忍者ブログ
23日。最高気温38度。最低気温26度。空気質量指数155。
| Admin | Write | Res |
最新コメント
[06/23 みどり考虑一下将来吧(将来のことを考えろ)]
[06/22 マリズ]
[06/22 caomeidangao]
[06/21 みどり莎士比亚(シェークスピア)]
[06/20 淳子]
[06/20 sumari]
[06/19 みどり(まだ最悪の状態ではない)]
[06/19 みどり肯定还不是最坏的状态]
[06/17 wanko]
[06/16 みどり(「今が最悪の状態」と言える間は)]
[06/13 みどり会说“现在是最坏的状态”时]
[06/13 sumari ]
[06/12 みどり英国政治家(イギリスの政治家)]
[06/12 sumari ]
[06/12 功夫man]
アンケート
総アクセス数
みどりの自己紹介
HN:
みどり
性別:
女性
職業:
書道展を主催等
趣味:
書道
自己紹介:
業務連絡

23日10時半
24日10時
26日10時
28日10時
29日14時

<ペン字/篆刻>
亮馬橋 言几又 25日10時,13時
ブログ内検索
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
16
17
24 25 26 27 28 29 30
アクセス解析
バーコード

 


 (昨日の記事より続く)弟が言った笑い話は絶対ネットに載っていると思って探した。一字一句同じじゃないけど、こういった内容。


 


李白因造谣夸大庐山瀑布的长度而被拘。柳宗元在狱中遇见李白,忙问因何到此,李白说:造谣了,我说庐山瀑布飞流直下三千尺,人家量了,根本没那么长。


柳宗元说:唉,彼此彼此啊,我说千山鸟飞绝,有人举报,说有一只鸟还在呢。


正感叹时,王之涣进来了,两人相视一笑道:哈哈,一片孤城万仞山!


杜牧走来大骂,我写了"停车坐爱枫林晚"


 


弟:今さあ、ネットでデマを流したりして捕まるでしょう。警察が李白っていうのを捕まえたんだ。李白は『山瀑布流直下三千尺』と詠んだ。


じいさん:李白?同姓同名なんだ


子ども:いや、だから、李白だよ


じいさん:じゃあ、警察は唐の時代の警察なんだ


一同無言で(もうそういうことにするか)


 


弟:ほかに捕まったのに杜牧がいて、『停车坐爱枫林晚』と詠んでいた。


一同「はいはいわかったよ」という顔に


弟:zuoai ちゃんと聞いてる?zuoaiだよ


娘:(私に小声、日本語で)じいさん、困った顔してる


私:(同じく小声で)あんなデカい声で言わなくてもね。飲みすぎだよ


 


 っつーか、子ども達どこまで理解しているのか?じいさんより子どもの方が心配だよ、アタシは。


 理解できない読者が多いと察して、あまり説明したくないが、説明する。だって「いやーん」という内容だから。


 


上記の詩はいずれも子ども達の小学校の教科書に出てくる有名な唐詩。李白の『飛流直下三千尺』は滝の勢いがすごくてまっすぐに三千尺も流れ落ちていると言っているのだが、その三千尺が誇張。「白髪三千丈」みたいなもんだ。


 


杜牧《山行》:“远上寒山石径斜,白云生处有人家。停车坐爱枫林晚,霜叶红于二月花。”这首诗里的“坐”是“因为”的意思。但你写的这个“做”是暗示车震,你懂得,儿童不宜的。


 


 笑い話における杜牧の詩について百度知道で聞いている人がいて、これ↑はその回答。読んでもわからない人はわからないだろう。『停车坐爱枫林晚』の坐爱の発音はzuoaiで、違う漢字も当てられる。zuomakeailove。ここまで書くのが私の限度だ。


 


 義弟、酒もほどほどに!って話よ。


<完>

拍手[5回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Font-Color
Mail
URL
Comment
Pass
変な事思い出した
雷锋って居るでしょう、あの笑い話思い出したよ。

ある男が女性トイレを覗いていたの。
女性が用を足していて、紙が無い事に気がついて、
どうしようかと思っていたら、窓から紙が降ってきたの。

女性は、「ありがとう、あなたは?」と聞いた。
男は「私は雷锋と言います」と言った。

これも、じいさんは、「お~雷锋も覗きをしたんだ」
って思うかな?
マリズin秋の農村 2013/09/23(Mon)09:53:45 編集
また是非教えてください
学校的男女厕所相连。一女生去厕所忘记带卫生纸,正在难堪时,隔壁男卫生间传来卫生纸,女生花容失色,大声地问“谁?”。隔壁男生低沉有力地答:“雷锋。”

探しましたよ。中国語。この笑い話は知らなかった。
みどり小混混(チンピラ) 2013/09/24(Tue)09:01:30 編集
phot by Art-Flash * icon by ひまわりの小部屋
designed by Himawari-you忍者ブログ [PR]