忍者ブログ
10年ぶり。鉄道博物館

姉さんが日本からやってきた。お互い北京の観光スポット等、かなり行っているしーーーと探し、最終的に姉さんから行きたい順に1.西藏文化博物馆 2.铁道博物馆 3.中国印刷博物馆 4.北京辽金城垣博物馆が挙がった。1は火木土しか開いてない。それで2へ行った。


  地下鉄14号線「望京南」B口集合。


   
望京のパンダってここにあったんだ。姉さんが「これ昔アジア村の方にあったヤツだよ」。おーお、懐かしい!道路渡ってすぐのバス停「西八间房」で403に乗り、終点「环行铁道」で下車。1kmくらい歩いて鉄道博物館到着。



  建物に入る前に広告。ここで結婚記念写真を撮りましょうと。 



  20元を払い入館。








  列車は20世紀初頭、外国製が多い。アメリカ、ドイツ、ソ連。日本のもあった。





  私、ブログに書いていないようなので、行ったのは10年以上ぶり。子どもが小さいときに家族で行ったことがあった。そのときこのデカい建物の横が建築中で、資料館を建てていると信じていた。だから今回はそれが見られるのかと期待したんだけど、オフィスになっていた。つまり展示は変わらない。ただ、これらは以前なかった。









  鉄ヲタにはたまらないんだろう。

  あと高台ができていて、上から望めるようになっていた。


  
  こっち側は列車見るというよりは、ほこり見る感じ?

  運転席だけ乗れる汽車はいくつかあるが、ちゃんと中に入れてもらえるのは10元払う。入らなかった
  


  中に10人はいたかな。スケッチしている学生。中央美術学院油絵専攻の学生の作品もちゃんと飾ってあった。自分も飾られたいという思いで描いているんだろうか。


  外にホームがあって、撮影専用。



  年代站。それは未来へ続く駅(写真、真面目に参照のこと)。


  鉄道好きじゃなくても、一度は行ってみなはれ。

 

拍手[4回]

PR
【2016/09/15 09:45 】 | 博物館、観光地、散策 | 有り難いご意見(2)
<<中秋節、月餅、蟹、かぼちゃ | ホーム | アンケート開始:アナタの寮生活>>
有り難いご意見
鉄チャンは行くべし!
初めて、蒸気機関車ってこんなにでっかいんだ!!って思った。
そりゃ、日本のさいたま市が誇る!?鉄道博物館と比べちゃ駄目だけど、実物がこんなにたくさん置いてある(置いてあるだけといえばそうだが)のは見ごたえがありました。

バス亭から歩くので、おしゃべりしながら行くといいと思います。
帰りに798に寄ってお食事するようなコースがお勧めです。

映画の撮影にも使われたセットのような駅がありました。

ちなみに、午前中で軽く1万歩越え!とみどり師匠の万歩計は表示していました。
【2016/09/15 14:35】| | マリズ #225fd3ee4e [ 編集 ]


猫の手も借りたい
先日はお疲れ様でした。故宮に行ったり、旅行に行ったりしたら、2万歩超えて、それでも体力は結構大丈夫なんだけど、あの日は19000歩。体ぐったり。この私が。え?老化?閉経も近いんだろうか。

「ただ並べてあるだけ」だよね。あとは前門へ行ってくれってことなんでしょうかね。この記事に追記しようかと思ったけど、また改めて書きますわ。鉄道博物館は3つあって、もう一つは「詹天佑纪念馆」。はったつれいのほうでした。今回姉さんにいろいろ提案するため、自分で書き出したら、「北京でこんなにも行ってない博物館があるのか」って驚いた。時間ができたら、訪れたいと思います。
【2016/09/17 09:51】| | みどり如果不想遵守他人定的规则(会社のルールが守れないなら) #4dab706bd2 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]