忍者ブログ
18日。最高気温6度、最低気温−7度。おとといからパソコンで私のブログのトップページが開けない。携帯なら開けて、パソコンの管理ページは開ける。だからコメント返しはしてあるよ。たぶん見にくい。
アンケート
最新コメント
[01/17 こっそり]
[01/17 wanko]
[01/16 みどり但是‘你有男朋友吗?’、‘你什么时候结婚吗?’]
[01/15 双龙妈妈]
[01/15 ペン字修行中]
[01/15 ペン字修行中]
[01/15 jojo]
[01/15 jojo]
[01/15 sumari]
[01/15 淳子]
[01/15 マリズ]
[01/15 みどり如果,我没说的话每天都没有改变,还是平常的日常]
[01/15 みどり所以,一直想一想]
[01/15 陸太太]
[01/15 ミツエ]
総アクセス数
みどりの自己紹介
HN:
みどり
性別:
女性
職業:
書道展を主催等
趣味:
書道
自己紹介:
業務連絡
14日9時10時
16日10時
19日10時
20日10時
21日9時10時
<ペン字>
亮馬橋 言几又 1月12日10時

<書き初め>
建外SOHO shala 1月6日午後
ブログ内検索
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
アクセス解析
バーコード
[2124]  [2123]  [2122]  [2121]  [2120]  [2119]  [2118]  [2117]  [2116]  [2115]  [2114

10年ぶり。鉄道博物館

姉さんが日本からやってきた。お互い北京の観光スポット等、かなり行っているしーーーと探し、最終的に姉さんから行きたい順に1.西藏文化博物馆 2.铁道博物馆 3.中国印刷博物馆 4.北京辽金城垣博物馆が挙がった。1は火木土しか開いてない。それで2へ行った。


  地下鉄14号線「望京南」B口集合。


   
望京のパンダってここにあったんだ。姉さんが「これ昔アジア村の方にあったヤツだよ」。おーお、懐かしい!道路渡ってすぐのバス停「西八间房」で403に乗り、終点「环行铁道」で下車。1kmくらい歩いて鉄道博物館到着。



  建物に入る前に広告。ここで結婚記念写真を撮りましょうと。 



  20元を払い入館。








  列車は20世紀初頭、外国製が多い。アメリカ、ドイツ、ソ連。日本のもあった。





  私、ブログに書いていないようなので、行ったのは10年以上ぶり。子どもが小さいときに家族で行ったことがあった。そのときこのデカい建物の横が建築中で、資料館を建てていると信じていた。だから今回はそれが見られるのかと期待したんだけど、オフィスになっていた。つまり展示は変わらない。ただ、これらは以前なかった。









  鉄ヲタにはたまらないんだろう。

  あと高台ができていて、上から望めるようになっていた。


  
  こっち側は列車見るというよりは、ほこり見る感じ?

  運転席だけ乗れる汽車はいくつかあるが、ちゃんと中に入れてもらえるのは10元払う。入らなかった
  


  中に10人はいたかな。スケッチしている学生。中央美術学院油絵専攻の学生の作品もちゃんと飾ってあった。自分も飾られたいという思いで描いているんだろうか。


  外にホームがあって、撮影専用。



  年代站。それは未来へ続く駅(写真、真面目に参照のこと)。


  鉄道好きじゃなくても、一度は行ってみなはれ。

 

拍手[4回]

PR

鉄チャンは行くべし!
初めて、蒸気機関車ってこんなにでっかいんだ!!って思った。
そりゃ、日本のさいたま市が誇る!?鉄道博物館と比べちゃ駄目だけど、実物がこんなにたくさん置いてある(置いてあるだけといえばそうだが)のは見ごたえがありました。

バス亭から歩くので、おしゃべりしながら行くといいと思います。
帰りに798に寄ってお食事するようなコースがお勧めです。

映画の撮影にも使われたセットのような駅がありました。

ちなみに、午前中で軽く1万歩越え!とみどり師匠の万歩計は表示していました。
猫の手も借りたい
先日はお疲れ様でした。故宮に行ったり、旅行に行ったりしたら、2万歩超えて、それでも体力は結構大丈夫なんだけど、あの日は19000歩。体ぐったり。この私が。え?老化?閉経も近いんだろうか。

「ただ並べてあるだけ」だよね。あとは前門へ行ってくれってことなんでしょうかね。この記事に追記しようかと思ったけど、また改めて書きますわ。鉄道博物館は3つあって、もう一つは「詹天佑纪念馆」。はったつれいのほうでした。今回姉さんにいろいろ提案するため、自分で書き出したら、「北京でこんなにも行ってない博物館があるのか」って驚いた。時間ができたら、訪れたいと思います。
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne