忍者ブログ
ハンコを作る店in琉璃廠
夏に完全帰国する人が琉璃厂でハンコを作りたいというので、一緒に行った。これは去年の6月の話だ。大きさは3cm×3cmで、初めは10個作ると言った。とにかく安くあげたいので、私も初めて入った店なのだが、すごーーーーく安い石を買った。1個3元とか5元とか。

琉璃厂は「ハンコ彫ります」という店が多いが、だいたい100元以上する印材を買って、彫り賃も含まれている店が多い。自分で印材を持ち込んで、彫ってもらうだけなら、一字30元~50元が相場。そんな中、一字100元と初めっから言い張る人は「俺の腕はそれだけの価値だ」という自信による(騙している以外)。

私もちょうど、夫婦で書家の友人に作ることになっていたので、何軒か聞きまわった。

彫って売ってるくらいだから、どの店も勿論専門に篆刻を学んだ人が彫っているんだけど、当たり外れがある。私はまだ三軒しか知らないが、これなら書家にあげても大丈夫だったなというのがこの店。



宏寳堂西城区琉璃厂西街甲3号。琉璃厂の交差点から西へ三軒目。北側)。春節に撮った写真なので、閉まっているが。

私は1cmくらいの小さい石が欲しかったのだが、デカいのばかり。なぜなら中国はなんでもデカいから。中国人が作品として書くサイズがデカいから、書道に関するものもなんでもデカい。ハンコもデカけりゃ、石もデカい。

この店では1cmの選択肢が少なかった。石は一つ100元と120元で、彫り賃込み。彫るのはおじさん。

こちらは友人の希望の「趙之謙風に」を指定した。固有名詞なので、ここに印影(捺したもの)を披露できないが、彫りはよかった。

以下、こだわる人はオンライン字典から探して、それを見せてもいい。
http://www.51bianji.com/zidian/ 篆体字典

今日は分かりやすい言い方にしたが、専門用語はいつか記事にする。

拍手[5回]

PR
【2017/02/11 07:00 】 | 書道 | 有り難いご意見(0)
<<歪果仁=外国人が中国のカラオケについて | ホーム | ニュース:1月28日―2月8日in中国>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]