忍者ブログ
これでもかっ!蘭亭展。ガチョウ好きな著名人in北京故宮
 普通さあ、好きな動物って言ったら、猫とか犬とかパンダとか。でも「ガチョウ好きな著名人」っていうのがいる。その名も王羲之。そのガチョウ好きの話は頤和園の長廊の絵にもなっている(って昨日知った)。
 
 『人民中国』頤和園の長廊画(23)。おいおいとツッコみたくなるようなストーリーはここから読んでちょーだい。
 
d2af1010.jpeg 紹興にある蘭亭にこんなぶっとい字の碑があり、「鹅字为王羲之所写,池字为王献之所写」(鵞は王羲之が、池は王献之が書いた)と言われている。「王羲之为“大王”,王献之为“小王”,史称“二王”」(王羲之を大王、王献之を小王と呼び、二人は二王と呼ばれている)。
 王献之は王羲之の息子。
 


 
 《羲之爱鹅图》↓今回の蘭亭展での展示品はこれ。下のほうのガチョウちゃん、きゃわゆい。
dbfce2c1.jpeg
 

拍手[4回]

PR
【2011/10/20 09:04 】 | 書道 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<笑いを禁じえない「搞笑漫画日和(ギャグマンガ日和)」キューピット | ホーム | 90年代のお店in北京>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]