忍者ブログ
久しぶりに798

  鉄道博物館のまわりは何もない。こんな寂れたところ、市内にいる日本人はなかなか行かないだろう。


 お昼ご飯は798近くにしようと決めていた。鉄道博物館から798まで歩いて行く輩もいるようだが、半世紀生きてる私らはバスに乗った。バス停「环行铁道」から403か593に乗って、二つ目で下車(一つ目でも可)。


 道路を渡り、敷地に入る。まずはご飯。どこも20元-30元くらい。適当に入る。


   +86 Beloved cafe大众点评)。私は三杯鸡套餐20元、姉さんは牛肉なんとか(忘れた)28元。三杯鸡米酒一杯,猪油一杯,酱油一杯地道なのか不明。



    798で唯一(と思っていた)入場料を取る尤伦斯では曾梵志展の広告が目を引いたが、9月19日から11月19日までの開催。この人有名だよ。2013年にオークションで1億8000万香港ドルで競り落とされている。



   1950年に銀座にオープンした東京画廊。北京には2002年に798でオープン。この日は準備中だった。



  東京画廊のすぐ隣の索尼uspace人生角度一线之间展。画像からは日本が感じられる展覧会だった。



    798は日本でもさんざん紹介されてきたし、ガイドブックにも載っている。よく紹介されているのが时态空间。ところがもうなくなっていた。これはかなり驚いた。ネットで調べたら、随着798艺术区名声的不断提高,最早进驻798的艺术家工作室、艺术机构因租金等问题或退出798。见证了798艺术区10年发展的艺术家徐勇执掌的时态空间被798物业封门,面临被逼退的局面」。今は工場になっていて、中には入れないが、覗ける。かの有名な「毛主席万岁」という紅い字も消えていた。



   美術の本を出版する大手の湖南美术出版社が経営している画廊、圣之空间では吴冠中の版画展。清華大学芸術博物館で見たばかりだ。





    入ってきた道の方へ戻る。





     木木美术馆では来年の1月7日までAndy Warhol展。60元。高いな。    



    抹茶専門店。上坐宇治抹茶大众点评)。



    抹茶フロート68元。ふざけんのもほどほどに!ばあさんが聞いたら心臓止まるわ。



  もうすぐ出口ってところにおどろおどろしい物体が!



  私には珍しく自撮りした。巨人の目を見るがいい。





(クリックして拡大可)。

バス停 酒仙桥北路
B  +86 Beloved cafe
尤伦
D 东京画廊
E 圣之空间
F 抹茶
今回行かなかったけど、ここらへんに火车がある

拍手[1回]

PR
【2016/09/17 21:21 】 | 博物館、観光地、散策 | 有り難いご意見(0)
<<9月「お茶会+ペン字教室」開催 | ホーム | 中秋節、月餅、蟹、かぼちゃ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]