忍者ブログ

みどりの果敢な北京生活(忍者版)

12月12日。最高気温0度。最低気温-6度。

中韓日書画精品交流聯展を四恵東あたりでin北京

 「私を書道展に連れてって」と言わなくても、私を連れて行く輩あり。地下鉄1号線の「四惠东」駅を降りると、アメリカのような(アメリカ知らんて、アタシ)ホットドッグ屋あり。


 歩道橋で高速を越え、右(西)に進む。そこらの建物はなんだかいちいちやたらにデカイ。
駅から歩くこと10分。「国粹苑」というデカい看板が見える。


 



 


 ここの4階で「中韩日书画精品交流联展」が本日開幕した。すごく広い展示場で、中国人の作品が多く、日本人は13点のみ。


 入ってすぐが一番偉い先生の。苏士澍老师は長年会ってないけど、恩師(右2点)。左の赤が入っているのは韓国人女流書家。

 日本人の皆さん。


 絵もあって、だいたい伝統的な水墨画ばかりだが、こんな作品も。


 4階はイベントホール。1階に紫檀の家具や工芸品が売っているお店が入っている。

鸡血玉博物馆」があって、びっくりな赤だった。「鸡血」とは自然の石なんだけど、真っ赤な色が入っていることで高値。今、知ったんだけど、1972年周恩来が田中角栄に贈ってから、国内外で鸡血ブームが起きたんだと。「鸡血石疯狂源于周恩来给田中角荣馈赠?」。値段はここで見て欲しい。こんなちっちゃいのにこんな高い。今日見たの、机とかなんだけど。いったいいくら??

 展示を見終わって、ブラブラする。「两岸咖啡」という店でランチ。「干锅鲜虾饭」48元。
 

 
 このあたり「会所」とか「公馆」ばかりなのに、路上に停めている車は多いし、このカフェに客も多い。「法制晚报」がここにあるから、そこの人たち?「男士SPA」っていうのもあったな。その名も「龙帅俊颜馆」。そこへ行ったら、いいオトコになって出てきそうだ(冗談もほどほどに)。

 道が広くて、建物がデカくて、すべて中国式建築で、不思議なエリアだった。


国粹苑HP
 



拍手[5回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

アンケート

最新コメント

[12/11 みどり的卓绝意志(という強い意志を持って)]
[12/11 マリズ]
[12/10 みどり(松潤に会うために絶対に直す)]
[12/10 みどり带着为了见到松润我一点要好起来!]
[12/10 sumari ]
[12/10 マリズ]
[12/09 みどり(嵐のライプのチケが取れた瞬間)]
[12/09 みどり结果拿到岚的演唱会门票的瞬间]
[12/09 ハーツ]
[12/08 sumari ]
[12/08 みどり(ベッド生活+毎日弱音を吐いていたのに)]
[12/08 マリズ]
[12/08 みどり整日卧在床叫苦不迭连天]
[12/08 みどり9月份的时候腰部骨折(9月に腰を骨折して)]
[12/07 sumari]

総アクセス数

みどりの自己紹介

HN:
みどり
性別:
女性
職業:
書道展を主催等
趣味:
書道
自己紹介:
業務連絡
12日14時
14日10時
15日10時
16日10時
17日9時10時

<ペン字>
亮馬橋 言几又 12月12日10時

建外SOHO shala 12月16日14時

ブログ内検索

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
9
14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

アクセス解析

バーコード

Copyright ©  -- みどりの果敢な北京生活(忍者版) --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by Claudia35 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]