忍者ブログ

みどりの果敢な北京生活(忍者版)

28日。最高気温28度。最低気温14度。空気質量63。

これでもかっ!「蘭亭展」に平復帖などin北京故宮


 故宮の蘭亭展会場入ってすぐに、王羲之の作品ではない王兴之夫妇墓志》、陆机平复帖》、王珣伯远帖》が展示されている。日本語で『王興之墓誌銘』、『平復帖』、『伯遠帖』と検索しても資料は出てくるので、各自見るがよろし。以下カンタンに。
 

34723ad3.jpeg1王興之墓誌銘……隷書から楷書への過渡期の字。

2平復帖
 詳しくは日本語でwikiへ(wikiに載ってていささかビックリ)。
 現存する最古の有名書家による真跡(肉筆)とされている意味で非常に貴重。

 b27d8988.jpeg

















b52291a7.jpeg3伯遠帖
 これを書いた王珣は王羲之の甥。復帖見てから伯遠帖を見たら「これ、上手いか?」と疑問に思う電話で師匠に言ったら、「だって三希堂だから」。それって「あのデザインはいかがなものか?」と問いて、「だってヴィトンだし」って答えるようなもの?

 三希堂は故宮の養心殿の中にある、かつての乾隆帝の書斎。乾隆帝は王羲之の『快雪時晴帖』、王献之の『中秋帖』、王珣の『伯遠帖』を合わせて「三希」と称し、三希堂に収蔵していた。
 
ec7eaa11.jpeg 015e7736.jpeg






 養心殿に行ったら、建物に強烈な赤や青が塗られてなくてほっとする。でも三希堂を見ようと思っても、ガラスが汚くて、中がよく見えない(おいおい)。三希堂法帖はそこに置いてあるわけではないので、注意のこと。
 

拍手[4回]

PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

リンク

アンケート

最新コメント

[04/28 東北太太]
[04/28 みどり(北京には石を投げれば当たるくらいたくさん処長がいる)]
[04/28 みどり在北京,一板砖下来,能砸到一大片处长]
[04/28 淳子]
[04/28 淳子]
[04/28 みどり处长算个屁(処長なんて大したことない)]
[04/27 淳子]
[04/27 みどり(でもあなたは庶民じゃない。処長です)]
[04/27 みどり你可不是小老百姓,你是处长啊]
[04/27 みどり(中国の庶民はみんなこんな暮らしじゃないですか)]
[04/26 功夫man]
[04/26 みどり中国的老百姓不都是这么过的么]
[04/26 sumari]
[04/26 caomeidangao]
[04/26 みどり你可是够清贫啊(たいそう質素な暮らしですね)]

カテゴリー

総アクセス数

みどりの自己紹介

HN:
みどり
性別:
女性
職業:
書道展を主催等
趣味:
書道
自己紹介:
業務連絡

5月2日10時
7日 9時10時
10日10時

<ペン字>
建外SOHO shala 5月毎週土曜日14時
亮馬橋BAKE&SPICE 5月毎週金曜日 10時

ブログ内検索

最新記事

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
11
29
30

アーカイブ

アクセス解析

バーコード

RSS