忍者ブログ
 3002 |  3005 |  3004 |  3003 |  3001 |  2999 |  2998 |  2997 |  2996 |  2995 |  2983 |
Posted : 2018/09/18 23:46
上野から上越新幹線に1時間25分乗って、越後湯沢へ。そこからほくほく線に乗り換える。



切符は買って乗ったが、車内でも売っている。こんなことが東京人の私には珍しい。そして外国人の配偶者にも。


24分乗って、十日町駅で下車。芸術祭を見るのにまず十日町駅に行ったのは、徒歩で見られる作品がいくつかあるから。

駅の構内に芸術祭のインフォメーションがある。

ここでパスポート(大人3500円、高校生以下3000円)と芸術祭全体の地図を買う。駅付近の無料の地図が置いてあった。日本語、英語、簡体字、繁体字となっているが、簡体字だけなかった。どんだけ来てるの、大陸人。

外へ出る。何が腹立つって、ダンナがネット配信し始めたこと。説明しながらだから、歩くのが非常に遅い。娘も息子も怒る。

ダンナが「P空是什么意思?」と私に聞く。「停车场有空位」と私が叱るように答える。



徒歩10分弱で、越後妻有里山現代美術館着。裏側。ダンナが生配信してなけりゃ、もっと早く着くんだよ!



中に入る。これが「キナーレ」。パスポートを持っていないと、1500円で、芸術祭の中で一番高い。ここが目玉かな。


この端にも、上にもいろいろ現代アートがあった。公式サイトはここ

外へ出て、駅に向かう。さすが、新潟。コイン精米。



芸術祭用の地図には食事する店も書いてあったが、地図になかった、たまたま通りがかった「松喜屋」へ。ランチ1000円から。


駅からすぐ近くの展示物。日比野克彦などの作品。


カフェにもなっていた。


14時に電車に乗って、10分でまつだい駅に着く。

<続く>


拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
コイン精米
埼玉にも普通にあります・・・・

芸術祭、結構な規模で、結構面白そうですね。
生配信!見たかったです・・・
マリズ 2018/09/18(Tue)21:44 編集
コイン精米生まれて初めて見たアルよ
範囲が広すぎて、見切れない。あと、車がないのもあって。四国の直島の方がまわりやすかった。

配信って、回放があるのとないのがあって、ダンナのはない方。妻としては、それは良かった。
みどり平凡胜于妙手(平凡は妙手にまさる) 2018/09/18(Tue)22:09 編集
年末年始北京行悩み中(チケット高い)
旦那さんが生配信しているところを怒ってるみどり
さんと子供たちの姿が目に浮かびます、笑。

sumari 2018/09/19(Wed)09:19 編集
今から頼んでもチケット高いんだ?
ダンナが中国人なら容易に想像できるでしょう。sumariさんもブログで怒っているの、私も眼に浮かぶ。

北京に来てあげたら、お嬢さん喜ぶよね。ただ出費がかさむ。
みどり(学ぶこと、そして一般的に、真実と美とを追求することは) 2018/09/19(Wed)19:34 編集
♪ Admin / Write / Res ♪
.
良之助VPN_中国で自由にネットを楽しむ
アンケート
リンク
最新コメント
[12/15 マリズ]
[12/13 みどり没有人争取不到的]
[12/13 みどり(人間の苦しみや悲しみで)]
[12/13 淳子]
[12/12 sumari]
[12/12 みどり经历过人类的苦楚与悲痛]
[12/12 みどり远藤周作(小说家)]
[12/12 からすうり]
[12/11 caomeidangao]
[12/11 hj]
[12/10 みどり(生活があって人生のない一生ほど侘しいものはない)]
[12/10 sumari]
[12/09 みどり没有比有生活而无人生的一生更寂寞的了]
[12/08 マリズ]
[12/08 みどり稻盛和夫《生存之道》(『生き方』)]
総アクセス数
みどりの自己紹介
HN:
みどり
性別:
女性
職業:
書道展を主催等
趣味:
書道
自己紹介:
業務連絡

16日10時

18日-22日 出張
ブログ内検索
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
アクセス解析
バーコード
Copyright ©  みどりの果敢な北京生活(忍者版)  All Rights Reserved.
*Clip Art by 雪乃 / Icon by Pearl Box   *Material / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]