忍者ブログ

みどりの果敢な北京生活(忍者版)

12月12日。最高気温0度。最低気温-6度。

故宮蔵歴代書画展第九期:範仲淹in北京


  114日まで故宮の書画館で特別展示をしているので、行く人のために、予習内容。

作品名:
范仲淹行二札帖




   
     粥を分けて漬物刻む」(CRI)から以下抜粋。

範仲淹(はんちゅうえん、9891052年)は政治家、文学者。三歳のときに父を失い、家計はとても苦しかった。十幾つのとき、学問を求めるため故郷を離れて、当時有名だった応天府書院へ行った。貧しかった範仲淹は、十分な食事もできず、一日に一度粥を作るだけという有様で、朝早くお粥を煮てそれを冷まし、固まったらそれを三食に分けて、漬物を細かく刻み、一日の三食にしていた。


ある日、範仲淹がお粥を食べていると、友人が尋ねて来て、気の毒に思い金を出し、範仲淹にうまいもの食べるよう勧めた。ところが範仲淹は断った。翌日この友人がうまい料理を持ってきたので、仕方なく受け取った。


 数日後、訪ねてきたその友人が見たのは、箸を付けていない数日前持ってきた料理だった。友人は怒り出し「君も高潔すぎるよ。友人として悲しい」と言う。範仲淹は「誤解しないでくれ。食べる勇気がないんだ。魚や肉を食べた後、粥と漬物が喉を通らなくなるのが怖いんだよ」と答えた。これに友人は感心し、範仲淹の人柄をより敬服するようになった。


 ある人が範仲淹の志を聞いたとき、範仲淹は「私の志は優れた医者か、立派な宰相になることだ。優れた医者は人の病を治せるし、立派な宰相は国をしっかり治めることができる」と答えた。のちに、範仲淹は本当に宰相となり、宋代の著名な政治家となっている。


 範仲淹はまた、教育事業の振興と官僚機構の改革を国を治めるための二つの重要な措置とし、全国で学校を作り、国が必要としている各種人材を育てた。彼は自分の行いを持って才能のある人物を引率し、のちに有名になった政治家、文学者でもあった欧陽修、文学者の周敦頣、哲学者の張載などは、範仲淹からの援助を受けた。


 範仲淹は政務に追われながらも、文学的創作に励み、多く傑作を残している。また彼は内容が浮薄な作品を嫌い、文学と社会の現実とを結びつけ、社会の発展と人間の発展を促すことを主張し、後世の文学の発展に深い影響を与えている。


 


 以下は故宮のHPより。


此两帖法瘦硬方正,清中有法度。人常将此书风喻其人品,称“公清澈,信如其品”。清劲中有法度清らかで力強い中に規律がある/庄严…荘厳/清澈…澄んでいる)。


 


 一日一作品くらい紹介しないと間に合わないな。


 





拍手[3回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

アンケート

最新コメント

[12/11 みどり的卓绝意志(という強い意志を持って)]
[12/11 マリズ]
[12/10 みどり(松潤に会うために絶対に直す)]
[12/10 みどり带着为了见到松润我一点要好起来!]
[12/10 sumari ]
[12/10 マリズ]
[12/09 みどり(嵐のライプのチケが取れた瞬間)]
[12/09 みどり结果拿到岚的演唱会门票的瞬间]
[12/09 ハーツ]
[12/08 sumari ]
[12/08 みどり(ベッド生活+毎日弱音を吐いていたのに)]
[12/08 マリズ]
[12/08 みどり整日卧在床叫苦不迭连天]
[12/08 みどり9月份的时候腰部骨折(9月に腰を骨折して)]
[12/07 sumari]

総アクセス数

みどりの自己紹介

HN:
みどり
性別:
女性
職業:
書道展を主催等
趣味:
書道
自己紹介:
業務連絡
12日14時
14日10時
15日10時
16日10時
17日9時10時

<ペン字>
亮馬橋 言几又 12月12日10時

建外SOHO shala 12月16日14時

ブログ内検索

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
9
14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

アクセス解析

バーコード

Copyright ©  -- みどりの果敢な北京生活(忍者版) --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by Claudia35 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]