忍者ブログ

みどりの果敢な北京生活(忍者版)

28日。最高気温28度。最低気温14度。空気質量63。

この私が軽いショックを受けるin北京


いわゆるそのなんつーか、カルチャーショック?というより、漢字ショックだな。


私、そして私が指導した人たちの作品を日本料理店『番屋』に飾ってもらっている。私だけでなく、勿論出品者も見に行く。One of みどり軍団から「あのー、私の作品、なかったんですけど」と報告を受ける。数日後私が見に行くと、本当にない。



店長さんはいなくて、服務員に聞くと、「因为那个闲”字不吉利,所以摘下了(あれは意味がよろしくないのではずしました)」。



「閑」。日本語も中国語も同じ意味だが、私はまず「ゆったりとしている」というイメージが浮かぶ。でも、服務員がはっきり私に言った。「店里着不行吧」。「」=ヒマ。お店がヒマだと確かに困るよね。



今日店長さんに会った。店長さんは流暢な日本語を話す中国人だが、「私は気がつかなかったの。お客さんに言われて」。日本人だとそこまで考えない。中国人のほうが漢字に敏感だ。作品をはずしたことについて、店長さんが私に謝る。私もそこまで頭がまわらなかったことを反省し、書いた人に謝る。書いた本人。「理由が笑えるから納得しました」。いい人だ。




漢字一字について深く考えたひとときだった。




第三回翠林会書展


会期:1031日まで(に延期) 11時半―14時、17時―22時 定休日なし


会場:『番屋』 朝陽区亮馬橋42号 光明飯店3階 TEL64664191



 サーモン柚庵焼きランチ68元(デザート付き)

拍手[6回]

PR

コメント

私もヤバイと思った

演技担ぐの大好きな非文革系の中に長年いると、ソッコー「その字はマズイっしょ」と思った私。
【2014/09/05 22:46】 NAME[wanko] WEBLINK[] EDIT[〼]

演技担がないアタシ

ここの店長さん、長年店をやってきた50代の中国人。その人でさえ気がつかなかったのに、wankoさん、すごいよ!敏感になる対象はヒトによって違うよね。私はそういうのに鈍いわ。
【2014/09/09 21:10】 NAME[みどり火烧眉毛(がけっぷち)] WEBLINK[] EDIT[〼]

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

リンク

アンケート

最新コメント

[04/28 東北太太]
[04/28 みどり(北京には石を投げれば当たるくらいたくさん処長がいる)]
[04/28 みどり在北京,一板砖下来,能砸到一大片处长]
[04/28 淳子]
[04/28 淳子]
[04/28 みどり处长算个屁(処長なんて大したことない)]
[04/27 淳子]
[04/27 みどり(でもあなたは庶民じゃない。処長です)]
[04/27 みどり你可不是小老百姓,你是处长啊]
[04/27 みどり(中国の庶民はみんなこんな暮らしじゃないですか)]
[04/26 功夫man]
[04/26 みどり中国的老百姓不都是这么过的么]
[04/26 sumari]
[04/26 caomeidangao]
[04/26 みどり你可是够清贫啊(たいそう質素な暮らしですね)]

カテゴリー

総アクセス数

みどりの自己紹介

HN:
みどり
性別:
女性
職業:
書道展を主催等
趣味:
書道
自己紹介:
業務連絡

5月2日10時
7日 9時10時
10日10時

<ペン字>
建外SOHO shala 5月毎週土曜日14時
亮馬橋BAKE&SPICE 5月毎週金曜日 10時

ブログ内検索

最新記事

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
11
29
30

アーカイブ

アクセス解析

バーコード

RSS