忍者ブログ
21日。最高気温35度。最低気温24度。空気質量指数50。
| Admin | Write | Res |
最新コメント
[06/21 みどり莎士比亚(シェークスピア)]
[06/20 淳子]
[06/20 sumari]
[06/19 みどり(まだ最悪の状態ではない)]
[06/19 みどり肯定还不是最坏的状态]
[06/17 wanko]
[06/16 みどり(「今が最悪の状態」と言える間は)]
[06/13 みどり会说“现在是最坏的状态”时]
[06/13 sumari ]
[06/12 みどり英国政治家(イギリスの政治家)]
[06/12 sumari ]
[06/12 功夫man]
[06/12 caomeidangao]
[06/12 みどり(いちばん騙しやすい人間は、すなわち自分自身である)]
[06/12 sumari ]
アンケート
総アクセス数
みどりの自己紹介
HN:
みどり
性別:
女性
職業:
書道展を主催等
趣味:
書道
自己紹介:
業務連絡

14日15時
21日10時
23日10時
24日10時
<ペン字/篆刻>
亮馬橋 言几又 25日10時,13時
ブログ内検索
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
16
17 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセス解析
バーコード
<昨日より続く>

Q-Martの買い物を終えて、昼食をとる時間だ。望京西园四区の中に入る。サムゲタンなら「芝湖参鸡汤(大众点评」だが、焼肉食べたい。「美都波精肉烧烤(大众点评」の中に入ると、「午後5時から」と言われる。

望京駅より西の「美都波精肉烧烤(大众点评」へ行く。


港旅大厦の一階入ってすぐ左。

私が撮るとなぜ黒い?

まずは团购で、439元が278元になる2−3人のコースを注文(内容はここへ)。昼だけ肉を一つ頼むと、主食等が一つついてくる。主食は排骨汤、冷面、辣牛肉汤、脸盆拌饭、鱼籽の中から選ぶ。豚肉は48元から、牛肉は100元以上もある。ここに何回か来たことのあるマダムが「五花肉を塩で食べるのお勧め」とおっしゃり、二つ頼む。これで5人分を頼んだことになるが、小菜もいろいろやってくるので、十分お腹がいっぱいになった。






肉は友人撮影。店員が焼いてくれる。

小菜に水キムチはあったが、なぜか一般的なキムチはなかった。でも食べきれないほどの小皿が並んだ。


秋刀魚は店員がハサミで切った。さすが韓国料理店。ハサミが命。


「人数分頼んでください」という店が多いが、昨日は8人で5人分。一人46元だった。

昼食後、同じ階にある「旬野菜」の日本語に対して、皆で非難轟々。

「98元定食」を機械翻訳して「98元定食べる」になったのかと思ったけど、「定食」はすでに日本語だからなあ。そもそも「◯野菜」という時点でパクリ感に満ち溢れている。

エスカレーターで地下一階へ。同じ「美都波」でも「美都波刺身寿司店(大众点评)」という姉妹店ができていた。地下はほかにも飲食店があるし、小さいスーパーもある。洋服を売っている店が多いが。

この建物を出て、「望京综合商城(大众点评)」へ。


敷地に入ってから右に曲がってすぐの日本食品を売っている店へ。私は白味噌を買った。20元。




小さいサッカーコートの向かいにある「真味村烤肉 (大众点评」。


肉を買った。量り売り。これは一枚30元。


この豆腐↑は磨豆工坊(大众点评で↓。量り売りでこれは6元。そこらの豆腐より高いが、美味かった。味にうるさい息子が「これ美味しい」と言ったくらいだから。


建物の中に入る。餃子を作っているところでしばし見学。わてらは包んでいるのを見たのでなく、隅から隅まで突っ込んだ。

白锦记手工水饺。大众点评にほかのチェーン店はあるが、ここは載ってなかった。



16個で12元から。安っ。


ここ市場だからね。椅子が一つあって、酢や醤油もあって、その場で食べられるようになっている。お一人様用?


 

饺子师なんて中国語、初めて見た。それを今朝微博に書いたら、中国人の皆さんも「第一次听」。零活は雑用係。

月給4000元で生活できるだろうかなんてニッポン女子が言い合ったが、そんな人、北京にたくさんいるわ。本当に「マントウ+漬物」の人いるからね。うちのばあさんだって月に4000元使わないな。ばあさんは家賃がいらないわけだが、3000元でいけそうだ。無理やり自給自足だし。

週休じゃなくて、月休4日って、この国の労働基準法は?

徒歩12000歩。肉とキムチで荷物が重かった。

<完>

拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Font-Color
Mail
URL
Comment
Pass
phot by Art-Flash * icon by ひまわりの小部屋
designed by Himawari-you忍者ブログ [PR]