忍者ブログ
27日。最高気温33度。最低気温18度。空気質量指数147。
最新コメント
[05/26 みどり(花ならつぼみの私の人生)]
[05/26 双龙妈妈]
[05/26 みどり我的人生正如未开的花蕾]
[05/26 淳子]
[05/26 東北太太]
[05/26 東北太太]
[05/26 せんべい]
[05/26 功夫man]
[05/26 マリズ]
[05/25 みどり(これはもうサラダ)]
[05/25 マリズ]
[05/24 みどり就等同于蔬菜沙拉一样]
[05/24 みどり(餃子は中に沢山野菜が入っているから)]
[05/24 みどり煎饺里面有很多蔬菜]
[05/24 ペン字修行中]
アンケート
総アクセス数
みどりの自己紹介
HN:
みどり
性別:
女性
職業:
書道展を主催等
趣味:
書道
自己紹介:
業務連絡
27日10時
29日14時

<ペン字/篆刻>
亮馬橋 言几又31日10時
ブログ内検索
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
5
27 28 29 30 31
アクセス解析
バーコード
夏に完全帰国する人が琉璃厂でハンコを作りたいというので、一緒に行った。これは去年の6月の話だ。大きさは3cm×3cmで、初めは10個作ると言った。とにかく安くあげたいので、私も初めて入った店なのだが、すごーーーーく安い石を買った。1個3元とか5元とか。

琉璃厂は「ハンコ彫ります」という店が多いが、だいたい100元以上する印材を買って、彫り賃も含まれている店が多い。自分で印材を持ち込んで、彫ってもらうだけなら、一字30元~50元が相場。そんな中、一字100元と初めっから言い張る人は「俺の腕はそれだけの価値だ」という自信による(騙している以外)。

私もちょうど、夫婦で書家の友人に作ることになっていたので、何軒か聞きまわった。

彫って売ってるくらいだから、どの店も勿論専門に篆刻を学んだ人が彫っているんだけど、当たり外れがある。私はまだ三軒しか知らないが、これなら書家にあげても大丈夫だったなというのがこの店。



宏寳堂西城区琉璃厂西街甲3号。琉璃厂の交差点から西へ三軒目。北側)。春節に撮った写真なので、閉まっているが。

私は1cmくらいの小さい石が欲しかったのだが、デカいのばかり。なぜなら中国はなんでもデカいから。中国人が作品として書くサイズがデカいから、書道に関するものもなんでもデカい。ハンコもデカけりゃ、石もデカい。

この店では1cmの選択肢が少なかった。石は一つ100元と120元で、彫り賃込み。彫るのはおじさん。

こちらは友人の希望の「趙之謙風に」を指定した。固有名詞なので、ここに印影(捺したもの)を披露できないが、彫りはよかった。

以下、こだわる人はオンライン字典から探して、それを見せてもいい。
http://www.51bianji.com/zidian/ 篆体字典

今日は分かりやすい言い方にしたが、専門用語はいつか記事にする。

拍手[5回]

PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Copyright © みどりの果敢な北京生活(忍者版) All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]