忍者ブログ
靴下探して三千里
靴下は穴が開いても縫って履いていた。でも止めた。買う。

北京でいいのがなかなかない!無地ならあるよ。私のお眼鏡に適う、柄が斬新なのに巡り合えない。



松山棉店という店を北京で見るようになって十年くらい?先日、ショッピングモールで入ってみた。しかも斬新なデザインも売っていた。

でも私の好きな柄じゃなかった。緑と蛍光色のオレンジの模様とか。いやいや、同系色でいい。派手でもいいんだけど、趣味が違う。

しかもこの店の派手シリーズに限って、妙な売り方をしている。

一只29元,三只49元

中国語がお出来になる皆さんは気づくはずだが、「一双」じゃない。靴下一足じゃなくて、え?日本語が不自由だな。片方の数量詞はなんていうの?ここでは無難に「一つ」にしておくが、靴下が一つ29元、三つ49元。三つの「うち二つ同じ、一つ違う柄」を買うのが主流だと店の人が言う。

その意図は両方同じのを履けるし、左右違うのも履ける。靴下の左右が違うなんて、そんな人、世の中に、、、、いるな。私だ。高校のとき私服だったんだけど、左右違うのを履いていったことがあった。デザイナーズブランド世代だから、服は派手だったよ。色は地味だったけど。

迷わない私が迷った。いやいや一足でいい。でも、店員が「一双58,不合算」と。確かに数が少ない方が高いって、どーゆー道理よ!しばらく迷って、好きな柄がないしと、店を去った。

というわけで、質問以下三つ。

1. 靴下片方の数量詞は?あれ?あれれ?英語のほうがわかっちゃった。ソックスのsをとればいいんだもんね。one sockか。

2. これが→ホームぺージ 私が開いても、トップページしかない。たとえば靴下の紹介を見たいのに、クリックして、次の深いページに進むことができない。だれが開いてもそうなのか?

3. 靴下たくさん売ってる店は北京ではどこ?

あ、私はスニカーソックスは履かない。だってあれ短すぎるでしょ。物足りない。嫌い。以上、親切な殿方/婦人!夜露志区。

拍手[2回]

PR
【2018/04/23 07:34 】 | 買い物、娯楽 | 有り難いご意見(0)
<<陶然亭公園なかなか楽しい(蘭亭など) | ホーム | 自転車の山+稼ぎのいい中国人>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]