忍者ブログ
条条胡同
  945分地下鉄「灯市口」駅C口待ち合わせ。


    そこから北上し、史家胡同へ。東に進むとすぐ左手に史家胡同小学(低年级部)が見える。20年前、うちがこの家を買ったとき、隣りに住んでいた子が小学校は史家胡同小学へ通ってた。そこは名門小学校で、その辺に引っ越してでも通わせたい、人気の小学校だ。家は買った物件で、元の戸籍はそっちにあったようだ。うちのほうからは通うのが非常に遠く、後に引っ越して行った。


    ひたすら東へ。


    時間が早く、営業していなかったが、カフェあり。しかも特注の靴を作ってくれるところらしい。品味1928鞋主题咖啡屋


    さらに東へ行くと洋風なガイジンが好きそうなホテル「北京红墙花园酒店」がある。ここ五つ星ホテルなんだって。1携程850元とか。ホームページはここ



 
    結構歩いて、一つ目の目的地「史家胡同博物馆」に着く。ここ3月にエゲレスの威廉王子が見学なさっている。






   史家胡同小学の史料も展示されている。通知表があって、書いてあるのはすべて中国語だが、形式がいかにも日本。








   こんな感じ!と家の中が再現されているが、日本の家電もあった。

   
    建物の外も中もきれーーいになっちゃってるけどね。




    出口、中から見るの図。


    博物館を出て、さらに東へ。



  左手におしゃれな感じのお店がある。デザインも質もいいが、高い。服とか食器などが売っていた。茶器があるので「ここでお茶を飲めるのですか」と聞くと、「お茶を買う人が試飲はできるが、飲んで休めるわけではない」と。
店名は「Slow Lane:细活里」。詳細はここへ


    もっと東へ進むと、「北京红都实佳宾馆」というホテルがあって、看板を見る限りランチが安い。59元が28元等。



    バス通りに出て南下(次の記事に続く)。




拍手[2回]

PR
【2015/09/22 21:05 】 | 博物館、観光地、散策 | 有り難いご意見(0)
<<王振狡黠 | ホーム | 学貫中西>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]