忍者ブログ
法院博物館が開館していた
  微博見てたら、亜由子が「法院博物館へ行きました」と書いている。え?私が知っているのは、国家博物館のすぐ裏にあって、団体でないと受け付けないという法院博物館だ。そこを通ったのはちょうど一年前。彼女が行ったという場所は横浜正金銀行の跡地じゃないか。ネットで参観予約をする(個人1日前、団体3日前)。ここから





  私は地下鉄崇文门から歩いた。北京で一番長い胡同と言われている、东交民巷を10分程度。このあたりは大使館だった場所で、それが模型になっている。



  法院博物館だから裁判関係の展示なんだけど、元の銀行が使っていたものもちょっと展示あり。





  展示は一階と二階で、青銅器、木簡などという書道博物館かっ!というような文物も。





  成敗!by 暴れん坊将軍?



  字がきれいだなあ。



  英語と中国語によるウォンテッド byピンクレディー?




  裁判官の服。


  2階の廊下から外を見ると、もう一つ建物があるのだが、そっちは入れない。




   この近くには古い建築物がたくさん。




  元フランスの郵便局。



  元日本公使館。


 そこからバス通りに出て、古い商店へ。大方百货商店





 1979年開店。私が買うようなものはなかったが。

  地図等は過去記事へ。

拍手[1回]

PR
【2016/12/25 15:17 】 | 博物館、観光地、散策 | 有り難いご意見(0)
<<日本人へのお土産困るよね | ホーム | 南锣鼓巷は1月10日まで工事中(でも、入れる)>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]