忍者ブログ
天津旅行10:天津博物館+古文化街(晴れて完)
天津博物館、デカイ。私が19年前に行った天津市芸術博物館と、天津市歴史博物館を一緒にして、天津博物館となった。

昔の芸術博物館はこんな南のほうじゃなくて、もっと駅に近い方にあって(と今調べて知った)、まわりが洋館で、雰囲気よかったのはなんとなく覚えている。

今じゃ、ボーン。大きいの大好き中国之一



身分証、パスポート等を見せて、チケットを受け取る。無料。

体調悪いし、とにかく北京に帰りたい。私にとっての「是非これは!」しか見ない。

まずは《汉故雁门太守鲜于璜碑》。鲜于璜(44—125)。字はここで大きく見られる。天津で書作品といえばこれしかないといってもいいくらいの価値。逆にいうと(いわなくていいか)。



そのほかは趙孟頫。



王鐸。


絵画の部屋で、金農。


清初の六大家(画家)とか有名どころが展示されているけど、中国国家博物館、故宮など、北京にそんなのあまたあるから(私は恵まれたところに住んでいるから)、有難味がいまいちだ。


この部屋は「清代中期絵画展」だったが、西洋画みたいな絵があった。

作者が「五徳」。私はてっきり「ウッディー」かなんか外国人名を無理やり中国語訳したと察したが、中国人だった。生没年不詳。清代中期だとしかわからない。ほかは硯とその拓本展を見た。

天津博物館は四階建て。全部の部屋に行かなかった。展示内容は公式HPへ。

出たら、目の前が池(日本だと湖か)、右が「天津文化中心大剧院」。正面はショッピングセンター。右が天津自然博物馆。夏休みに入っているから、子どもが多かった。どの建物もいちいち馬鹿デカい。

徒歩+自転車でバス停天津文化中心へ。もう一箇所で天津旅行は終わりにしたい。641に乗って、东北角で降りる。

途中、バスの車窓からアンテナ張り続けているときに、古文化街みたいなところが見えて、降りた方がいいのかと勘違いしたのが鼓楼。ちょっと行きたかったな。

で、最後の目的地、古文化街到着。中国人に微博で「(書道やってるんだから)きっと楽しめる」と書かれた。でも、体調悪く、ろくに食べてない。帰りたい。足が天津駅に向かっていて、古文化街で何が売っていたのか何一つ覚えていない。



バス停を降りて、ここから入った。あ、写真見て思い出した。潘家园みたいだった。



娘が天津に行ったことのある友達に、天津で行くべきスポットを三つ挙げられ、それが滨海,环球购,津门故里津门故里古文化街だと現場に着いて知った。

ここを見終わって、携帯出して、微信で北京行きの列車を購入。1時間後発車にした。

さあ、バスに乗って駅まで!と思ったら、小銭がない。途中スポーツドリンク買って得た小銭で、すでにバスに乗ってしまった。もう自転車しかない。摩拜で駅まで行った。



向かって左の售票处に入って、闻询口/取票口と書いてある窓口に並ぶ。



順調に中まで入り、30分以上ある。食べたくない。ただ飲みたい。普段私が決して行かないスターバックスでアイスティー29元を頼む。考えてみたら、この二日であまりお金を使わなかったな。

本当は充電したかった。でも、スターバックスなのに插座がない。29元返せ!

やけになって(?)、ウィンドウショッピング。メイソウのパクリ。メイソウでさえない悲哀の天津。


マンウォッチング。ここはビーチじゃないよ!


列車に乗り込み、35分で北京南駅に到着。着いたらすぐ窓の外が水だらけに。田舎者が「雨が降ってる!」と。

着いたとたん、列車の窓拭きが始まってた。

地下鉄乗って、足早に帰宅。痩せた。


<天津旅行記:完>
n

拍手[5回]

PR
【2018/08/05 00:00 】 | 地方 | 有り難いご意見(0)
<<琉璃廠、私のコース2018年夏 | ホーム | 中国人の偏見+ナスダック上場の中国企業>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]