから。私が菩薩をやめることになったら、、、、それは本当の戦争がおっぱじまるときだ。

拍手[4回]

リンク

アンケート

最新コメント

[04/29 みどり可你这个处长不一样]
[04/28 東北太太]
[04/28 みどり(北京には石を投げれば当たるくらいたくさん処長がいる)]
[04/28 みどり在北京,一板砖下来,能砸到一大片处长]
[04/28 淳子]
[04/28 淳子]
[04/28 みどり处长算个屁(処長なんて大したことない)]
[04/27 淳子]
[04/27 みどり(でもあなたは庶民じゃない。処長です)]
[04/27 みどり你可不是小老百姓,你是处长啊]
[04/27 みどり(中国の庶民はみんなこんな暮らしじゃないですか)]
[04/26 功夫man]
[04/26 みどり中国的老百姓不都是这么过的么]
[04/26 sumari]
[04/26 caomeidangao]

カテゴリー

総アクセス数

みどりの自己紹介

HN:
みどり
性別:
女性
職業:
書道展を主催等
趣味:
書道
自己紹介:
業務連絡

5月2日10時
7日 9時10時
10日10時

<ペン字>
建外SOHO shala 5月毎週土曜日14時
亮馬橋BAKE&SPICE 5月毎週金曜日 10時

ブログ内検索

最新記事

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
11
29
30

アーカイブ

アクセス解析

バーコード

RSS