忍者ブログ
和文化倶楽部第六弾(かるた×折り紙×書道)in大連一日目



 午前
10時すぎ、大連行きの飛行機に乗った。「大連外国語大学」で「和文化倶楽部第六弾」を開催するにあたり、私はこれまでどおり講師として、参加者に筆で一首書いてもらう、その指導をした。

 大連空港に着いて、
4人でタクシーに乗る。まずはホテルに行くのだが、運転手はそのホテルを知らない。私はタクシーの中でホテル、大学が大連でなく、旅順にあると知る(正確には旅順は大連市の一区なんだけど)。旅順といえば、私の持っている古~いガイドブックには未開放地区と書いてあり、外国人は入ることができない地域。でも後に開放されたということも知っていた。

 タクシーに
乗ること1時間、迷いながらホテルに到着。この日まで3日間降雪だったということで、一面真っ白。このときもところによって、雪は舞っていた。

 タクシーを降りると、ホテルのドアを通して、中に誰かが立っているのが見える。そして宿泊料金も見える。え?128元?安~いホテル?中に入ってよくよく見ると、3時間だった。えええ?いやーーん。人だと思った物体がサンタクロースでそれも私をびっくりさせた。

 

 
部屋に入る。ふつうのまともなホテルだ。冷蔵庫を開けると、カップラーメンが入っていた。「普通冷蔵するか?」とツッコむ私に、娘が「ママ、中、冷たくないよ」って。


 昼ごはんを食べようと思ったら、すでに
2時を過ぎていた。ホテルから徒歩ですぐに「旅順にしては繁華街」(旅順をバカにすんな?)があり、旅舎、レストランが林立するストリートがある。やっぱり海鮮でしょと店名が海鮮という店に入る。






 店の人が「注文は奥へ」と言うので、店内を突き進むと、これらを見せられた。ここから選べって。つまり本のようなメニュー表はない。





  反対側には野菜が並んでいて、小白菜なんてすでに茹でてある。魚と野菜で鍋にできると言う。娘が「胖头鱼」という魚を選び、私が「じゃあこれと野菜で」と言うと、店の人が「胖头鱼は野菜はだめなの。豆腐と!」。もう一つ、野菜のほうにあった「揚げ団子」を選ぶと、店の人が「これは小白菜」と。店の人の言いなり。だって、わからないもん。そのシステム。


 


 主食に「包子を選んだ。8個あるという。ちょうどいいかと思いきや、出てきたのは異常なほどデカい。これ餃子の形じゃないかぁ?中は黒くて「海菜」。海苔みたいなものだった。

 ホテルに戻り、大連外国語大学の学生が迎えに来てくれて、イベント会場へ。大学、ありえないくらいデカい。北京大学や清華大学が小さく感じられるほど。これ教室から眺めた景色。






 教室で書道用の机と椅子をセッティングして、私と娘はホテルへ戻った。お昼が遅かったので、8時頃晩御飯を食べに、二人でウロウロする。ホテルはWiFiが使えない。娘がiPhoneを持っているので、WiFiが使えるピザ屋に入った。ところがありえないくらい遅くて、結局使えなかった。ブログ更新したかったのにぃ。

 この日は金曜日。「天天向上」の日じゃないか。普段あんまり見ないけど、汪涵は司会者として素晴らしい。「天天向上」が終わって、話題の「爸爸去哪儿」もちょっと見た。ベッドで横になってテレビを見るなんて、北京に戻ったらもうできない。久しぶりにゆっくりした。


 <二日目に続く>





 



拍手[11回]

PR
【2013/12/24 21:30 】 | 書道 | 有り難いご意見(2)
<<和文化倶楽部第六弾(かるた×折り紙×書道)in大連二日目 | ホーム | 書初めしに来るがよろしin北京>>
有り難いご意見
わかめまんじゅう
わたしも大連の知人がいるのですが、彼女に会うまでは肉まんに海藻入れることは思いつかなかった。。。それにでかいのは大連ならではなのでしょうかね。
その人、日本のレストランで働いているのですが、わかめ入りまんじゅうか何かの名前で出していました。
【2013/12/27 12:58】| | LUO #73523444f3 [ 編集 ]


わかめというより海苔だったよ
包子はやっぱり肉のノーマルなのがおいしい。
【2013/12/30 09:47】| | みどり那太不成话了(それはあまりにもひどい) #55ffc2ffe9 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]