忍者ブログ
国慶節連休騒動記in北京
連休中、行きたくなかったアトリエに行った。蟹の誘惑に負けて。

台所に行ったら、何もなかった。このアトリエ、設計は素晴らしいんだけど、台所は窓が小さく、通気が悪いって前々から言っていたので、台所引越し。


晩ご飯。ばあさんがじじばばの館からこっちで食べるよ」って。
蟹はデカかった。美味かった。


じいさんばあさんはじじばばの館へ完全に引越し。もう石炭炊いてオンドル(中国語で[kàng]使用開始。

翌朝。私がアトリエにいて一番イヤな時間だ。だって私がご飯を作らなきゃいけないから。私と子どもなら、パンで終わりでいいけど、それだと「野菜不足」と言われる。だから、朝から夜みたいなメニューよ。


昼は涮羊肉


食事で台所に来たダンナが「なんだこのゴミ箱は!」とばあさんに言い、喧嘩を始める。台所のゴミ箱は元ペンキが入っていた箱だった。ばあさんは「もう臭いもしないし」と言う。

こっちは廃品で作った手作りゴミ箱なんだけど、私はそれでいいと思う。でもダンナは「ゴミ箱をちゃんと買え」と両親に命令する。


その前には派手な夫婦喧嘩をした。野菜を準備している段階で、じいさんが春菊の根を切った。そしたらばあさんは「食べられるのに」と「切る切らない」で大声による大喧嘩。最後はばあさんが「私の言うことを聞かないなら、このうちから出て行って」と激怒。たかだか春菊で止めてほしい。


涮羊肉を食べているとき、ダンナが気づく。香菜の根が切っていない。「なんで切らない!」と怒るダンナ。ばあさんは息子にしては言いなり。ダンナ強すぎるから。そしてじいさんが「ほら!普通は切るだろう!」としたり顔。

翌朝はじいさんが既にお粥を作っていた。

これクイズにしようかと思ったけど、絶対当たらないから、説明するわ。この丸いのは「山药种子」と言う。庭にあるから見てきなさい」と言われ、見に行った。


この角にからまる蔓。


この丸いのが「山药种子」。

庭にあと何があるかというと、ナス

ラディッシュ。


柿。なぜビニールに包まれているかというと、鳥が食べないようにだって。見苦しい!


锅烙(焼き餃子)を作ることになって、具はかぼちゃだとばあさんが言い、がっかり。ダンナは絶対怒るはずだ。私は「ニラか白菜買ってきます」って言ったら、庭にあるよと絶対お金を使わないばあさん。自給自足にも限度がっ!

庭じゅうかぼちゃだらけだったが、かなり減った。それでもまだまだある。


ニラは先進国の首都生まれ首都育ち、虫を見たらギャっと言い、3メートルは飛び下がるこのみどり様が自らお採りになった。

ばあさんがすぐさまやってきて、「根っこから抜くんじゃないよ!」って。ハサミで切って、根は残しておけばまた生えてくるからって。エンドレス収穫。


ダンナが絶対絶対絶対に食べないかぼちゃの餃子を先に作り、あとからニラ&白菜の具を作る。まな板でニラ&白菜を切ったらここへ入れる。いかにして容器を使わないかを懸命に考えるばあさん。

ダンナが毎日「ナス、かぼちゃ、ナス、かぼちゃ」って怒ってた。娘はいい子だから私にだけに「パパももっとおばあちゃんのこと考えてあげればいいのに。おばあちゃんはお金使いたくないよ。お互いちゃんと理解すればもっと楽しく暮らせるのに」。おっしゃるとおり。

食べ物以外のネタは椅子かな。この社長が座るような椅子のキャスターが二つ取れた。じいさんは全部取ろうって、電気のこぎりで火花を散らして、切断。「熱い!軍手が要る」って。当たり前でしょ。ファイヤ~!!キャスターを取った後は、金属が直接床に付くと、床が傷つくから、布で覆うんだって。つまり今後この椅子は回らなくなる。新しいの、買ってほしい。


夜はダンナ、私、娘、3人で散歩。2kmくらい歩くまで、人っ子一人出会わなかった。過疎にも限度がっ!息子はおばあちゃんとドラマ見ると言って行かなかった。あとで知ったのだが、そのドラマは『』という抗日ドラマ(おいおい)。




中国語で人迹罕至[rén jì hǎn zhì]

連休はこんな感じで過ぎていった。








拍手[10回]

PR
【2014/10/07 08:57 】 | 嫁姑親族 | 有り難いご意見(0)
<<方家胡同46号院:“城市:置入再現”(展覧会)in北京 | ホーム | 本日の漢字矯正「水」in北京>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]